安田純平が「韓国人ウマル」を名乗った理由を説明するも矛盾点が多すぎると炎上

安田純平が「韓国人ウマル」を名乗った理由を説明するも矛盾点が多すぎると炎上

安田純平さんが本日25日、アルカイダ系過激派組織「ヌスラ戦線」の拘束から3年4ヵ月ぶりに解放され成田空港に帰国されました。

以前公開された動画で自身は韓国人と発言して色々な憶測がされていましたが、報じられた内容では監禁場所を隠すのが目的だと明らかになりました。

しかし、ネットではこの説明に矛盾点が多すぎると多くの批判が寄せられています。

「私の名前はウマルです。韓国人です」の動画

問題の動画がこちらです。

投稿されたのは7月31日、20秒ほどの短い動画で両脇に銃を持った人物の中心にオレンジ色の服を着た安田さんが助けを訴えるという内容。

動画の中で安田さんは「とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」とかすれた声で話しており、多くの反響を呼びました。

また、「私の名前はウマルです。韓国人です」とも発言しており、これには色々な憶測が飛び交うこととなりました。

拘束されていたため、直接話を聞く事ができずに真意がずっとわからなかったのですが、日本への帰国便で取材に応じた安田さんの口から韓国人ウマルと発言した理由が語られました。

韓国人ウマルを名乗ったのは監禁場所を隠すためだった

umaru01

NHKの取材などによると、まずウマルという名前に関してはイスラム教に改宗しなければならない理由がありウマルという名前を選んだそうです。

次に韓国人と話した理由については実名や国を言うとそれを他の囚人も聞く事になる。

もしその囚人が解放されたとしたら監禁場所を彼らは知っているので、日本に対して通報したり、他の組織に通報したり居場所がバレる恐れがあるので、実名や日本人というのは禁止されていたと語ります。

監禁場所がバレないように安田さんだけではなく他の囚人も実名、国籍を言ってはいけないルールがあったということです。

矛盾点が多すぎるとネットで指摘

少し違和感を覚える回答だと多くの人が感じると思いますが、ネットではこの説明に対して矛盾しすぎていると多くの突っ込みが入っています。

16年の動画でジュンペイ・ヤスダと動画で撮影されている

2016年3月16日にfacebook上で投稿された動画では英語ながらも「Hello I am Junpei Yasuda」と自身の名前を隠さずに言っており、3月16日は安田さんの誕生日なのでメッセージを送っていいと言われたと話しています。

3月16日生まれのジュンペイ・ヤスダという情報はかなりの個人情報であると思われますが、この時点では問題なかったのでしょうか。

また、2017年の10月に撮影されたとされている動画でも英語で「ジュンペイ」という名前を使い自身を紹介していることが確認されています。

5月に公開された写真では日本語を使用

umaru02

こちらもfacebook上に投稿されたものですが、安田さんが「助けてください これが最後のチャンスです 安田純平」と書かれたプラカードのようなものを持っています。

実際に発言はしていないものの、実名、国籍がわかるような内容を世界に向けて公開している事に矛盾を感じますよね。

外務省も取材に対して報道は承知していると答えており、どこの国のどの組織に安田さんが拘束されているかも既に報じられていました。

山本純平、パクホットクという名前も

umaru04

このメモが本物であると仮定するのであれば、安田純平さんの名前は「山本純平」であり、妻からはパクホットクとニックネームで呼ばれていると記載してあり、安田純平が本名なのか山本純平が本名なのかわかりません。

ただ、妻の会見ではなぜ韓国人といったのかはわからず、彼は日本人であると説明されていました。

umaru05

安田さんのパスポートが報じられた時に苗字にぼかしが入っていた事から、本名は山本純平で、安田純平というのは仕事用の名前であると考えられます。

どちらにしても名前が複数あったのであれば、それで偽名を使用してもよかったのではないかと指摘されています。

umaru06

冒頭でも紹介しましたが、安田さんが韓国人だと宣言した時は今までの英語ではなく日本語で話をしています。

国籍がわからないようにしなければならないのであれば、言語については英語なりで7月の動画もしなければならなかったはずで、急に日本語が許可されるのは不思議ですよね。

また、現地の組織に日本語が理解できたとは到底思えず、組織の場所について安田さんが話していたとしても気付かれなかったのではないでしょうか。

常日頃から偽名、国籍を変えて話せとまで警戒する組織がそのような浅はかな行動を果たしてとるものなのか疑問が残ります。

偽造パスポートを使用していた

先ほども紹介したぼかされていたパスポートですが、ぼかしが入っていた事以外にも疑問点があると指摘されています。

umaru07

通常、パスポートは透かしが入っているため、顔写真の部分にコピーなどをすると透かしを確認できるそうです。

しかし、報道されたものに透かしは入っておらず、偽造パスポートを使用していたのではないかといわれています。

なぜ偽造したパスポートを使用していたのかはわかりませんが、二重国籍がバレないようにするためではないかとの声が多く見受けられます。

ネットの声

まとめ

今回、安田さんがバッシングを受けているのは韓国人だからというものではなく、余りにも説明が矛盾している事によるものです。

解放されてからの日が浅く、極限状態が続いたからこその支離滅裂な言動であった可能性もあります。

世論はかなり安田さんに批判的な印象で、今回の説明以外にも自己責任などについてバッシングが続いている状況です。

国籍について色々と議論が分かれるところですが、どちらにしても日本語で「韓国人」と話した事については日本だけでなく韓国にまで問題を波及させてしまう事になります。

報じられている内容では、安田さんの解放情報に関し「身代金など解放の条件はなかった」と明らかになっています。

事件の真相は未だ謎が多く、これから色々と明らかになるかもしれませんが現在では不可解な事が多いため、今後の進展に期待したいですね。

事件・事故カテゴリの最新記事