野崎研二の顔画像は、経営している久留米市の建設会社は福子建設?過去にも傷害罪で前科があった…【ペンチ指潰し社長】

野崎研二の顔画像は、経営している久留米市の建設会社は福子建設?過去にも傷害罪で前科があった…【ペンチ指潰し社長】

福岡県久留米市で聞くだけでゾッとする事件が起こりました…。

建設会社の社長が従業員の指をペンチで挟み潰し骨折させたというのです。

現在、野崎研二容疑者の会社、過去の逮捕歴などが特定されています。

事件の概要

報じられている事件の概要は以下の通りです。

nozakikenji01

福岡・久留米市の建設会社で、男性従業員の手の指、数本をペンチで挟んでつぶし、骨を折るなどの重傷を負わせた疑いで、この会社の社長とみられる男が逮捕された。

傷害の疑いで逮捕されたのは、久留米市の野崎研二容疑者(45)。

警察によると、野崎容疑者は10月15日、久留米市荒木町の建設会社の事務所で、従業員の男性の両手の指複数本をペンチで挟んでつぶしたり、ねじったりするなどして、骨折などの重傷を負わせた疑いが持たれている。

野崎容疑者は、この建設会社の社長とみられ、被害に遭った従業員の男性の家族が警察に相談し、発覚した。

警察の調べに対し、野崎容疑者は「知らない」などと容疑を否認していて、警察は犯行に至った経緯や動機を調べている。

引用:fnn.jp

ペンチで骨折するまで挟まれるのを想像できるでしょうか…。

1769年に「テレジア法」というオーストリアのマリア・テレジアが定めた発布した刑法があって拷問の手続などが規定されていましたが、その中に親指詰めというものがありました。

手間をかけずに激しい苦痛を与えられるため用いられていたといいますが、300年以上昔の拷問と変わらない事を現代でもしている事に驚きです。

挟んでつぶしと報じられているため粉砕骨折だと思われますが、粉砕骨折の場合は骨膜にある神経も損傷してしまうため、かなり痛みが強いのだとか。

元に戻るかもわかりませんし、戻るとしても数年単位の時間を必要とするかと思われます。

しかも供述では「知らない」と答えている事にも寒気を感じます。

野崎研二について

名前:野崎研二(のざきけんじ)
年齢:45歳(2018年10月時点)
住所:福岡県久留米市
職業:建設会社社長

今わかっている情報は上記の通りで、顔写真などはまだ報道されていません。

45歳ということで結婚していてもおかしくない年齢だと思いますが、妻子に関しての情報も判明していません。

野崎研二の会社は福子建設

野崎研二容疑者が社長を務めるのは福子建設である事が判明しました。

nozakikenji02

後にまた理由など記載しますが、福子建設は以前「指名停止」処分を受けています。

指名停止というのは日本の地方自治体の競争入札参加資格を停止する懲罰的措置です。

国土交通省のHPに指名停止の建設業者の名簿が公開されており、そちらの福子建設の社長の代表氏名欄に「野崎研二」と記載がありました。

会社の住所は福岡県久留米市荒木町白口2076-1です。

こちらの場所をストリートビューで見てみると

nozakikenji03

報道された場所と同じである事がわかります。

こちらが野崎研二容疑者の経営する会社で、自身の会社の従業員に事務所で暴行をはたらいたものとみられています。

野崎研二は前にも傷害事件を起こしていた

nozakikenji04

先ほどの国土交通省で公開されている監督処分情報の中には処分の原因となった理由が記載されています。

それによると

福子建設の代表者は、傷害罪により平成26年5月27日に福岡地方裁判所久留米支部から懲役1年(執行猶予5年)の判決を受け、翌月11日にその刑が確定しており、建設業法第8条7号の欠格要件に該当する。
このことは、同法第29条第1項第2号に該当する。

野崎研二容疑者は平成26年に傷害で実刑が確定されているようです。

どのような行為を行ったのかというと、工事現場で同僚作業員の顔を数回蹴り、打撲などの軽傷を負わせたと報じられています。

以前から従業員への暴行があったということですね。

これが初めての傷害だとは到底思えず、以前から繰り返していた可能性もあります。

勤務先の社長だからと被害を訴えない人がいる可能性もありますね。

余罪についても警察にはしっかりと調べてほしいと思います。

今回のペンチで指をつぶした事件に関しては犯行に至った経緯や動機はまだ不明です。

しかし、このような過去の傷害事件などからも暴力的な性格である事が伺えます。

今回、被害に遭った男性本人は通報していません。

男性の家族が警察に相談したことから事件が発覚しています。

恐怖や脅しで日常的に社員を支配するタイプの社長だったのでしょうか。

ネットの声

こんな事を平然と従業員にする会社の社長は死刑でもいいくらい
最低な社長ですね。
他にも被害があると思います。

否認逃げできないように、追求してください。

どういう状況…。
しかも本人じゃなく家族が通報って、何ですぐ行かなかったんだろう。
何にしてもこの社長頭おかしい。
普通の人ではないでしょうね…。
久留米で建設会社社長…。

しかし、潰したり ねじったりって…
キレイに折れるよりもタチ悪そう…。

なんて酷い…こんなことして平然としていられるなんて…ホントに人間か?

やった事を倍にしてやりたい。
【危険人物注意】って顔を公開してやりたい

一家の大黒柱であろう被害者も、その家族があまりにもかわいそう過ぎる。

社長は知らないって言ってれば、逃れられると思ってるのかな?
知らない。証拠は?みたいなことになって、目撃者もいないとしたら、知らない誰かのやった犯行って、終わるのかな?自作自演ですって突っぱねる人もいるかもね。
しっかり調べて、この社長を捕まえてほしい。これが、証拠不十分で不起訴なんかになったとしたら、世の中の悪い社長が同じような犯罪をするかもしれないから。
ペンチは怖い。
もし拷問にペンチを使ったら辛抱できる人はいないと思います。
具体的には書けませんが最悪の痛さだと思います。
それをやったと、もはや人間性が無いですね。
二度と繰り返さ無いようよーく教えてあげて下さい。
これほどの酷い拷問をされても、後日に家族と相談の上で家族が警察に
届け出るとは、この社長、よほど怖い人だったのでしょうね。
こういう部下に人とは思えないヤキを入れる人間は、その筋の人だろう
働き口を間違えたね。
これはキツイなぁ。こわいなぁ。これはできる人間、できない人間に分かれるからね。これをできる人間と付き合うには自分もできる側にまわれないと・・・。
読んだだけでトラウマになりそう…
被害者の方、凄い恐怖と痛みだったでしょうね…
この社長が労災保険を自分の懐に入れる為に
従業員の指をペンチで潰した可能性もあるね

引用:yahoo

まとめ

ニュースのコメント欄などでも野崎研二容疑者の異常性を指摘するものが多く、余罪があるのではないかと誰もが感じています。

さて、野崎研二容疑者は平成26年、2014年に傷害事件を起こし執行猶予中であったと思われます。

執行猶予5年と判決が確定している以上は、今回の事件は執行猶予中の再犯である可能性が高いです。

そのため、執行猶予取り消しとなり、刑事裁判を経て懲役実刑の判決が下されることになるのではないでしょうか。

非常に残忍な性格のため、余罪もあると思われますのでしっかりと警察にはその辺りも追及してもらいたいですね。

事件・事故カテゴリの最新記事