萩川未貴の顔画像、祖父を殺害した動機は?宮城県大崎市祖父刺殺事件、萩川功さんは要介護状態だった

萩川未貴の顔画像、祖父を殺害した動機は?宮城県大崎市祖父刺殺事件、萩川功さんは要介護状態だった

宮城県大崎市の大崎市民病院で祖父を果物ナイフで刺殺したとして逮捕されました。

一体なぜ犯行に至ったのでしょうか。

殺害した動機については詳しくわかっていませんが、色々な推測がされており家庭の背景と合わせてご紹介したいと思います。

Advertisement

事件の概要

事件の概要は以下の通りです。

入院中の祖父を刺殺したとして宮城県警古川署は27日、殺人と銃刀法違反の疑いで、孫娘の大崎市鹿島台木間塚、無職萩川未貴容疑者(28)を逮捕した。

逮捕容疑は26日午後8時10分ごろ、同市鹿島台の大崎市民病院鹿島台分院で、携行していた果物ナイフで入院中の祖父功さん(88)の脇腹を刺し、殺害した疑い。功さんは搬送先の石巻市内の病院で27日午前4時すぎに死亡が確認された。

同署によると、萩川容疑者は犯行直後に近くの交番を訪れ、「祖父を刺してきた」と自首したという。萩川容疑者は両親と功さんの4人暮らし。同署が動機などについて調べている。

引用:kahoku.co.jp

事件が起こったのは26日午後8時10分頃。

場所は萩川容疑者、被害者の自宅近くにあった宮城県大崎市民病院です。

功さん(88)は会話や歩行ができない状態でデイサービスを利用していたそうです。

そのため、以前から萩川未貴容疑者は病院側との面識があり、事件当日も面会記録を記入しいつものように病室を訪れました。

事件のあった時間に功さんの病室からは女性の大声が聞こえたらしく、駆け付けた看護師は功さんの横に立つ萩川未貴容疑者の姿を確認していたそうです。

その10分後に病室を通りかかった別の職員がベッドの乱れに気付き、功さんが刺されている事を発見しました。

萩川未貴容疑者は午後8時20分頃、鹿島台交番に祖父を刺したと自首したそうです。

警察の調べでは功さんが刺されたのは右脇腹で、他に傷はなく1か所だけだったそうです。

しかしその1か所の傷は臓器にまで達していて出血性ショックで功さんは亡くなりました。

取り調べに対し「最初から殺すつもりだった」と萩川未貴容疑者は述べているとのことです。

使われた凶器は刃渡り13cmほどの果物ナイフだったといいます。

供述からは強い殺意を感じるものの、刺し傷は1か所だけであり複数傷がない事から興奮、激昂状態ではなく極めて冷静だったのではないでしょうか。

一体、なぜこのような事件が起きたのでしょうか。

Advertisement

萩川未貴の顔画像プロフィール

報道された萩川未貴容疑者の顔画像がこちらになります。

hagikawamiki01

名前:萩川未貴(はきかわみき)
年齢:28歳
職業:無職
住所:宮城県大崎市鹿島台木間塚
家族:萩川功(祖父)、両親、容疑者の4人暮らし

祖父を刺殺した動機は?

hagikawamiki02

萩川容疑者の家族を知る人からは仲が良く温かく円満な家庭だったと語っています。

hagikawamiki03

hagikawamiki04

また、萩川未貴容疑者はまじめで勉強熱心で、功さんも人に恨まれるような人ではないと二人を知る人からは語られています。

そのような殺人へ至る要素はないように見える過程の中で、なぜこのような事件が起きたのでしょうか。

報道にもありましたが、功さんは3年ほど前から会話や歩行ができない状態でデイサービスを利用していたそうです。

両親も介護をしていたかもしれませんが、病院側と面識があったという事から萩川未貴容疑者は祖父の介護にかなり関わっていたと思われます。

そのため介護疲れ、嘱託殺人が原因だったのではないかといわれています。

会話ができないというのはどのレベルだったのかはわかりませんが、日々の介護からくるストレスが原因だった、祖父に殺してほしいとどのような形かで頼まれた、そのような事が起きていたとしても不思議ではない状況だったのではないでしょうか。

また、萩川未貴容疑者が無職だった事も関係しているのではないかと推測されています。

2014年には祖母に就職しろと言われた28歳の男性が、2015年にはそろそろ働けと母親にいわれた28歳の無職の女性が、それぞれ言われた相手を殺害した事件が起きています。

毎年のように最近では起こっている事件で、萩川未貴容疑者も無職でありそのように言われた可能性もありますよね。

祖父は会話ができない状態だったという事で直接言われたのか、どのような状況で言われたのかは判断できません。

しかし、もし両親が萩川未貴容疑者に働けというような事を言っていたとしたら介護に携わっている身として、祖父の存在のせいで就職する事ができないと思うのも無理がないような気がします。

28歳というと30を手前にして周りは結婚をしたり、責任のある立場を任されていたりと余計に将来への不安を感じやすい時期であると思います。

そのように色々なストレスを抱えて今回の犯行へ及んでしまったのかもしれません。

まだ動機については捜査を進めている段階で、詳しい事は判明しておりませんがわかり次第追記したいと思います。

Advertisement

ネットの声

まとめ

1か所で死に至るほどの深い刺し傷という事で完全な殺意があったとは思うのですが、動機がいまだ判明しておらず背景がわかりません。

外からは円満に見えても、中にいる当事者には本人にしかわからない闇があるのかもしれません。

それが恨みだったのか、愛情が裏にあったのかは動機が語られるまではわかりません。

しかし、最近では特に孫介護も問題になっていて、この事件と同様のケースも今後増えるのではないかといわれています。

社会問題になっている介護についても改めて考えさせられる事件だったのではないでしょうか。

亡くなられた萩川功さんには心よりご冥福をお祈りいたします。

事件・事故カテゴリの最新記事