下長雅之の顔画像、使っていた隠語は?15歳少女にレンタカーでみだらな行為をした日本郵便の社員が児童買春などの疑いで逮捕

下長雅之の顔画像、使っていた隠語は?15歳少女にレンタカーでみだらな行為をした日本郵便の社員が児童買春などの疑いで逮捕

また、少女を対象にした事件が起きてしまいました。

逮捕されたのは下長雅之容疑者で、15歳の少女に3000円を渡し、みだらな行為をした疑いです。

Advertisement

事件の概要

報じられている事件の概要は以下の通りです。

日本郵便の社員の男が、SNSで知り合った少女とみだらな行為をした疑いで、警視庁に逮捕された。

日本郵便の社員・下長雅之容疑者(36)は2018年8月、ツイッターで知り合った当時15歳の少女に3000円を払ってみだらな行為を行った、児童買春などの疑いが持たれている。

下長容疑者はツイッター上で、援助交際とは悟られないよう、隠語を使って少女と連絡を取り合っていたが、警視庁が、下長容疑者の不審なネット上でのやり取りを発見したという。

調べに対し、下長容疑者は、「いろいろとやっているので、くわしくはわからない」と話していて、警視庁は余罪を追及している。

引用:yahoo.co.jp

事件が起きたのは今年の8月。

Twitterで15歳の少女と知り合い、3000円を払いみだらな行為をした疑いです。

色々とやっていると自分で発言していることから、明らかに余罪がありますよね…。

過去のDMなどもしっかりと確認して追求してほしいところです。

下長雅之の顔画像

simonagamasayuki01

名前:下長雅之(しもながまさゆき)
年齢:36歳
住所:神奈川県横浜市旭区西川島町
勤務先:日本郵便

使われていた隠語とは

今回、「援助交際とは悟られないよう、隠語を使って少女と連絡を取り合っていた」とあります。

警察が不審なネット上でのやり取りを発見したという事から、今は新しい隠語があるのかもしれません。

以前までは

瓜(うり=売春)
佐保(さぽ=援助交際をサポートに言い換え)
サポ(上記と同様の意味)
プチ(軽い援助交際)
神待ち(泊めてくれる神を待っている)
苺(1万5千円)
WU(ダブル諭吉2万円)
TU(トリプル諭吉3万円)

このような言葉が使われていたといいます。

しかし、ネットで調べれば簡単に出てくる単語のため警察もこの単語を把握しているはずなので、何か新しい隠語が今もできているのかもしれません。

3000円なので、TS(トリプル漱石)TN(トリプル夏目)などだったのでしょうか…。

もしくは、今流行っているパパ活の流れで行為に及んでしまった可能性もありますね。

Advertisement

ネットの声

この事件に対しては3000円という金額も話題になっています。

まとめ

SNSが流行してから子供と大人が直接関わる事のできる場が増えたと思います。

隠語も時代とともに移り変わっていくので、中々検挙するのが難しいものだとは思います。

しかし、このような被害はSNS内で後を絶ちません。

何かしらの対策が必要だと思われますが、その対応もシステム上難しいので目視になってしまうのでしょうか。

少しでもこのような被害が少なくなるよう祈るばかりです。

未分類カテゴリの最新記事