イッテQ「ラオスin橋祭り」の文春砲やらせ疑惑の真相が判明!番組打ち切りはあるのか…?

イッテQ「ラオスin橋祭り」の文春砲やらせ疑惑の真相が判明!番組打ち切りはあるのか…?

日本テレビ系で放送中の大人気番組である「世界の果てまでイッテQ!」。

その中の人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」5月20日に放送され「橋祭りinラオス」がやらせ企画であったと文春が報じました。

宮川大輔さんが体当たりで挑んでいくその姿勢に対して人気が高く、このやらせ疑惑が本当であればショックだという声がネットでは溢れています。

実際、この企画はやらせだったのでしょうか。

その疑惑の真相をお伝えしたいと思います。

Advertisement

「橋祭りinラオス」はやらせだった?文春が報じた疑惑

hasimaturi01

5月20日に放送された「橋祭りinラオス」。

水の張られた上に全長25mの板が渡されていて、その上を橋に見立てて自転車で渡り切りタイムを競うという祭りの内容になっています。

祭りが開催されたのは4月8日、ラオスの首都ビエンチャンで開催されました。

番組ではこの祭りは東南アジアで流行しており、地域ごとにルールが異なると説明されていました。

しかし、文春の報道によると現地の人が祭りに関して知らないなどの状況があるそうなんです。

テレビのために作り上げた祭りだった?

文春はラオスに駐在する人物や、観光イベントを管轄する副部長などに取材を行い

「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回の祭りは日本のテレビが自分で作ったのでは」

このような言質をとったといいます。

地元の関係者の「自転車アクティビティの実施は日本側が提案し、(中略)実現した」という声や、ラオス情報文化観光省の「こうした自転車競技はラオスには存在しません。今回の(『橋祭り』)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか?」「日本側の働きかけで実現した」などの声を紹介。「日テレ看板番組に重大疑惑」との見出しをつけた。

引用:asahi.com

また、現地の写真を確認するとイッテQで開催された橋祭りの隣では当日、「コーヒーフェスティバル」が開催されており、左が橋祭りの会場になるそうです。

明らかに規模が違うのがわかると思いますが、これが予定されていた祭りでそれにイッテQが参加したというにはセット感も凄い感じますよね。

このような事情から日テレサイドがラオスに依頼し、祭り自体を自ら作り上げたのではないかと疑惑を持たれる事になりました。

現地コーディネート会社の回答

番組の海外コーディネーション担当の会社がこの疑惑に対して回答しています。

番組内で「海外コーディネーション」を担当したと表記のあった会社の代表は7日夕、朝日新聞の取材に応じた。ラオスでの番組の撮影をサポートしたことを認めた上で、「自転車で水上にかけた橋を渡る祭りは、ラオスでは以前から、村単位などで行われている。全くないものをでっちあげたわけではない」と説明した。

 障害物として番組に登場した玉については、「テレビで紹介されることになり、祭りを盛り上げ、番組をおもしろくするために、ラオスの美術会社と我々が作ったものだった。撮影前に日本テレビ側にも報告していた」と語った。

引用:asahi.com

ラオスでは村単位で自転車で橋を渡る祭りが以前からあり、当日の会場で昔から開催されていた祭りではないようですが、同様の祭りはあるとの説明です。

また、障害物で登場した玉に関してはラオスとこちらの会社が共同で作ったものであるということです。

本当にある祭りであるのなら、やらせかどうかは非常に判断が難しい問題ですよね…。

しかし「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のコンセプトを一度振り返ってみましょう。

全世界では毎日どこかで祭りが行われている、最も盛り上がるのはどこの何祭りなのか?を解明する企画</strong>として、2007年から開始されています。

ここで説明されているのは「全世界では毎日どこかで祭りが行われている」という部分です。

これが開催予定がなく、番組サイドで勝手に祭りを作り上げられる状況であるのであれば、企画のコンセプトとはかなりかけ離れています。

最も盛り上がるのはどこの何祭りかを検証するのに、自分たちの自由意思で祭りを作って盛り上げる事はやはり、やらせになってしまうのではないでしょうか。

やはり視聴者としては本当にある祭りに実際に体当たりで参加する姿を見たかったですよね。

Advertisement

日テレイッテQからの公式回答

日本テレビはこの取材に対し本日8日、見解を各社にFAXで送っています。

hasimaturi02

hasimaturi03

その中で語られている回答の要点は以下の通り。

大規模で伝統的な祭りだけでなく、小さな地域で行われる様々な大会や、コンテスト、催しなども含めて、幅広く“祭り“として参加している

今回の企画は現地からの提案を受けて成立したもので番組サイドで企画したりセットなどを設置した事実はない

水の上の一本橋を自転車を渡る催しは、東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で人気となっている

この会場で初めての開催であった「橋祭り」を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現としてしまった

コーヒーフェスティバルは意図して紹介しなかったわけではない

このような内容になります。

番組サイドは誤解を招く表現があったとして謝罪する形となりました。

ネットの声

疑惑はどうでも面白いから見る

テレビ局がこぞって放送する姿に疑問の声

このような声が多く、やらせである事にそこまで問題を感じていない人が多いようです。

Advertisement

確かにイモトさんが登山する姿などはどうしてもやらせにはなりませんし、番組の中の演出として今回の件は多くの視聴者に受け止めれられる形になりそうです。

イッテQの打ち切りはある?

ネットでは今回のでっちあげ疑惑について、番組が打ち切りになるのではないかと心配する声があがっています。

結論からいうと、これで打ち切りになる事はないと思います。

番組とコーディネート会社の間で意識の齟齬があったという事ですし、実際に村単位である祭りですしね。

また、現地からの提案を受けて成立と説明しているので、現地で祭りの開催を検討していた事にはなります。

テレビ離れが深刻な中、イッテQは安定して視聴率20%に近い数字、超える数字をたたき出しています。

それはやらせの話以前に、企画内容が面白く、幅広い層に受け入れられている事を示す明確な根拠なので、今後も多くの人が楽しめる企画を続けていってほしいですね。

エンタメカテゴリの最新記事