関ジャニ∞大倉忠義「そろそろ限界」やらかしファンの迷惑ストーカー行為にブログで精神を病む。2019年4月の「大きな動き」に信憑性も

関ジャニ∞大倉忠義「そろそろ限界」やらかしファンの迷惑ストーカー行為にブログで精神を病む。2019年4月の「大きな動き」に信憑性も

関ジャニ∞の大倉忠義さんが「Johnny’s web」で一部のファンの問題行為に限界であると訴え話題になっています。

一部のファンの行動がストーカーのようで精神的に限界だと訴えており、物議を醸す結果に。

Advertisement

11月8日更新の大倉忠義のブログ

ookurakan01

11月8日に大倉さんが投稿したブログは、賛否あるであろう事をわかった上でと前置きして自身の思いを伝えています。

内容は一部のファンのストーカーのような行為に精神的に限界を感じているというものです。

具体的にどのような行為を受けているのかというと

・出待ちのファンが一般の人にも体当たりをして迷惑をかけている

・カバンの中にモノを入れられる

・突然手を繋がれる

・友人と食事をしていたら隣にいつも出待ちしているファンがいる

このような行為を問題視されています。

大阪に行く前日は憂鬱で怖いと、精神的に疲労している事を語っており、継続して被害を受け続けてきた事がわかります。

ジャニーズ事務所では最近、King&Princeのファンが新幹線を遅らせたり、スタッフに対してエアガンを発砲するファンなどの存在から公式サイト等を通じファンのマナーについて度々注意喚起を行っています。

しかし、今回の大倉さんの言葉は注意喚起ではありません。

これは苦痛を訴えているわけであって、SOSに近いものがあります。

一部の身勝手なファンの行動でここまで追い詰められてしまっているのは大倉さんのファンにとって怒りを感じるだろうし、とても辛いと思います。

Jr名鑑98で、大倉さんは嫌いなものについて「家についてくるファン」「しつこいオンナのコ」と話しており、当時、大倉さんは13~14歳。

その頃からそのような行為を受けてきたという事がわかりますね…。

ネットの声

Advertisement

普通の人に戻る方がの発言に解散の噂も…

2019年4月に関ジャニ∞が解散するのではないかと噂されていました。

ookurakan02

この発信源は「滝沢を守りたい」というアカウントがあり、そちらが影響していたといわれています。

関係者かどうかは定かではありませんが、今回の大蔵さんの訴えでは「普通の人に戻る方が楽だろう。そろそろ限界だ」と締めくくられていて、関ジャニ∞の解散説も信憑性を帯びることとなりました。

大倉さんは居酒屋チェーン「鳥貴族」の社長である大倉忠司さんの長男です。

1985年5月16日、今年で33歳となる大蔵さんですが、会社の役員、跡取りとしての可能性もあります。

渋谷さんが関ジャニ∞を辞める際にも、恐らく解散や休止なども検討していたと思います。

それでも活動を続ける事を選んだ中で、ファンがグループに迷惑をかけている現状ですので、迷惑行為を続けているファンの方は本当に一度よく考えてほしいものですね。

メンバーを守れるのはエイターだけ

偶然なのかもしれませんが、今になって言葉の重みを感じますね。

大倉忠義が脱退する可能性はある

不仲説での解散なども噂されていた関ジャニ∞ですが、ここにきて以前囁かれていた解散説も再び浮上する事になりました。

実際に「滝沢を守りたい」さんが関係者だったのか、関係者を語っていた何者だったのかはわかりません。

しかし、「メンバーを守れるのはエイターだけ」。

これは、今の状況にとても当てはまる事だと思います。

ファンとの距離感は以前から問題視されていますが、一部のファンのせいでメンバー本人、多くのファンが辛い思いをしてしまう状況である事に間違いはなく、それで大倉さんがジャニーズを辞める事も考えている事を伺わせる事態になった事は、関ジャニ∞だけではなく業界全体の問題だと感じます。

同様の事が現在、他のグループなどでも頻繁に起きていて、大倉さんがそのような現状を案じて発言した意図もあるのかもしれません。

この問題が早急に解決するよう心から願っています。

エンタメカテゴリの最新記事