防弾少年団(BTS)ジミンが着用した原爆Tシャツのデザイナーが謝罪。デザインの意図についても説明

防弾少年団(BTS)ジミンが着用した原爆Tシャツのデザイナーが謝罪。デザインの意図についても説明

先日、原爆投下の写真を使用したTシャツをメンバーのジミンが着用していた事から炎上し、防弾少年団のMステ出演にまで問題が波及し、出演中止という異例の事態となりました。

防弾少年団(BTS)のMステ出演中止が発表される。原爆Tシャツが波紋を呼んでいる事が理由

これを受け、Tシャツのデザイナーがなぜ原爆の写真を使用したのか、反日の意図があったのかを説明し謝罪しました。

Advertisement

ジミンが着用していたTシャツ

btsenjou02

btsenjou03

波紋を呼んでいたTシャツがこちらです。

Tシャツに描かれているのは原爆が投下されキノコ雲があがっている写真、日本の統治から解放され万歳をしている韓国人の写真。

patriotism ourhistory liberation korea

我々の愛国心で歴史的開放をした韓国

このような文字や写真がプリントされたTシャツになっています。

これは光復節に由来するデザインといわれています。

光復節とは韓国の祝日の一つで、8月15日に日本の統治から解放された事を記念した祝日になります。

光復は奪われた権利、主権を回復を意味しており、同時に民族分断という新たな受難の始まりであり、分断時代と呼ばれる原点としての意味も持つそうです。

デザイナーは何を意図していた?

私たちから見ると、日本に原発が落ちて喜ぶ韓国人という絵図に見えますよね。

ただ、こちらは原発に喜んでいるというよりは、植民地からの解放による喜びの写真です。

こちらを制作したのはLJカンパニーの代表であるイ・グァンジェさんという方だそうです。

彼はこの騒動を受けて、「反日感情と日本の報復のために作成されたデザインではない」と説明。

ブランドがスタートした当時はストリートファッションの流行から、ファッションで歴史に興味を持ってほしいという思いから制作したと語っています。

原爆に関しては日本を嘲笑するわけではなく、原爆投下により日本が無条件降伏し、それにより韓国が解放されたという歴史的な事実の順序を表現しているとのことです。

国の解放=日本への原爆投下がきっかけ

これを表現したかったそうですが、なぜ韓国の解放だけを喜ぶTシャツにならず日本の原爆をそこに掲載しなければいけなかったのかはわかりません。

BTSMステ出演に対し

また、ジミンさんが着用した事により波紋を呼んだ件については

この事実を知ってとても慌てた。反日感情を助長する意図はなくBTSに申し訳なく思う

このように答えています。

実際に反日感情を煽る目的があったのかどうか私たちにはわかりませんが、多くの民間の命が失われた他国の出来事をモチーフにできる事に問題を感じます。

Advertisement

ネットの反応

まとめ

今回、デザイナー側が謝罪しましたが、問題の解決には至っていないようです。

このようなデザインが出る事に対して、韓国であればあり得るという感覚を多くの人が持っていると思います。

多くの人が気になっているのが、本人がどのような意図で着ていてたのかという部分。

この部分が解明されない限りは、日本の不快感を覚えているネットユーザーが納得する事はなく、今後も出演などに対して異を唱える人が続出するかと思われます。

どのような形でもいいので、本人の着ていた心境、意図などを話してほしいですね。

エンタメカテゴリの最新記事