BTS(防弾少年団)に対しユダヤ人権団体(SWC)が「公然と謝罪すべき」と表明。 高須克弥院長の働きかけも影響か

BTS(防弾少年団)に対しユダヤ人権団体(SWC)が「公然と謝罪すべき」と表明。 高須克弥院長の働きかけも影響か

当サイトでも多くの反響があったBTSの原爆Tシャツの件ですが、Mステ出演キャンセルを皮切りに、年末の特番の予定も白紙になるという事態になっています。

防弾少年団(BTS)ジミンが”原爆きのこ雲韓国万歳Tシャツ”を着て炎上。紅白内定するも反日行為に批判の声

未だに着用の意図が説明されないまま、新たに他の原爆のプリントがされたブルゾンを着用していたことなども判明し、長期間に渡り炎上が続いている状況ですが、ここにきてサイモン・ヴィーゼル・センター(SWC)が公式サイトでBTSに対する嫌悪を表明しました。

BTS(防弾少年団)リーダーRMが原爆ブルゾンを着ていたことが発覚。炎上は更に加速する事態に【動画】

というのも、BTSは原爆を用いた衣服を着用しただけではなく、ナチスのロゴが入った帽子、旗などを使ったパフォーマンスもしており、SWCはこの行動を問題視している旨を説明。

公式に謝罪すべきという表明を出すに至りました。

また、このSWCの公式サイトの表明には高須院長の動きも関係していたと予想されています。

Advertisement

SWCがBTSの行為を公式サイトで「謝罪すべき」

simonbts02

日本の原爆のプリントの衣服、3.11に合わせたのではないかと思われる水で溺れるシーン、その他、反日だと思われても仕方がないような写真やエピソードが既に多く出回っているBTSですが、日本の死者への侮辱行為意外にも、ナチスモチーフの帽子、旗などの使用をしていた事がSNSなどで多数報告されています。

simonbts03

simonbts04

この事実をSWCが把握したことで公式サイトに表明が掲載される事になったのだと思われます。

原爆被害者を冷やかすTシャツを着て日本の公演がキャンセルされた韓国の人気グループがナチスのシンボルの帽子でポーズをとり、コンサートでナチスの旗を翻した

このような内容で、声明を発表しました。

2018年11月11日、日本テレビのライブが中止された国際的に人気の韓国のバンドとBTSを名指し。

原爆被害者を嘲笑するTシャツを着ていた事は、このグループの過去を嘲笑する最新の事例であると前置きしたうえで、ナチスの帽子、コンサートで使用した旗に対しても言及。

「彼らのコンサート中に使用した旗は、ナチスの旗ととても似ていた。日本の人々とナチズムの犠牲者に謝罪の義務があることは言うまでもない」

そう、アブラハム・クーパー副館長は語ったそうです。

「それだけでは不十分であり、このグループは過去の歴史を簡単に中傷する。結果、韓国や世界の若い世代が偏見と不寛容を生み出す事をクールだと感じる恐れがあり、歴史の教訓を消失させる事を助長する可能性がある。このグループはメンバーだけでなく責任者も公然と謝罪すべき。」

このように謝罪をすべきである考えを述べました。

サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)って?

simonbts01

サイモン・ウィーゼンタール・センターはアメリカのロサンゼルスにある「ミュージアム・オブ・トレランス」を運営している団体です。

ホロコーストの記録保持、反ユダヤ主義の監視などの活動も行っており、国際的に影響力がある団体でもあります。

その活動は多岐にわたり、インターネットに投稿された差別をあおるヘイトスピーチを監視する活動も行っており、FacebookやTwitterといったSNSを含め、監視対象は2万サイトにも及ぶのだとか。

日本では過去に文藝春秋が発行していた「マルコポーロ」という雑誌がホロコーストを否定する内容の記事を掲載した事に抗議を表明。

その後、マルコポーロは自主廃刊する事となりました。

SWCは広告ボイコットという手法で抗議をし、多くの企業がSWC側に理があると判断し、文藝春秋各誌への広告出稿を自発的に停止します。

言論の自由に関する批判はありましたが、日本の広告依存、SWCの影響力を知らしめた事件でもあります。

元々、「サイモン・ウィーゼンタール・センター」はサイモン・ヴィーゼンタールというオーストリア人ユダヤ教徒の方の名を冠した団体です。

彼はナチス政権下のドイツで複数の強制収容所に収監された経験があり、戦後は戦争犯罪の疑いがあるナチス党員の追及に尽力し、1100人以上の戦犯の起訴に貢献し引退しました。

「サイモン・ウィーゼンタール・センター」の名前は創設者たちのヴィーゼンタールへの好意によるものです。

ヴィーゼンタールは2005年に死去しましたが、今もその意思は「サイモン・ウィーゼンタール・センター」に受け継がれています。

Advertisement

高須院長がTwitterでリプを送っていた

今回、このようにSWCが公式サイトで嫌悪を表明したのは、高須院長の働きかけがあった事が関係していると思われます。

高須院長はSNS上にアップされている画像や文章を元に、SWCへリプを送っていました。

最終的にはブロックされてしまったようですが…。

アメリカのBBC、CNNがBTSの件を報道し注目を集めている中、高須院長のリプもSWCが騒動を把握する大きなきっかけになったと考えられるのではないでしょうか。

最近ではBTSのファン、通称ARMYからも攻撃の対象になっており、殺害予告などもされている高須院長ですが、BTSの原爆Tシャツなどに怒りを感じている人たちからはこの行動に称賛が集まっています。

殺害予告の前に、なぜこのような行動が問題視され、国際問題まで発展しているのかを今一度考える必要があると思います。

日本と韓国の問題が国際問題へ発展

今回の件を受け、原爆被害者を侮辱する行動だけでなくナチスの思想を嘲笑し模倣するような歴史を軽率に扱う行動も多く知られる結果となったBTS。

アジア圏の人はナチスに関して話では聞いていても、世界的にどのようなイメージがもたれているかまでは想像しにくいと思います。

私たちの想像よりナチスへの意識は海外では高く、以前、パリのエッフェル塔の前でナチスの敬礼をして写真をとった日本人が逮捕された事例、ベルリンの連邦議会議事堂前でナチス式敬礼をしていた中国人観光客2人が逮捕などの事例もあります。

海外ではこのような厳しい措置がとられている事を認識しなければなりません。

個人的にはナチスのホロコースト、東京大空襲、広島、長崎への原爆投下は民間人の大量虐殺であると認識しています。

韓国は慰安婦問題、最近の徴用工の問題など、たびたび人権を日本へ主張するのですが、自国民の人権のみを考慮した主張がとても多いように感じています。

慰安婦や徴用工の問題について、色々思うところはありますが言及はしません。

以前、BTSは元慰安婦の女性たちを支援するために若者が立ち上げたブランドの服やスマホケースを着用していたそうですね。

しかし、そのように人権を侵害された被害者を思い、人権を守る運動に賛同し働きかける行動がありながら、なぜ他国の人権侵害を助長する表現をしてしまうのでしょう。

日本でもBTSに救われた、BTSが生きがいだと語る多くのファンがいます。

しかし、それ以外の日本の国民、また海外でも特にユダヤ系の方、ドイツの方などからはどのように見えるのでしょう。

今回、SWCが発表したように、公式の謝罪が求められています。

日本だけでなく、報道が広まるにつれて海外の人からのイメージも悪くなるばかりなので、どのような意図だったかだけでも説明される時がくるといいですね。

エンタメカテゴリの最新記事