名古屋経済大学高蔵高校の野球部監督は酒井弘樹?顔画像は?体罰暴行動画が酷すぎる…「携帯電話でカッとなった」

名古屋経済大学高蔵高校の野球部監督は酒井弘樹?顔画像は?体罰暴行動画が酷すぎる…「携帯電話でカッとなった」

愛知県名古屋市、名古屋経済大学高蔵高校の野球部で監督が部員に対して暴力行為をした事が報じれました。

体罰を加えたという内容の報道でしたが、動画を見ると明らかに体罰の域を超えていました。

Advertisement

名経大高蔵野球部監督が部員に暴行

meikeitakakura01

事件が起きたのは愛知県の名古屋経済大学高蔵高校の野球部

9日、練習後に男性監督が1年生と2年生の複数の部員に対し、顔を殴る、腹を蹴るなどの暴行を加えました。

暴行を加えられた生徒は12人にのぼるということです。

生徒の一人は顔が腫れるなどのけがを負いました。

名古屋経済大学高蔵高校は取材に対し暴行を認めています。

高校の聞き取りによると

野球部で定めた携帯ルールに関してカッとなった

監督はこのように説明しているようです。

名経大高蔵野球部監督暴行動画

暴行の動画がこちらになります。

※12秒~

並んでいる生徒に対して思いっきり蹴りつけ、顔を叩くなどの様子が見てとれます。

この動画では4~5人の生徒に対して暴力をふるっています。

中には腹部を思い切り蹴られている生徒もいますよね。

頭を軽くはたいただけで今は体罰という扱いを受ける中、教師にとっては色々理不尽に感じる環境もあるかもしれませんが、さすがにこれは行き過ぎだと思います。

体罰は文字通り罰ですが、ここまで理不尽な罰を受ける必要が部員にあったとも思えません。

急にここまでの暴力をふるうとは思えませんよね。

今回の件以外にも、暴力行為があった可能性もあります。

Advertisement

野球部監督は酒井弘樹?

では、この暴行を加えた監督は誰だったのでしょうか。

第100回全国高校野球選手権愛知大会でメンバー表が記載されていたので紹介します。

meikeitakakura02
引用:chuplus.jp

監督には「酒井弘樹」という記載がありました。

酒井弘樹さんといえば、1993年のドラフト1位で近鉄バファローズに入団した元プロ野球選手です。

meikeitakakura03

引退後は一般企業に就職するも金銭感覚が狂ったままの生活を続けてしまい、ギャンブルや高級飲食店等で豪遊、仕事のストレスから奥さんに八つ当たりする日々だったといいます。

そんな折に教員免許を取る目標を定め、高校教員免許を取得後、高校教師に転職しました。

2007年4月に名古屋経済大学高蔵高等学校に採用され、国語教師を務めており、2009年に新しく野球同好会が発足し、2年後に野球部監督に就任しました。

発足した当時、部員はわずか9人だったそうですが、2015年には70人を超えるほどになったそうです。

荒れていた生活の中で、再び野球により再生した酒井監督。そのような経験を経ただけに指導はかなり熱心だったと思います。

しかし、動画を見る限り度を超えた指導だと多くの人が感じると思います。

処分などの話はまだ出ていませんが、もし今後も指導を続けるのであれば大人としての対応が求められます。

※追記

今後、酒井監督は同校の懲戒規定に従って処分が決定するとのことです。

監督は取材に対し「したことを反省し、しかるべき処分を受けたい」と反省の意を述べました。

元野球部の生徒は「酒井監督はルールだけは本当に厳しい方なので、プロの世界でやってきたから、『こういうことは絶対ダメだ』みたいな。スイッチが入っちゃうと、情熱が湧いてくるような」このように酒井監督について語っています。

現在は自宅謹慎となっており、処分を学校側が検討している段階です。

ネットの声

俺の時はしょっちゅうだったが今の時代まずいだろ。監督の気持ちわからんでもないが。
こんな監督では強くならない。
これは辞職しないと収縮がつかない。

まとめ

酒井監督は以前「選手のために尽くす」と取材に答えていました。

発足した当初はリーグ戦4試合は全てコールド負け、翌年の夏の大会で0―2と初めて九回まで戦えるようになったといいます。

元プロという肩書きもあり、部員は右肩上がりに増え、2016年には県大会ベスト16までに成長しています。

高校生にとって甲子園は特別な場所。連れて行きたいと話していて、その指導の熱心さが伝わってくるかと思います。

その熱心な気持ちが、今回の暴力に繋がってしまったと考えると悲しい事ですよね。

確かにルールが部内であったのかもしれません。

それについてカッとなる気持ちもわかります。

しかし、それを破った事で動画のような暴行を加えるのもルール違反だと思います。

順調に成長してきた野球部なだけに、今回の事件は非常に残念です。

※追記

野球部では携帯電話に関するルールが定められていて「毎朝、自主的に回収して部活終わりに返す」このような規定があったようです。

暴行に及んだ日は携帯を預ける部員の数が少なく、監督が理由を聞くもはっきりしない事が多かったため、カッとなってしまったということです。

事件・事故カテゴリの最新記事