フィリピンマニラで大串真砂人さんが銃撃された動画がヤバい…詐欺がきっかけだったのではないかとネットで噂に

フィリピンマニラで大串真砂人さんが銃撃された動画がヤバい…詐欺がきっかけだったのではないかとネットで噂に

フィリピンのマニラで日本人男性が銃撃された事件で、被害者は大串真砂人さんである事が判明しました。

一体、なぜ海外で銃撃される事になったのでしょうか。

Advertisement

マニラで日本人男性銃撃

こちらが、大串さんが銃撃された瞬間の動画になります。

犯人は2人組でいずれもフルフェイスのヘルメットを被っており、顔を見る事はできません。

黄色いサイドカー付きの自転車には、日本人の大串真砂人さんが乗っており、すれ違い様に銃で撃ちバイクは走り去りました。

縦断は大串さんの首に命中。

自転車を運転していた方が急いで近くの病院へ搬送し、一命はとりとめました。

しかし、現在も危険な状態が続いているとのことです。

大串真砂人さんについて

名前:大串真砂人(おおぐしまさと)
年齢:67歳

大串さんは邦人経営者らの互助団体である「ジャパニーズ・アシスタンス&コンサルタンシー(JAC)」の代表を務めていました。

JACにはマラテ地区の飲食店の日本人経営者や在留邦人などが加盟していたといいます。

また、10月にドゥテルテ大統領が関わっているとされる政治団体の役員に就任すると周囲に語っていたらしいのですが、それが事実かはわかりません。

なぜ撃たれたの?

大串さんを検索すると、色々な噂が出てきます。

こちらでは割愛しますが、とある界隈では有名な人物であると紹介されており、事件の前には日本人男性との間で金銭トラブルがあったと現地で証言されています。

また、Twitterではこのような声もあり、普段からトラブルを起こしやすい状況であった事も考えられます。

政治絡みの可能性もあり、警察は現在、動画の2人組の行方を追っています。

Advertisement

ネットの声

まとめ

以前、パチンコメーカーの社長、内ケ島正規社長さんの件を当サイトでも取り上げました。

名古屋パチンコ製造「高尾」社長の内ケ島正規が刺殺される。カイジ4の詐欺スペック台が動機の可能性も

後の報道で、内ケ島社長は2017年4月にフィリピン旅行した際にマニラでバイクの2人組に銃撃された過去があるそうです。

また、2017年4月にはパチンコ関連企業「ジェーアンドエー」の社長、水野成規さんが乗っていた車が銃撃され死亡しました。

今回も手際がかなり良い事からヒットマンだったと予想できますよね。

実はフィリピンでは100ドルからヒットマンを雇う事ができるという噂があります。

以前から日本人が銃撃される事件が相次いでいますが、ヒットマンを雇ったのは日本人というケースも多いという噂です。

今回の事件の背景にどのような事情があったかわかりませんが、フィリピンへ足を運ぶ際は人に恨まれていないか確認する必要がありそうですね…。

事件・事故カテゴリの最新記事