山本義一の顔画像、あおり運転動画は?勤務先は「日本急配株式会社」群馬県の高速、上信越道でトラックを衝突させる

山本義一の顔画像、あおり運転動画は?勤務先は「日本急配株式会社」群馬県の高速、上信越道でトラックを衝突させる

群馬県上信越道下り線富岡市神農原付近であおり運転などをしたとして山本義一容疑者が逮捕されました。

ドライブレコーダーに記録された映像が決め手となったようです。

Advertisement

群馬県あおり運転危険な幅寄せ

aorigunma01

事件が起きたのは今年の5月10日の事です。

埼玉県熊谷市の24歳男性が運転するトラックを危険な速度で追い抜き、前方に出ると急ブレーキをかけたり、進路を妨害するなどして走行。

右側車線に24歳男性が入ると幅寄せをして自身が運転していたトラックを衝突させて、そのまま逃走をはかりました。

24歳男性のトラックにはドライブレコーダーが設置してあり、それを元に捜査が進められ京都府の運送会社のトラック運転手山本義一容疑者を逮捕しました。

男性は首の捻挫などの軽傷を負っています。

この件は危険運転致傷罪の容疑で逮捕に至っています。

Youtubeに動画を公開

このあおり運転の様子はYoutubeに動画が投稿されていたようです。

元の動画がどれなのか、現在では特定する事ができません。

投稿者が被害者だったのか、加害者だったのかもわからない状況ですが、このような動画が現在はYoutubeに残っています。

aorigunma02

右車線からトラックが追い抜いていますが、この時点でかなり左に寄っている事がわかります。

aorigunma03

幅寄せをしてきて、接触しそうになるも24歳男性が避け、そのまま前方で急ブレーキなどを繰り返すトラック。

aorigunma04

車線を右に変更するも進路妨害を続け最終的に幅寄せをした事によりトラックが接触。

非常に悪質な行為がドライブレコーダーの映像からわかると思います。

山本義一について

山本容疑者の姿は報道で映っていましたが、上着で顔を隠しているため顔はわかりませんでした。

aorigunma05

名前:山本義一
読み方:やまもとよしかず
年齢:42歳
住所:福井県越前町米
職業:トラック運転手
勤務先:日本急配株式会社

今回の事件について、山本容疑者は容疑を認めているものの「やられたから、やり返した」と供述しているそうです。

現在、勤務先のHPは削除されているようですが、「私たちは貨物自動車運送事業及び附帯する一切の業務遂行を目的とする運送会社です。」との記載が以前あり、京都府久世郡にある会社のようです。

以前、ネットで話題の動画を取り扱うサイト「1000mg」さんがこのドラレコ動画を公開したところ、日本急配から削除依頼が届いたそうです。

【続報】先日紹介した危険な運転の日本急配株式会社より次のような文章が届きました。

「日本急配90-66の運転がヤバい。」上記記事の削除をお願いします。弁護士と相談の上、削除されない場合は威力業務妨害、名誉棄損および訴訟費用の請求を致します。事故は事実ですが、故意に抜粋された動画により、煽られた一般の無関係の人間がクレームを入れてきており甚だ迷惑しております。警察からもまだ何ら判断出ない中(相手の過失割合)で相手に非がある場合、相責任の所在を問うことになります。(この前後の映像は故意にカットされている)よろしくご対応のほどお願い申し上げます。

この記事は2018年06月18日に投稿されたもので、会社も当て逃げした事実に関しては把握していたものとみられています。

山本容疑者、日本急配の判断としては、24歳男性側の運転の過失の可能性を指摘しているようです。

男性の運転していたトラックにドライブレコーダーが搭載されていたので、あおり運転をお互いに行っていたたかが判断可能だと思います。

しかし、男性の運転に問題があったとしても、幅寄せして車を衝突させる行為は非常に危険で悪質です。

一歩間違っていたら大事故に繋がっていた可能性もあり、その点は重く受け止めるべきだと感じました。

Advertisement

ネットの声

まとめ

最近、あおり運転の問題が表面化してきています。

瀧下秀樹の顔画像、結婚、勤務先は?ドライブレコーダーの動画が酷すぎる…北海道小樽市あおり運転

こちらの記事で紹介した北海道のあおり運転では暴行罪が適用されましたが、今回、もし山本容疑者の供述のとおり24歳男性が最初にあおっていたのであれば、そちらにも責任が及ぶ事になると思います。

今まではあおり運転は日本各地でかなりの件数があっても、それを問題にはしづらくあまり表面化していなかったと思います。

しかし、ドライブレコーダーの普及や、東名の大事故などが影響して、現在は厳しく取り締まる流れへ向いている事は喜ぶべきことだと思います。

今回は暴行ではなく、危険運転致傷というかなり重い罰則が適用されました。

それだけ、警察もあおり運転を重く見ているという事ではないでしょうか。

実際にこの法定刑が適用されるかは裁判次第になるとは思いますが、このように取り締まりが増える事であおり運転の抑止に繋がる事を期待したいですね。

事件・事故カテゴリの最新記事