鍋ハラ芸能事務所は渋谷の「MELM」と判明。Y社長は増渕良亮?顔画像は?シブギャル社長の林愛香はガセ。しゃぶしゃぶ鍋パワハラ事件

鍋ハラ芸能事務所は渋谷の「MELM」と判明。Y社長は増渕良亮?顔画像は?シブギャル社長の林愛香はガセ。しゃぶしゃぶ鍋パワハラ事件

サンスポが事務所名を報じました。

新潮のニュースで大きな話題を呼んでいた沸騰したしゃぶしゃぶ鍋に顔を押し付けられるパワハラ騒動ですが、渋谷区の芸能プロダクションが「MELM」である事が判明。

そして、会見で語られていたY社長=増渕良亮氏である事もこの報道で判明しました。

Advertisement

サンスポがついに「MELM」と事務所名を報道

nabepawa01

本日、週刊新潮が報じた芸能プロダクション社長の部下へのパワハラ騒動、被害者の従業員男性が会見を行いました。

その時、事務所名や社長の実名に関して触れていなかったのですが、サンスポが事務所の名前を明かしました。

会社の忘年会で煮えた鍋の中に頭を押さえ付けられて顔をやけどしたとして、芸能事務所で働いていた男性が、社長に損害賠償を求めて東京地裁に提訴することが分かった。男性と弁護士が22日、東京都内で記者会見して明らかにした。慰謝料などの請求額は今後詰める。男性は傷害容疑で社長を警視庁渋谷署に刑事告訴もすると述べた。

 関係者によると、芸能事務所は「MELM」(東京都渋谷区)。

 男性側によると、2015年12月20日、東京都渋谷区の鍋料理店で開かれた会社の忘年会で、2回にわたり社長に頭を押さえ付けられ、顔を鍋の中に入れられた。その場には取引先も含め約10人がいた。

 男性はやけどを負い、治るまでに1カ月ほどかかったという。芸能事務所で当時働いていたのは社長と男性の2人のみ。所属タレントは15~20人だった。

 社長から謝罪の言葉はなかったといい、男性は「鍋を見ると当時のことを思い出してつらい。やったことを認めて罪を償ってほしい」と訴えた。
引用:sanspo

芸能事務所MELMについて

melm01

会社名:MELM
所在地:東京都渋谷区宇田川町34-5 サイトービルⅢ 5F
電話:03-5784-1318
取引先銀行:三菱東京UFJ銀行
主な取引先:株式会社ぶんか社 株式会社コラボテクノロジー 株式会社OTOZURE 株式会社スターバンク  株式会社イングファシリティーズ

渋谷の東急本店前、センター街方面に向かって正面のビルのようです。

melm02

在籍していたモデルは

小関鈴香さん

misaさん

三浦珠梨さん

佐々木莉沙さん

小口紀子さん

長尾聖良さん

島末珠里さん

元popteenモデルが在籍している事務所という事でしたが、小関鈴香さんはすずちゃすの愛称で読者モデルをしていましたし、こちらの事務所で間違いないと思われます。

MELM社長は増渕良亮

Twitterの情報では、MELMの社長は増渕良亮氏で、顔画像も公開されています。

名前:増渕良亮
読み方:ますぶちりょうすけ
年齢:28歳
職業:株式会社MELM代表取締役

Facebookアカウントは削除されたようです。

Y社長と会見では呼ばれていましたが、「masubuchi ryosuke」頭文字から取っていたわけではなかったんですね。

元々、被害者の方は大学生の頃に増渕氏と出会い、イベントを手伝うようになったそうです。

その半年後、増渕氏の芸能事務所に入社。

入社した年の忘年会では二日酔いで遅刻した事から坊主を強要され、罰金10万円を支払わされたといいます。

2015年には正座で業務を行う事を強要。

寝坊した時は顔を殴られるなどの暴力もあったらしく、その時は流血するほどだったとか。

【動画】煮えたぎる鍋の中に部下の顔をつっこんだ芸能プロダクション社長のパワハラがヤバい…。事務所、社長の名前は?”鍋ハラ”と話題に

こちらの記事で紹介した新潮が公開した動画については、Y社長、所属モデル、さらに取引先の人物が同席。

行為の後は謝罪も介抱もなかったといいます。

その後、火傷の診断を受けるも「お前、自分から頭突っ込んだんだよな。何日後から仕事できるの。2、3日後からできるんだよな」と被害者宅を訪れてこのような言葉をかけたといいます。

また、被害者は休みがほぼなく、1週間家に帰れずに3日寝ないで仕事をした事もあったのだとか。

このようなパワハラ、傷害、暴行により、被害者の方は刑事告訴、損害賠償請求の民事訴訟を検討しています。

黒い交際を匂わせていた

被害男性は月給3~8万円、年収にすると100万円に満たない額であったにも関わらず仕事を続けていた理由は社長の洗脳が大きく影響していたといいます。

毎日言葉で責められ、反抗すると数時間も詰められる状況が何度もあり、次第に日々の労働環境も相成って思考力が低下していったのでしょう。

また、社長に対して恐怖する理由となったのはそれだけでなく、増渕氏の黒い交際関係も影響しています。

芸能関係者は「もしも新宿で何かトラブルが起きたら、なんでもできるよ」と増渕氏がそう語っていたと告げます。

実際に歌舞伎町でぼったくり被害にあった増渕氏はヤクザを呼んで解決したらしく、その話は周囲にも広まっているそうです。

そのような交際関係を知っているだけに被害男性は更に恐怖を覚えていたのではないでしょうか。

なぜ3年前の事件を今、告訴するのか

今回、被害者の方は刑事告訴だけでなく損害賠償請求も検討しています。

どのような罪で告訴をするかにもよりますが、概ね該当する刑事告訴での公訴時効は10年なのに対し、損害賠償請求の時効は3年となっています。

そのため、消滅時効の期限が差し迫っている事から、3年に達する前に損害賠償請求を含めて、告訴を検討しているのだと思われます。

Advertisement

シブギャル林愛香が犯人と噂されていたけどデマ

SNSでは今回の事件の該当者がシブギャルの林愛香さんではないかと予想され、多くの心無い声に曝される形となっています。

Twitterやネットニュースサイトでは顔画像、プロフィールなどの情報が公開され、Yahooニュースのコメントにも多くの記載がありました。

確かに新潮が報じた内容と当てはまる部分はあります。

・渋谷の芸能プロダクション
・元popteenモデルが在籍
・社長の年齢は当時25歳、現在28歳

これらの情報に当てはまっていたこと、また社長が女であるという噂が流れていたため、このような特定の結果になったのではないかと思われます。

実際に、社長は女ではなく男であるとテレビでも報道されていました。

しかし、こちらの特定情報はガセです。

名誉棄損や業務妨害にもあたる可能性があるので、くれぐれも報道前に信用のない書き込みを鵜呑みにして拡散する事は控えるようにしてください

まとめ

被害者の方は

「自分が辞めると『なんで』となると思うし、鍋の件も自分と社長がトラブルになったら彼らの生き場がなくなると思って、辞めることも戦うこともできなかった。紹介した子のうちの半分ぐらいが辞めたので、それならもう大丈夫かなと」

このように話しています。

怪我の度合いはII度の熱傷とされていて、II度の熱傷の中でも比較的深い度合いの熱傷のようです。

日常的に痛みが出る事はないものの、風呂上がりや夏に日焼けした時、冬に乾燥した際に肌にかゆみが出るそうです。

そしてなにより、鍋を見れば当時の事が思い出されフラッシュバックするなど、精神的に大きな後遺症を残しています。

深いⅡ度の熱傷は細胞が少なくなることで、後遺症が残る可能性が高いといわれています。

動画にあったことが全て。それを認めて罪をつぐなってほしい

このような想いを会見では語っていました。

どのような事情があったにしても動画の内容は非常に悪質なものであり、示談になるのかはわかりませんが、罪に問われる事は間違いないと思われます。

今後の動向にも注目が集まっています。

事件・事故カテゴリの最新記事