ドルチェ&ガッパーナが中国で大炎上し一日で中国市場から消える。ショーは中止、ECサイトからは抹消

ドルチェ&ガッパーナが中国で大炎上し一日で中国市場から消える。ショーは中止、ECサイトからは抹消

イタリアのファッションブランド、ドルガバの愛称でも有名なドルチェ&ガッバーナ(D&G)の動画が中国で大炎上し、僅か一日で中国市場からドルガバが消える事態となりました。

詳しい経緯について@chinshonatsuyo(なつよさん)が解説されていたので、そちらを紹介したいと思います。

Advertisement

炎上までの経緯

ドルガバ上海ショーのカウントダウン動画が発端

その動画がこちらです。

動画は3篇に分かれているようでピザ、パスタ、フランスパン…?のようなものを箸を使って食べている動画です。

デザイナーのDMがリークされる

dgenjou01

例の動画が国内で削除されたらしい。私のチームの中国人も中国もアホ。これから取材でも中国はクソと言っていく。中国なくたってやっていける!汚いヤクザめ

このような内容のDMが晒される事になります。

動画が問題というよりも、このDMによってここまでの炎上を招くきっかけになったそうです。

俳優の陈坤が出席を辞退→連鎖的に…

dgenjou02

陈坤(チェン・クン)は中国の俳優、歌手でかなり有名な方。

大のアニメファンでコスプレ姿を披露したりもしています。

dgenjou03

dgenjou04

dgenjou05

dgenjou06

dgenjou07

dgenjou08

dgenjou09

動画が炎上し、ショーに招待されていた全ての芸能人や出演モデルが出席を拒否するまで、わずか一日の出来事だったそうです。

Advertisement

アカウントがハッキングされたと言い訳

dgenjou10

現在、ニュースにもなっていますが、ドルチェ&ガッバーナの公式インスタグラムとデザイナーのステファノ・ガッバーナの個人アカウントがハッキングされたと報じられています。

ドルチェ&ガッバーナ ジャパンの担当者はハッキングされたと表明している投稿を含めた一連の騒動とショーの開催の有無について、「現在調査中」とコメントしています。

モデルもゲストも不在のショーに

dgenjou11

dgenjou12

ここまでが、ドルガバ中国騒動の流れとの事です。

アカウントハックについてはとても疑問が残る出来事ですね…。

ぜひ、真相について調査を進めて公表して頂きたい出来事だったと思います。

中国全てのECサイトからドルガバが消える

dgenjou13

dgenjou14

僅かな時間でここまでの騒動に発展したのは驚きです。

実質、中国市場から追い出される形となった訳ですが、ここまでの速度で世界的なブランドを他の国で締め出せるかというと疑問に思います。

中国で人気のアイドルグループをマネジメントしている会社は「母国は何より重要だ。私たちはわが国の壮麗な文化遺産の価値をしっかり理解している」と主張して欠席しており、愛国心からの出来事である事は判断できると思いますが、ここまで一丸となって同じ目的に向かって動ける事は色々な意味で感動を覚えます。

日本で同じ事があった場合、率先してモデル、タレント自身が辞退できるかというとかなり難しい環境だと思うので、それだけ国民性、文化の違いがある事も伝わる騒動でした。

個人に全ての権限がある

これは、ビジネスにおいてもよく聞く事ですよね。

日本は一人で責任を負うのを嫌う風潮があるけれど、中国では費用に対しての決裁権をある程度任されているケースが多いといいます。

社に戻り相談致します→他の関係者にお伺いのような流れなので、責任を分散し色々な意見を反映させる事で、決裁に至ります。

そのような速度感も中国経済の規模が大きくなる一因だったのかもしれません。

しかし、タレント個人に権限をおいているというのは凄いですね…。

担当者の裁量権の大小に関してはメリット、デメリットお互いにあるとは思いますが、日本とは決定的に違う部分だと感じました。

ネットの声

まとめ

このような意見があったのですが、これ一般人と企業を代表するデザイナーが行ったDMだったとしたらドン引きですね…。

それはリークされてしかるべきだし、ここまでの炎上をしても仕方ないと思いました。

ネットでは、このような事態になった事で中国を批判する声も多くありますが、最近ではBTSの原爆Tシャツ問題が日本でもありましたよね。

防弾少年団(BTS)ジミンが”原爆きのこ雲韓国万歳Tシャツ”を着て炎上。紅白内定するも反日行為に批判の声

日本は比較的、中国に比べると穏やかであると思いますが、このような騒動へ発展する事もあります。

その範囲がきっと中国は広いのではないでしょうか。

実際にもし日本がこのような形でドルガバからされていた立場だとしたら、個人的にはやっぱりイラッとはすると思いますし…。

現在も、報道では動画に関する話のみが紹介されています。

しかし、炎上の裏にはこのような流れがあったという事だったんですね。

海外カテゴリの最新記事