自称山田涼介の嫁「ふわめる」が山田涼介の住所を晒し大炎上。「警察に捕まれ」「ストーカー」「大倉くんみたいに精神病みそう」などの声

自称山田涼介の嫁「ふわめる」が山田涼介の住所を晒し大炎上。「警察に捕まれ」「ストーカー」「大倉くんみたいに精神病みそう」などの声

以前から問題行為などで反響を呼んでいた「ふわめる」さんが、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんの住所をインスタのストーリーで晒し大炎上しています。

Advertisement

「ふわめる」山田涼介の住所を晒し炎上

huwamerujuusyo01

拡散されている画像ではありますが、一応モザイクを入れています。

これはHey! Say! JUMPの山田涼介さんの自称嫁である「ふわめる」さんがInstagramのストーリーで公開したものです。

かなり反響があったことからストーリーを削除したそうですが

huwamerujuusyo03

huwamerujuusyo04

huwamerujuusyo05

その後

「愛する人の住所特定なんて簡単すぎる」

「涼介くんの全てを知り尽くしている」

「住所特定するくらい愛しているってこと」

「愛する人の住所くらい知ってて当然」

「いつでも涼介くんに会いにいけちゃう」

など、かなり過激な発言をしていました。

この件に関してネットでは批判が殺到。

少し前に大倉忠義さんがファンの問題行動に悩まされていると大きく報じられていましたよね。

関ジャニ∞大倉忠義「そろそろ限界」やらかしファンの迷惑ストーカー行為にブログで精神を病む。2019年4月の「大きな動き」に信憑性も

最近、ジャニーズに対するファンの行動が問題化している中での行為にとびっ子たちも激怒。

以前から問題行動を繰り返していただけに有名なふわめるさんですが、迷惑行為の度が過ぎた犯罪行為であった事から大炎上する結果となりました。

ネットの声

住所を晒して拡散させることの罪は?

実はネットで氏名や住所を晒す事に関して、刑法上の罪は該当しません

また、個人情報保護法についても一定数以上の個人情報をデータベースとして保有している企業のみが対象となるので該当しません。

一応、今回の件はストーカー規制法に該当する可能性もあります。

実際にしているかはわかりませんが

・自宅や職場、学校等の付近で見張り
・自宅や職場、学校等に押し掛ける
・自宅や職場、学校等の付近をみだりにうろつく
・監視していることを告げる
・無言電話

該当しそうな行為は上記のもの。

みなし公人という立場であっても行為に問題があればストーカー規制法の対象となります。

しかし、住所を晒す行為事態はストーカー規制法に該当せず、住所を知っていて監視をしていると告げた場合はつきまとい行為に該当します。

2017年からはネットストーカー(SNSなどのつきまとい)も対象となりましたが、今回のケースだとつきまとい行為に該当するかは微妙なラインかもしれません。

しかし、今までの行動や言動、総合的に考慮した場合、ストーカー規制法に該当する可能性はあるのではないでしょうか。

それと、ツイートの内容通り、山田さんと全く関係がない状態で「部屋に行ける」のが本当であれば住居侵入罪に当たります。

ストーカー規制法は警察に禁止命令を出してもらう前であれば1年以下の懲役または100万円以下の罰金。

禁止命令を出した後に違反してストーカー行為を行った場合は2年以下の懲役または200万円以下の罰金となります。

住居侵入罪は3年以下の懲役または10万円以下の罰金です。

また、山田さんがこの行為に精神的損害を被ったと主張した場合は慰謝料請求できる可能性もあります。

民事上は不法行為となり、また、多くの人が問題だと思う行動であった事は明らかだと思います。

Advertisement

謝罪動画を公開

住所を晒した事への謝罪の部分は5:45~

・晒したのは今の住所じゃなくて前の住所

・会いたい気持ちが溢れて我慢できず書き込んだ

・好きすぎるがゆえに今までの多くの迷惑行為や過激な発言をしてきた

・今では反省している

このような内容となっています。

中学3年生の頃から個人情報、住所の特定などをしていたそうです。

動画に対するネットの声

まとめ

ジャニーズは最近、公式サイトにもマナーに関するお願いが記載されました。

それだけ、所属しているアイドル達が行為に疲弊している状況だと思います。

ファンの数だけ色々な応援の形がありますが、その中には過激な迷惑行為も含まれてしまいます。

そのような一部のファンのせいで、ファン全体が悪質だとみられる風潮はとても悲しいですよね。

病的な信者と節度のあるファンが同じではないので、少しでも節度のある応援ができるようなファンが増えてほしいですね。

ネットカテゴリの最新記事