元貴乃花親方、景子夫人10月25日に離婚していた。息子の優一さんが原因?「お互いの夫婦関係を卒業する」

元貴乃花親方、景子夫人10月25日に離婚していた。息子の優一さんが原因?「お互いの夫婦関係を卒業する」

元貴乃花親方と妻の景子さんが離婚していたことが判明しました。

Advertisement

10月25日に元貴乃花親方、景子夫人と離婚していた

takanohanakeiko01

日本テレビのニュース番組「news zero」が26日夜に元貴乃花親方、景子夫人が離婚していたと速報で報じました。

2人は先月の10月25日に離婚

元貴乃花親方が自ら離婚届を提出したそうです。

お互いの夫婦関係を卒業する」としており、お互い話し合ったうえで離婚を決めたとのこと。

1995年5月に結婚し、23年の月日を過ごした夫婦は、引退後、元貴乃花親方は師匠となり、景子さんもおかみさんとして部屋の運営を取り組んできました。

二人の仲の良い姿はテレビでも見ていた方は多いと思いますが、離婚してしまうのは本当に残念でしたよね…。

離婚の原因、理由は?

9月末にも離婚の危機は報じられていました。

まず第一に貴乃花親方と相撲協会のトラブルがあった事が原因だと思われます。

元横綱の日馬富士関が貴ノ岩関を暴行した問題で「日馬富士の暴行問題に関する協力を拒絶するなどの非協力的態度をとった」とされ、巡業部長という相撲協会での理事職に就いていましたが解任決議が全会一致で可決、承認されました。

2018年2月には古い因習を改革させるために理事候補選挙に立候補するも落選。

更に相撲協会の対立が深まっていき、最終的には役職最下層の平年寄にまで降格し、相撲協会を退職する事となります。

出馬を見送れば役員待遇に留まる事ができたそうなのですが、実は元貴乃花親方は景子さんにまったく相談せずに独断で出馬を決めてしまったそうなんです。

それまでずっと景子さん、家族は一丸となり貴乃花親方を支えてきたといいます。

「景子さんは、貴乃花親方を支える若手親方の奥さんたちでネットワークを作って、相撲部屋の運営を協力したり、貴親方の考えを丁寧に説明したり、内助の功で夫を支えてきました。また、長男の優一さん(23才)が、貴親方と“敵対関係”にあったベテラン親方の娘と結婚したことも、貴親方にとってはうれしいことでした」(後援会関係者)

一連の流れの中で、おそらく既存の相撲業界に貴乃花親方は大きな不満を持っていたのだと思います。

次々に敵が増えていく状況、むしろ自身が敵を作っていくような状況となり、景子さんも手の出しようがなく疲れ果ててしまったようです。

そして第二に長男の活動で夫婦に溝がうまれてしまった事です。

長男の優一さんは靴職人兼タレントなのですが、貴乃花親方は靴職人としての成長を、景子さんは芸能活動も含めての活動を支持していました。

そこでもお互いの考えにズレがあったのですが、ある時期を境に優一さんは後援会幹部が経営する芸能事務所の所属に移ります。

最初は貴乃花親方も受け入れていたのですが、景子さんと優一さんが2人でイベント活動などを始めると事務所に金が入って部屋に入らないのはおかしいと言い始めたといいます。

貴乃花部屋は元々、小口の後援者を集めて運営をしていましたが、大口のタニマチが離れるばかりで経営はどんどん悪化していきました。

そのため、景子さんは金策のためにそのような行動をしていたのですが、そこで決定的な溝ができてしまったといいます。

その後はほぼ別居状態となり、ほとんど口も利かない状態になったのだとか。

貴乃花親方が倒れた時も見舞いに行くことはなかったそうです。

今まで2人で部屋を切り盛りしていた二人ですが、一連の流れでお互い同じ目標を持つ事ができなくなってしまった事が、影響していたのかもしれません。

花田優一は事務所を解雇、靴職人としてもクレームが殺到

takanohanakeiko02

靴職人として注目されていた花田優一さんは昨年8月から芸能事務所にも所属していました。

しかし、20万円近くの靴の制作料金を受け取りながらも、納品が滞っていたらしく、客が連絡をとろうとするも色々な理由をつけて逃げ回り、事務所にまでクレームが来るようになってしまったといいます。

プライベートでも妻がいながら別の女性との密会現場を、8月31日発売のフライデーで報じられており、所属先の芸能事務所から契約解除されてしまったようです。

色々と夫婦が悩み、溝をつくるきっかけとなった原因でもありますが、両親の離婚に何を思うのでしょうか。

Advertisement

ネットの声

まとめ

現役時代は22度の優勝を果たし「平成の大横綱」よ呼ばれた貴乃花親方。

人生が大きく短期間で動いているような感じがして、多くの人が心配しているようです。

花田惠子さんは旧姓の河野に苗字が戻るかと思います。

株式会社ル・クール代表、株式会社フィールドパレス代表、また執筆活動や講演などで多忙な毎日であろう景子さんは、仕事に邁進していくのでしょうか。

離婚に至るまで、二人にしかわからない葛藤があったと思います。

今は元貴乃花親方も景子さんも心労が大きい状態だと思うので、ゆっくりと自分の時間を持ち休めるようになるといいですね。

長男はすでに自立?しているのかはわかりませんが、職を持っていますよね。

長女の佳(はるか)さんは2000年生まれで、次女の晃帆(あきほ)さんは2003年生まれ。

高校3年生、中学3年生ですが、親権は今後どうなっていくのでしょう。

また、離婚に関する慰謝料に対しても注目が集まっています。

エンタメカテゴリの最新記事