【Sexy Zone】松島聡が「突発性パニック障害」で一時活動休止…。どんな病気?復帰はいつ?

【Sexy Zone】松島聡が「突発性パニック障害」で一時活動休止…。どんな病気?復帰はいつ?

ジャニーズの人気グループ「Sexy Zone」の松島聡さんが事務所を通じて活動休止を伝えました。

理由は「突発性パニック障害」という事で、パニック障害といえば最近ではキンプリの岩橋玄樹さんがパニック障害で活動休止となっていましたよね。

関連記事

キンプリ岩橋玄樹がパニック障害の治療に専念するために活動休止!?ブログでは意味深な文章も…病んでいるのではと心配の声

他にもKinKi Kids堂本剛さんもパニック障害である事を明かしており、相次ぐジャニーズ事務所のタレントのパニック障害に心配の声があがっています。

Advertisement

松島聡、活動休止へ

matushimasou01

28日、ジャニーズ事務所からSexy Zoneの松島聡さんが活動休止する事が発表されました。

自身の誕生日である27日付けでコメントを発表し、原因は「突発性パニック障害」の治療のためとしています。

1年前から体調を崩しはじめ、1ヵ月前からより不調が酷くなったため受信した結果、突発性パニック障害と診断されたとのことです。

毎日更新していたブログが最近更新されていなかったり、ヒルナンデス生出演がキャンセルになるなど、ファンの方はかなり心配をしていたのですが、休止を聞いてかなり戸惑っていると思います。

本日、夜19時から放送が予定されているベストアーティスト2018にSexy Zoneが出演予定だったのですが、その前の発表であったため、おそらく出演は辞退される見通しです。

ボンビーガールを見ていた視聴者の方も頑張っている姿が痛々しい時があり無理していたのではないかと心配の声があがっています。

仕事を離れて療養し、体調の回復に務めることが最も大切であると医師の診断を受けたという事で、治療に専念するために直筆のコメントで自身の活動休止を伝えました。

matusimasou02

この度は皆様には突然の発表となってしまい誠に申し訳ございません。

実は1年前くらいから体調を崩し始め
1ヵ月より不調が酷くなった為
受診いたしました。

診断結果は突発性パニック障害です。

病名もですが、自分のこの状況に正直
大変戸惑いショックを受けております。

そして今は、治療と静養が必要だと
いうことなので、
一旦活動休止をお知らせする事を
お許し下さい。

温かいご支援を受けている中で、
苦渋の選択とはなりますが、今はこの病気を克服する事が一番と
決断致しました。

愛するファンの皆様、各関係者の皆様、
そして家族のようなメンバー、本当に本当に
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

皆様の応援に心から感謝申し上げると共に、これからの
Sexy Zoneの応援を引き続き宜しくお願い致します。

2018年11月27日
Sexy Zone 松島聡

松島聡プロフィール

matusimasou04

生年月日:1997年11月27日(21歳)
出身地:静岡県
身長:167cm
血液型:A型
活動期間:2011年2月
活動内容:Sexy Zone
事務所:ジャニーズ事務所
イメージカラー:青
趣味:スノーボード、料理

小学5年生の時にジャニーズ事務所に履歴書を送るが返事がもらえず、中学生になってから再度履歴書と自分の思いを書いた手紙を送り、オーディションに呼ばれたそうです。

2011年2月、13歳でジャニーズ事務所に入所。

同年9月29日、Sexy Zoneの結成とともに11月にCDデビューすることが発表されました。

2014年5月5日、Sexy Zoneの春のコンサートツアー横浜公演でSexy Zoneの弟分ユニット・Sexy 松の結成が発表され、松島聡さんが所属する事が明らかに。

2015年12月発売のシングル「カラフル Eyes」から再びSexy Zoneとして活動を再開。

2017年10月「世にも奇妙な物語 ’17秋の特別編」で俳優デビューを果たします。

入所してから2年間近くは地元の静岡県が大好きだったため、仕事の際は新幹線で東京まで通っていたそうです。

性格は頑張り屋で、プロ意識が高いとファンから評価されています。

極真空手の経験があり、何度も大会でメダルを獲得したこともある腕前なのだとか。

突発性パニック障害とは

パニック障害はある日突然、めまい、心悸亢進、呼吸困難といった自律神経の乱れの症状が発生し、症状とともに激しい不安が発作的に起こる病気です。

突発性という事で、おそらく今まで長い間パニック障害に悩まされていたのではなく、突然だったのだと思います。

パニック障害は「パニック発作、予期不安、広場恐怖」という3つの特徴があります。

パニック発作の内容は以下の通り

・心臓が突然ドキドキする
・呼吸がしづらくなり息苦しさがある
・冷や汗、眩暈がする
・体がだるくぼんやりする事がある
・胸に痛みを感じる

このような症状があり、それと共に死んでしまうのではないかと思うほどの不安感に襲われます。

パニック発作が続くことにより、いつ同じことが起きるかわからないという不安を感じるようになり、それを「予期不安」と呼びます。

死ぬのではないかという恐怖はもちろん、発作が起きた時の周囲への影響を考える不安、心臓疾患などへの不安も含まれます。

進行が進むにつれパニック発作の機関は短くなり、予期不安も徐々に強くなっていきます。

すると自分が今まで発作を起こしてしまった場所に対しても恐怖を持つようになり、それを「広場恐怖」と呼びます。

広場は人がたくさんいる場所という意味で、パニック障害を持つ人ごとに恐怖を感じる場所は異なります。

これにより外出できなくなり引きこもりになってしまったり、精神的に追い詰められうつになる人もいるといいます。

パニック障害は決して心や性格などに問題があるから起こる病気ではありません。

100人に1人ほどの割合で起こる病気であるといわれています。

パニック発作が起きても、パニック障害になる人と、発作だけで終わる人がいます。

パニック障害になりやすいのは不安や恐怖心が強いタイプの人で、幼いころから内気だったり、人見知りが強かった人。

高所や閉所が怖かった人、親から離れるのが不安だった人などがなりやすい傾向にあります。

また、がんばり屋で仕事に熱心に打ち込む傾向もあり、お人よしで、自分のことより人のことを優先する、人の顔色をうかがって自分を犠牲にしてしまうなどの特徴も多くみられます。

Advertisement

治療期間は?

松島聡さんは休止期間は「一定期間」としており、具体的な復帰がいつかは明言していません。

そのため、無期限休業という状態です。

パニック障害は精神病ではなく、神経症です。

治療は可能ですが完治は非常に難しく、再発率も非常に高いのが特徴です。

パニック障害の治療は薬物療法中心で場合によっては精神療法を併用します。

薬の服用期間は調整に2週間~3カ月、発作の再発を防ぐために1カ月~3カ月、症状が消えてた状態を維持するのに半年~1年ほどかかります。

また、その後、薬を減らす期間で半年から1年ほどかかります。

復帰するとしたら最短で1年、長い場合は3年ほど治療期間が必要になる場合もあります。

ネットの声

まとめ

2018年、ジャニーズでは脱退、解散、休止が相次ぎました。

TOKIOからは山口達也さんが脱退。

タッキー&翼が解散。

関ジャニ∞から渋谷すばるさんが脱退。

NEWSの小山慶一郎さんが活動休止。

Hey! Say! JUMPの岡本圭人が休業。

king&princeの岩橋玄樹さんが活動休止

Sexy Zoneの松島聡さんが一時休止。

また、最近では関ジャニ∞の大倉さんから過激なファンに対しての言及がありました。

関ジャニ∞大倉忠義「そろそろ限界」やらかしファンの迷惑ストーカー行為にブログで精神を病む。2019年4月の「大きな動き」に信憑性も

ファンの行動が問題視されている中、ジャニーズに所属しているアイドルの心労も増えているのかもしれません。

松島聡さんも本当に今まで頑張ってきたからこそ、パニック障害という病気が発症したのだと思います。

しっかりと病気の治療に専念し、また元気な姿を見せてほしいですね。

エンタメカテゴリの最新記事