茨城県取手市でペットとして飼育していたツキノワグマに襲われ盛宗一郎さんが死亡…。クマって個人で飼えるの?飼育していた場所はどこ?

茨城県取手市でペットとして飼育していたツキノワグマに襲われ盛宗一郎さんが死亡…。クマって個人で飼えるの?飼育していた場所はどこ?

2018年12月2日、茨城県取手市の民家の敷地内で盛宗一郎さんが飼育していたツキノワグマに襲われて死亡しました。

クマは70代男性が飼育していたという事で、盛宗一郎さんが飼っていたクマではありません。

Advertisement

事件の概要

toridekuma01

2日、茨城県取手市の民家で飼育されていたクマに56歳の男性が襲われ死亡した。

警察によると、2日午前10時半頃、茨城県取手市の民家で飼われていたクマにアルバイト飼育員の盛宗一郎さんが襲われ、搬送先の病院で死亡した。

民家で飼われていたのは体長130センチ、体重110キロぐらいのオスのツキノワグマで、この家に住む70歳の男性が県の許可を得て個人で飼っていたという。クマはコンクリートと鉄でできたオリの中で飼育されていて、盛さんはこのオリの中で倒れていたという。

警察はクマの飼育状況などを詳しく調べている。

クマに襲われて死亡…、というニュースを聞くと野生のクマにまた誰か襲われてしまったのかと予想してしまいますが、今回の事件は飼育されていたクマという事で、ペットとして自宅の敷地で飼われていたクマのようです。

海外では割と放し飼いで巨大なクマと戯れる映像などがたまに放送されていますが、日本でもクマを個人で飼っているというのには驚きですよね。

小グマだった頃から飼っていたようですが、体調1.3m、体重110kgは立派な大人のツキノワグマのサイズで、檻の中などの閉所で襲われたらまず助かる事はないと思います。

クマの年齢は15歳ほどで、性別は雄だったようです。

盛宗一郎さんの被害

報道されている被害内容は以下の通りです。

・頭や肩を引っかかれるなどして襲われ
・全身をかまれるなど
・頭に大けがを負い
・後頭部などを負傷し

クマは体重が110kgほどあっても時速40~50kmほどで走る事ができます。

突進で詰め寄った後、爪でひっかくなどの攻撃を行い、それから噛むなどするという事です。

ツキノワグマは基本的に人を食べないと言われていますが、雑食ではあるので、よほどお腹が減っていたのか、人が弱い生き物だと認識したのかはわかりませんが、今回は襲われてしまったようです。

近隣住民が「助けて」という悲鳴を聞いて駆けつけたところ、檻の中で頭から血を流して倒れている盛さんが発見されたという事です。

小グマの頃から飼育していても、クマは本気でじゃれる事があるようで、例えなついたとしても命の危険がある事には変わりないんですね…。

盛宗一郎さんはクマの飼い主から飼育員として雇われ、普段からこのツキノワグマの飼育を担当していたということです。

日本でクマって飼えるの?

今回、飼育されていたクマは「ツキノワグマ」です。

toridekuma02

体の大きさは大人で110~130cmほど、体重は40kg~130kgといわれています。

ツキノワグマだけでなく、クマは特定動物に指定されています。

特定動物というのは、人に対して生命や身体、財産に害を加える動物の事で、特定動物を飼うためには都道府県知事への申請が必要です。

つまり、申請を出し、許可が下りれば飼育する事が可能なんですね。

特定動物の中の許可対象動物に限定されている動物限定で許可を申請する事ができます。

クマに関してはクマ科全種が対象になるという事なので、ツキノワグマを個人で飼う事は違法ではありません。

しかし、飼育するにあたり適切な環境が整っているか、人に危害を加えない状況かを審査されるので、個人の申請はかなり難しいといわれています。

今回の事件が起こった場所は、その条件を個人でクリアしているという事になります。

守るべき基準としては以下の通り。

1.飼養施設の構造や規模に関する事項

一定の基準を満たした「おり型施設」などで飼養保管する
逸走を防止できる構造及び強度を確保する
2.飼養施設の管理方法に関する事項

定期的な施設の点検を実施する
第三者の接触を防止する措置をとる
特定動物を飼養している旨の標識を掲示する
3.動物の管理方法に関する事項

施設外飼養の禁止
マイクロチップ等による個体識別措置をとる(鳥類は脚環でも可能)

飼育費は年間100万円前後はかかるという事で、大型の動物としてはそこまでかもしれませんが、設備と維持でかなりコストはかかるようです。

また、以下の行為を行った場合には、個人の場合は6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金、法人の場合は5,000万円以下の罰金に処せられます。

無許可で特定動物を飼養または保管する
不正の手段で許可を受ける
許可なく以下を変更する
特定動物の種類及び数、飼養施設の所在地、飼養施設の構造及び規模、
飼養又は保管の方法、飼養又は保管が困難になった場合の対処方法

かなり厳しい条件が規定されているようです。

Advertisement

クマを飼っていたのはどこ?

報道によると茨城県取手市野々井の民家ということです。

付近には住宅街、小学校もあり、この付近でクマを飼っていたというのはおどろきですよね…。

クマは逃げることなく檻の中にいたという事で一安心ですが、もし外へ逃げていたらと考えると恐ろしいですね。

ネットの声

「動物好きで自宅で色々な動物を飼っていた」と報道されていましたが・・

きちんと許可をとって飼育していたそうなので檻などはちゃんとしていたはずだけど、同じ檻に入ってお世話していたときの事故のようなので人慣れしていて油断したのですかね?

亡くなっているだけに、今後が心配ですね。

飼育員を雇ってまでツキノワグマを飼うって…
それにクマの今後が心配だよね…
亡くなった人は気の毒だけど、襲った熊が敷地から出て他の人まで手にかけ大惨事みたいな事にならなくて良かった。
数百キロてなヒグマが人間になついてコロコロ転がる動画とかあるけど、、、
施設で飼われてるヒグマが人を襲う動画も結構見る。。。
クマは可愛いけど、人が飼う動物ではないでな、、、
亡くなった方、お悔やみ申し上げます・・・
県はなぜ許可したのだろう?
熊からしたら、襲ったのではなく、遊んでもらおうとじゃれてただけかもしれない。しかし、人間からしたら力の差は歴然。人間の立場で考えているけど、相手は熊だから!飼い主さんは愛着をもって接していたと思うけど、やはり猛獣であると自覚して向き合うべきだったと思う。
野生動物はペットじゃない。
動物園生まれならまだしも、野生の状態から拉致してきたクマは人間に管理されることに物凄いストレスを感じるはず。
飼う事自体が大きな間違いだと思います。
許可を得て…いつから飼ってたのか。
檻に入る事は日常的にしていた飼育方法だったのか?
小さい時からとかだと、海外でよくあるように信頼関係のもと、じゃれたりすることもあると思うけど…。
とは言っても遥かに力の強い大きな動物だし通常、檻を仕切って掃除するときは誘導で移動させてって事になるんじゃないのかなぁ。
この熊は…動物園とかで引き取れないのかな。
亡くなった方にはお悔やみ申し上げます。
茨城とは言え取手は千葉との県境でそこそこ東京にも近く、都会ではないけど住宅街の中でも許可を取れば熊が飼えることに驚きました…
本人が責任取ってみられなくなったら許可を取り消すとか、そもそもの認定基準をもっと厳しくするとか、根本的な対策が必要だと思います

まとめ

toridekuma03

報道の映像を見る限り、檻は十分な広さがあるよう見えました。

クマを飼う事ができる裕福なご家庭だったと思われますが、このような事故が起こってしまうと、やはり個人で飼う事の危険性を感じますね。

2016年にも8年間飼っていたツキノワグマに襲われて男性が死亡した事故がありますが、その時のクマは殺処分となったようです。

今後、取手市のツキノワグマはどのような対応になるかはわかりませんが、周辺の人も今回の報道でクマがいる事を知ったと思うので、不安に感じるかもしれません。

亡くなった盛宗一郎さんには心よりご冥福をお祈りいたします。

事件・事故カテゴリの最新記事