クロちゃんが脳動脈瘤の手術を決断するもネットでは批判の声も多数。「番組に金出して貰おうと思ってんだろ」「病気の治療費全部テレビ局持ちだもんな」

クロちゃんが脳動脈瘤の手術を決断するもネットでは批判の声も多数。「番組に金出して貰おうと思ってんだろ」「病気の治療費全部テレビ局持ちだもんな」

12月3日に放送された「名医のTHE太鼓判!」でお笑い芸人のクロちゃんが脳動脈瘤の手術を決断した事を明らかにしました。

ネットでは応援の声も非常に多いものの、中には手術に関して批判的な意見もみられます。

Advertisement

クロちゃん直径7ミリの脳動脈瘤手術を決断

kurotyansyu01

過去には暴飲暴食が原因で、食後血糖値は最大311を示し、「2型糖尿病」など複数種類の疾患が診断され、「いつ突然死してもおかしくない値」と医師から告げられていたクロちゃん。

10月22日に放送された同番組では、新たに直径7ミリの脳動脈瘤が発見されました。

「薬を飲めば治るとかじゃないんですか」

と聞くも医師からは

手術治療しかない

と言われており、脳動脈瘤が見つかった状態で高血糖、高血圧を改善しようとしていない事から明日、明後日に突然死してもおかしくないと告げられていました。

脳動脈瘤自体で診断された余命は3年。

12月3日に放送された番組では、クロちゃんの精密検査に密着。

目の裏に直径7ミリの脳動脈瘤がある事がわかり、この場所は破裂のリスクが非常に高い部分だといいます。

これについてはスタッフからも「撮影とか番組とか関係なく、自分の判断でちゃんと治してほしい」とクロちゃんに決断を促します。

すると、クロちゃんは「手術したいです。親より先に死にたくない」と手術をようやく決断。

クロちゃんには応援の声が多数寄せられましたが、同時に批判的な声も多く寄せられていました。

批判的な声

Advertisement

応援の声も多数

過去のクズ発言が影響か

kurotyansyu02

2型糖尿病などが判明した際は健康のために歩いて帰るとツイッターでアピールをした後にすぐにタクシーに乗る、番組の女医を泣かせる、ダイエットに取り組んでいる姿をアピールしつつ裏ではそば屋で大盛りセットを食べているなど、度々その行動で炎上が続く事もありました。

また、脳動脈瘤が発見された際に、医師もこのままでは手術しかないと説得するもクロちゃんはカメラが回っていないタイミングで

手術前後のギャラと入院中の保証って番組でなんとかなるんですよね?

と、手術を受けるにあたってのギャラと入院中の休業補償についての確認をしていたと報じられていました。

余命宣告されているにも関わらず、このような態度を取り続けていた事からの批判だったと思われます。

脳動脈瘤について

脳動脈瘤は脳の血管の一部が膨らみ弱くなっている部分を指します。

40歳以降に発生する事が多く、血管の強さや血流、血圧も関係しているといわれています。

脳動脈瘤が破裂する事により、クモ膜下出血が起こります。

クモ膜下出血は3分の1の人が突然死し、残りの3分の1の人にも後遺症が残るといわれています。

一度なったら30%の人しか、満足に社会復帰できない恐ろしい疾患であるといえるでしょう。

手術は脳動脈クリッピング術と血管内手術による塞栓術の二種類があります。

脳動脈クリッピング術は入院期間は10日と短く、髪を切ったり剃ったりしなくても良い場合があります。

塞栓術も2日目には入浴も可能で、術後3日か4日目には退院となります。

クロちゃんもいつ手術かはわかりませんが、仕事に支障がなく手術を終える事ができるのではないでしょうか。

まとめ

実際に体が悪くなってからでなければ脅威って感じませんよね。

まだまだ大丈夫と思っていても、気が付けば手遅れだったという事がないように、クロちゃんも手術をし、生活習慣を改善してほしいと思います。

呆れる声も多いのですが、多くのファンからも心配の声があがっています。

今でこそクズキャラが定着しましたが、それまでには色々な苦労があったのではないでしょうか。

しっかりと体調を整えて、また元気にクズな姿を見せてほしいですね!

エンタメカテゴリの最新記事