福田大樹の顔画像は?レントゲン室で小学生女児に下半身触らせた変態放射線技師が逮捕【千葉大学医学部附属病院】

福田大樹の顔画像は?レントゲン室で小学生女児に下半身触らせた変態放射線技師が逮捕【千葉大学医学部附属病院】

千葉大学病院のX線撮影室で小学生の女児にわいせつな行為をしたとして福田大樹容疑者が逮捕されました。

Advertisement

事件の概要

hukudahiroki01

病院のエックス線撮影室で女児に自分の下半身を触らせたとして、千葉中央署は13日、強制わいせつの疑いで、千葉大付属病院の診療エックス線技師、福田大樹容疑者(27)=千葉市中央区星久喜=を逮捕した。調べに対し「ストレス発散のためにやった」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は7日、同病院のエックス線撮影室に入った県内の小学生の女児に自分の下半身を触らせたとしている。女児が同日、母親に被害を話し、母親が同署に相談した。

引用:yahoo

被害にあった女児は小学生の低学年だったそうです。

撮影室では福田容疑者と二人きりで、密室で下着などを脱ぎ陰部を触らせたといいます。

本当に怖い思いをされたと思います。

このような幼い頃の性被害はトラウマとしてずっと残ってしまう事が多いので、福田大樹容疑者は然るべき罰を受けるのはもちろんの事、女児の心のケアもしっかり行ってほしいと願います。

今回は女児が母親にちゃんと言う事ができたので発覚しましたが、これくらいの年齢の子であれば泣き寝入りしてしまう事も多いと思いますので、勇気を出して知らせる事ができたのは凄いと思います。

福田大樹について

報道されている顔画像がこちらです。

hukudahiroki02

名前:福田大樹
読み方:ふくだひろき
年齢:27歳
住所:千葉市中央区星久喜町
職業:放射線技師
勤務先:千葉大学医学部附属病院

福田容疑者は2014年4月から勤務していて、勤務態度に問題はなかったと病院は答えています。

千葉中央署によると「ストレスを発散させるためだった」と容疑を認めています。

小学生の女児は「写真も撮られた気がする」と話していて、警察は福田容疑者のパソコンやカメラを押収し、余罪がないか調べています。

FacebookなどのSNSのアカウントに関しては同姓同名の方が非常に多く、特定には至っていません。

余罪の可能性も?数の女子児童の画像見つかる

捜査関係者によると、押収された福田容疑者のパソコンやスマートフォンに複数の女子児童の画像が保存されていたということです。

警察は他に被害児童がいるかどうかを含め、余罪について慎重に調べています。

女子児童の画像というのが、撮影されたものなのか、ネットで集めた画像なのかはわかりませんが、もし前者であればかなり問題ですね…。

同じ手口で女子児童で強制わいせつを繰り返していた可能性も高くなります。

また、直接児童に対してわいせつな行為をしていなかったとしても、児童ポルノを所持しているだけで罪に問われます。

2015年7月から単純所持が禁止されていますが、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となっています。

Advertisement

強制わいせつ罪の罰則

今回、福田容疑者は強制わいせつの疑いで逮捕されています。

強制わいせつは暴行・脅迫により相手の性器などを触る、自分の性器を触らせる、抱き着く、衣類を脱がせるなどの行為を指します。

被害者が13歳未満であった場合は同意があったとしても強制わいせつ罪が適用されます。

強制わいせつ罪の刑罰は6ヶ月以上10年以下の懲役と懲役刑のみとなっており、比較的思い罰則ではありますが、起訴率は35%ほどで比較的低いといわれています。

示談になる事も多いのですが、女子児童は一生のトラウマになる可能性もあるので、しっかりと罪を償ってほしいと思います。

ちなみに起訴された場合は99%が有罪となっています。

今回の事件においても間違いなく有罪となり、重い罰則が適用されると思います。

千葉大病院の対応

hukudahiroki03

業務中の職員が強制わいせつで逮捕された事を受け、大学と病院は、徳久剛史学長と山本修一病院長の連名で

お子さまとご家族の皆さまに心より深くおわび申し上げます

このような文書をHP上に記載しました。

懲戒処分のための委員会を速やかに立ち上げるとしています。

逮捕された13日正午すぎに事件について全職員にメールで通知し、再発防止へ「倫理教育を再度しっかりと行っていく」と話しています。

ネットの声

医療者としてあり得ない!!
気持ち悪い。
どんなに普段仕事をまじめにしていたとしてもプロとして失格だし、この人の今後がどうなるのか気になるところ。いつかまた技師として働くことがあるなら、女性患者は対応させないで欲しい!
なんか話し聞いただけでも、気持ち悪さを感じる。被害を受けた子はさぞかし嫌な思いをした事でしょう。トラウマになって、これからも男性医師に対する恐怖心が沸き起こるのではないないだろうか。この医師に対して厳しい罰を与えるのはもちろん、被害を、受けた子の心のケアも大切だと思う。
女性の看護婦さんを居合わせてほしい。
健康診断の内科で上半身裸になるよう言われて、おじさん医師1人で嫌な思いした!
看護婦さんが居るのと居ないのは違うんだよ。
あってはいけない事件だけど、千歩譲ったとして、こういうことをして、大問題になることが分からないほど、欲求を抑えられなかったのかといつも思うわけで。
なんか現代社会の闇だと思うわ。
子どもにそんなことするなんて許せない。
X線室とか、MRI室は、撮影の為に下着を脱がなきゃいけないこともあるし、密室の空間に男性と閉じ込められると正直大人でも怖いです。
男性と女性コンビとかで撮影してほしいです。
検査のために女性にも着替えてもらわないといけないし下着も外してもらう必要があるときもある。普通の人はそんな事考えもしないし、このような人のせいで通常の業務に支障が出たり変な目で見られるのは許せない。
Advertisement

まとめ

性犯罪の中でも小児性犯罪は最も治療が困難だといわれています。

小児性犯罪の行為の形態が多岐に渡るため、国内でどれほど起きているかというのは明らかにされていませんが、子供だからこそ声をあげられず表面化しにくい特徴もあります。

しかし、年間に数万件、10万件以上起きている可能性もあるといわれており、かなり深刻な問題でもあります。

とあるクリニックでは小児性犯罪の加害者の6~7割が保育士や学校教員、医師など、なんらかの形で子どもと関わる職業に就いているといいます。

私たちが仕事を決める時は、待遇ややりがいなどを率先して考えますが、小児性犯罪者はどんな形であれ子供と関わる事ができる事を優先に仕事を考えるのだとか。

どちらにしても、性犯罪者の再犯率を半減させる事は重視されていますが、事前に食い止める事に関してはあまり議論はされていません。

というよりも、人権などの観点から見ても事前に対処する事は難しいといえるのかもしれません。

ネットの声では「女性の看護婦さんを居合わせてほしい」など多く聞こえてきましたが、医療機関では昨今、人手不足が深刻であると報道されています。

離職率も高く、リソースを割くことができない可能性もありますし、全ての病院でこれができるわけではないでしょう。

ただ、ホルモン投薬などで小児性愛への対処は可能といわれているので、なんとか被害が出る前に対処できるようになるといいですね。

今回、被害にあった女児も心に大きな傷を抱えたと思います。

このような犯罪が増えないように、対策を国でも検討していってほしいと切に願います。

事件・事故カテゴリの最新記事