misonoの夫Nosukeが「精巣がんによる胚細胞腫瘍」での闘病を告白。どんな病気?生存率は?

misonoの夫Nosukeが「精巣がんによる胚細胞腫瘍」での闘病を告白。どんな病気?生存率は?

2017年7月にmisonoさんはかねてより交際していたNosukeさんと結婚を発表されました。

3日で7回結婚式を行うなど、結婚当時はかなり話題なっていました。

View this post on Instagram

misonoさん(@misono_koda_official)がシェアした投稿

しかし、7回も結婚式を挙げているのに、婚姻届は未提出と報じられており、現在まで籍を入れたという報告はありませんでした。

理由は喪中だからという事ですが、喪中を気にするのであれば結婚式を挙げる事も控えるはずなのですが、何かこだわりがあったのかもしれません。

Nosukeさんが今回、闘病中である事が明らかになり夫として報じられていますが、実際は事実婚状態が継続しているのかもしれません。

精巣がんによる胚細胞腫瘍」という事ですが、どのような病気なのでしょうか。

Advertisement

Nosukeが病名についてブログで発表

nosuke01

体調不良で所属しているバンド「HighsidE」の活動を休止しているドラマーで、misonoさんの夫でもあるNosukeさんが、16日に公式ブログで病名を明らかにしました。

精巣癌による胚細胞腫瘍が胃の下にあります。
直径おおよそ15センチ。とても大きいです。

引用:ご報告です。

回復に向けて闘病しているという事で、かなり衝撃的なお知らせだったのですが、今後は治療に専念していくと公式サイトでも発表されました。

精巣がんと聞くとかなり心配になってしまいますよね…。

Nosukeプロフィール

nosuke02

名前:Nosuke(のすけ)
本名:中村真之介(なかむら しんのすけ)
生年月日:1989年7月16日
出身地:東京都町田市
所属:HighsidE(ハイサイド)

11歳の頃からドラムを始め、16歳の頃にはシンガーソングライターのレコーディング、ツアーのサポートドラマーとしても活動しています。

若いころからかなり腕があったドラマーという事がわかりますよね!

2016年9月には山田優さんの弟である山田親太朗さんの「HighsidE」というバンドに所属しています。

今回発表された事で精巣がんによる胚細胞腫瘍で闘病中という事も明らかになりました。

あまり聞きなれない「胚細胞腫瘍」ですが、どのような病気なのでしょうか。

精巣がんによる胚細胞腫瘍とは

精巣がんは男性ホルモンを分泌する、精子を造る役割のある睾丸の中の精巣にある細胞から発生するがんの名称です。

精巣がんは30%ほどが転移が認められる進行性精巣腫瘍です。

精巣にある細胞から発生する腫瘍を精巣腫瘍と呼びますが、生殖細胞を胚(はい)細胞と呼ぶため、胚細胞腫瘍とも呼ばれています。

また、性腺から他の部位へと紛れ込んだ未成熟の精子または卵子から発生した腫瘍を性腺外胚細胞腫瘍と呼びます。

脳、胸、お腹など体の中心線に沿った部分に発生しやすく、今回、Nosukeさんも胃という事で中心線にそった部分に確認されています。

とは言っても当初は胃が少し荒れて硬直してるんだなくらいに思ってました。

ブログでもこのような記載があり、以前から胃に違和感を感じていたようです。

赤ちゃんの時期に色々な内臓に分化することができる能力を持った原始胚細胞という細胞が悪性腫瘍になったものと考えられており、発生するのは比較的若い層に多く、10代~30代が多いといわれています。

年間10万人あたり1人から3人程度の発生という事から、かなり珍しい腫瘍であるといえるでしょう。

Advertisement

精巣がん、性腺外胚細胞腫瘍の生存率

精巣がんのみでの5年生存率はステージIだとほぼ100%、ステージIIIでも75%と生存率は比較的高いがんであります。

胚細胞腫瘍も同様の数字となっています。

・セミノーマか非セミノーマか
・腫瘍の大きさと発生部位
・腫瘍の他の部位への転移

このような条件で、生存率にも差が出るので一概にはいえませんが、比較的治療が見込みやすいがんといえるでしょう。

以前は縦隔原発非セミノーマの場合の精巣腫瘍の生存率は48%とかなり低い水準にあったそうですが、現在では70~80%ほどの生存率だといわれています。

精巣から発生したと考えられる場合は、精巣の摘出手術が行われます。

そして、進行度や組織型に応じて放射線治療や抗がん剤治療が行われます。

・他の場所に転移していない
・非セミノーマでなくセミノーマ

もし、Nosukeさんが上記の条件に当てはまるのであれば、完治する可能性はかなり高いと思われます。

ネットの声

明るくコメントされていますが、ご本人は心身共にとても辛いはず。病気を治すことに専念し、また元気になられるよう頑張ってください。
俺も精巣ガンになったけど、精巣ガンは転移しやすいけど、他のガンの転移に比べて治りやすいんだよね。抗がん剤治療とかきついと思うけど、ちゃんと経過観察も行えば、末期でなければ完治できるよ。
よく発見できたな
体調不良が出てから検査した感じかな
29歳でガンになるとは思わんな恐ろしい
明るくは振舞ってるように見受けられるけど
本当は物凄く辛く苦しい状況だと思います。
ここで批判するのは訳が違う。
どうか、病気が良くなりますように。
治療に専念してください。
まずは良くなるまで治療専念だな。
まだ若いんだから後の事は完治してから考えても遅くはない。
病気は本人が一番辛いのはもちろんだけど、
傍で見続けるのも辛い。
二人で頑張って、病気を克服してほしい。
ガンを宣告されて平気な人などいないと思います。
明るく振る舞うことで気が紛れるのであれば良いのですが、なるべくストレスを感じないように心掛けて欲しいです。
だから別居婚で妊活はお休みだったんだ。
最初は公表していなかったから、misonoが自分の体調不良や自己都合で別居婚してるんだということにしてたんだね。
長期入院していたらツーショットは見かけないし、追いかけられたら彼の病気のこともバレちゃうからか。
misonoも本当に体調不良で通院しているのかもしれないけど、そう言っておけば1人で病院に行く姿もおかしくないもんね。
頑張れ、2人とも。

まとめ

ドリカムの吉田美和さんと事実婚関係だった末田健さんも、2007年に胚細胞腫瘍で亡くなっています。

胚細胞腫瘍は根治がほぼ不可能という4期、末期がんの事ですが、これが設定されていません。

1~3期に分けられていて、肺や肝臓に転移したとしても治る可能性があるがんではありますが、末田健さんはこの病気で命を落とす事となりました。

そのため、比較的治りやすいといっても過信してはならず、適切に治療を受ける事が重要だと思います。

今回、Nosukeさんがどのような進行具合なのかはわかりませんが、メンタル、フィジカル面ともにかなりの負担がある事と思います。

妻であるmisonoさんもNosukeさんを支え、病気を克服してほしいと切に願います。

エンタメカテゴリの最新記事