地図から消された村「犬鳴村(犬鳴峠)」の伝説が怖すぎる…場所はどこ?過去の事件は?現在も住民はいるの?

地図から消された村「犬鳴村(犬鳴峠)」の伝説が怖すぎる…場所はどこ?過去の事件は?現在も住民はいるの?

日本でも最凶の心霊スポットとしても名高い”犬鳴峠”。

稀代の霊能力者と呼ばれた宜保愛子さんがテレビ番組で犬鳴峠を訪れた時は

ハンパじゃないわここ。帰りましょ

収録を中止するほど危険だと感じた経験もあるそうです。

また、犬鳴峠に訪れた人が帰り際事故にあったり、車を走行している時にバンバンと車を叩かれたりなどの報告も相次いでいます。

心霊写真が必ず1枚は撮影できるなどの噂もあり九州で一番恐ろしい心霊スポットなどとも呼ばれています。

また、心霊だけでなく、その地にはある都市伝説も存在します。

それが「犬鳴村」です。

Advertisement

犬鳴村伝説

福岡県の宮若市と糟屋郡久山町との境を跨いでいる犬鳴峠。

心霊スポットとしても有名な犬鳴峠ですが、それとは別の恐ろしい伝説が噂されています。

それが犬鳴村伝説です。

その内容は以下の通りです。

日本の憲法が通用しない村が存在する

inunakimura01

旧犬鳴トンネルの近くには村があり、外界とは隔離された村で、入り口には「この先、日本国憲法は通用せず」と書かれた看板が立てられている。

これは警告です。

ここから先は何があっても誰も守ってくれないという事を伝えているのです。

日本にありながら、日本の憲法が通用しないという事があり得るのか不思議に思うかもしれませんが、犬鳴村には日本の憲法が適用されない訳があるのです。

地図や行政記録から抹消された村

inunakimura02

犬鳴村は現在の地図に記載されていません。

また、行政記録にも残っていないといわれていて、過去には存在したが、なぜか全て記載が消滅させられているといいます。

あるはずのない村、また、憲法が通用しない村であるという事で、国の管轄下に置かれていない事がわかります。

ここで何が起きても国、警察は関与しないとされており、看板でそれを明確に示すという事は最初から敵意があると侵入者に対して威嚇しているという事になります。

村に通じる道には多数の罠があり侵入すると命を狙われる

inunakimura03

村へ入るためには旧犬鳴トンネルから細い脇道を進む必要があります。

そこには縄と缶などで作られた罠がしかけられていて、それに引っかかると村人が斧や鎌を持って追いかけてくるそうです。

村人たちは自給自足の生活を送っていて、かなり脚も鍛えられているため、逃げるのは非常に困難なのだとか。

縄と缶で侵入者を知らせるという事から、鳴子のようなものであると思われます。

村の広場にはセダンの残骸がある

inunakimura04

昔、島根から旅行に来たカップルが村の付近で行方不明となりました。

犬鳴村の広場には破壊されたボロボロのセダン車があり、ナンバーも島根ナンバーであるという噂です。

これは侵入者がどうなるのか、見せしめとして置いているのだとか。

このカップルも犬鳴村へ興味本位で近づいてしまったらしく、犬鳴村へ向かったのを最後に今も連絡が取れていないといいます。

携帯やスマホは全て圏外

inunakimura05

犬鳴村へ続く道に侵入すると携帯やスマホは全て圏外となり警察に通報する事はできなくなります。

また、運よく村人に追いかけられて逃げきれたとしても、警察はその事件に関与する事はありません。

そんな村はない」と一蹴されてしまうでしょう。

しかし、逃げた後の事はあまり考えなくてもよさそうです。

なぜなら、今まで犬鳴村へ足を踏み入れて、逃げ切れた人は一人もいないそうですから。

差別による迫害の村

inunakimura06

江戸時代からここに集められる人は差別の対象となる人だったといいます。

差別を理由に一般社会から隔離されて今もなおそこに住み続けているのだとか。

また、戦前にはハンセン病など酷い感染症を患った人も集められたという噂もあります。

差別の中で暮らしてきた村人は外との交流を一切絶ち、現在も強い恨みを外界に対して抱いています。

近親相姦を繰り返して存続している

inunakimura07

犬鳴村は自給自足の村で、外から入ってくる人は現在、誰もいません。

どのように村人の数を保っているかというと近親相姦で子孫を残し続けているという噂です。

そのため、先天性の病気や障害を持った人が多いといわれています。

攻撃的な性格もこのような事情によるものという話もあります。

Advertisement

犬鳴の名前の由来

犬鳴峠の由来は近くにある犬鳴山が由来だとされています。

犬鳴の名前の由来については諸説あり、「犬鳴山古実」によると以前は犬啼と呼ばれていて、谷の入り口には久原へ越える道筋に滝があり、狼が滝に行き着いたものの、上へ登れない事を悲しみ鳴いた事が由来とされています。

そこから漢字が転じ、犬啼→犬鳴という名前になったようです。

また、7世紀後半~10世紀頃の律令制時代の頃、稲置(いなぎ)の境界線にあった事から、いなぎ→いんなき→いぬなきと変化していったのではないかという説もあります。

福岡県の筑前方言では犬を「いん」と呼ぶ事から、今も一部ではいんなき峠とも呼ばれています。

犬鳴村の場所はどこ?

福岡県宮若市と同県糟屋郡久山町をまたぐ峠を犬鳴峠と呼んでいます。

心霊スポットで有名なのはこの犬鳴峠にかかるトンネルを指します。

また、犬鳴トンネルには「新犬鳴トンネル」「旧犬鳴トンネル」の二種類があり、心霊スポットは旧犬鳴トンネルの方です。

現在はブロックで封鎖されていますが、この旧犬鳴トンネルの先に犬鳴村はあるといわれています。

このように現在は、何か理由があるのか封鎖されて入れないようにされています。

犬鳴峠リンチ焼殺事件

さて、色々と噂を説明しましたが、実は犬鳴村の噂はどの話も根拠がありません

封鎖されていますが、ブロックには少し隙間があり、人が通り抜けする事は可能でした。

そのような状況でありながら犬鳴村の入口にあるといわれている看板すらこのSNS全盛期に写真が全くあがりません。

その他、グーグルマップの航空写真で確認しても、旧犬鳴トンネル付近に集落がない事が確認できます。

では、なぜここが心霊スポット、また犬鳴村という都市伝説の舞台となったかですが、昭和63年(1998年)に起きた「犬鳴峠リンチ焼殺事件」が原因ではないかと思われます。

この事件は昭和63年12月7日に起きました。

田川郡内に住む当時20歳だったUさんは、地元の高校を卒業後、スチール製造工場に就職。

給料は10万円でうち7万円を母親に渡す優しい方であったといいます。

軽度の障害があり、内気で大人しい青年ですが、熱心に仕事をしていたそうです。

そんなUさんは仕事が終わるといつも車で真っすぐ家に帰るのですが、その日はたまたま信号待ちをしていたところ、以前から面識のあった少年(19歳)を含めた16~19歳の5人の少年と出会います。

少年は彼女とドライブするから車を貸せとUさんに告げます。

Uさんはそれを断り青信号になったと同時に車を発車して逃げますが、運が悪い事に次の信号で赤信号になり、真面目な性格だったUさんは車を停めてしまいます。

少年たちは後ろから追いかけてきてUさんを捕まえると袋叩きにし、謝るUさんの手足を縛りトランクに詰めて移動します。

見張り役の少年が寝た隙に逃亡をはかるも、再度、路上で拉致され、犯人たちはUさんを苅田港にけり落そうとしますが、Uさんは岸壁のフェンスにしがみつき「助けてくれ」と泣き叫びます。

そんなUさんに向かって犯人たちはバールで顔を殴打。

何度も何度も殴られながらも、Uさんのその手は決してフェンスを離す事はなかったそうです。

その後、足がつかないようにUさんを焼き殺そうと犬鳴峠に向かいます。

峠に着いてからもリンチは続き、止める人も出ましたがリーダーの少年は殺して証拠隠滅する選択を選びました。

崖から突き落とそうとするもUさんはガードレールに必死にしがみつき、その手を工具で殴り続けたところ、崖からUさんは落下。

しかし、それでもUさんは生きていました。

少年たちはそんなUさんに更に暴行を加え、最終的にはガソリンを体に浴びせて火をつけました。

ガソリンは大量ではなく0.7リットルほどで、逆に中途半端に燃える事になりUさんは悶え苦しみ息絶えました。

1991年、福岡地裁で行われた控訴審判決において主犯の男は一審で無期懲役を言い渡され、「確定的な殺意はなく、量刑は重過ぎる」と減刑を求めていましたが、「犯行は他に類例を見ないほど残虐。 被告はその中心的な役割を果たしており、責任は重い」としてそれを棄却、他のメンバーも有罪となりました。

このような事件が起き、心霊スポットとして犬鳴峠が語られる事になったのだと思います。

また、その噂は日本でも最凶の心霊スポットといつからか語られるようになり、その付近にある都市伝説として、犬鳴村という存在が噂されるようになったのではないでしょうか。

どちらにしても、過去に凄惨な事件があった事は確かであり、面白半分に行く場所ではありませんね。

犬鳴村は実在していた

1691年から1889年まで現在の福岡県鞍手郡付近に「犬鳴村」が存在していた事は事実です。

しかし、名前の由来でも紹介した「犬鳴山古実」という犬鳴村について書き記している地誌によると、酷い差別を受けていたり、外界との交流を一切絶ち自給自足の生活をしていたという事実は記録されていません。

1889年4月1日に町村制度が施行されると犬鳴村は周辺の村と合併。

それが吉川村であり、そこに併合されていましたが、2006年2月には若宮町・宮田町の合併があり、「宮若市犬鳴」となりました。

では、今でも犬鳴村があった集落が存在しているかというと、残念ながら巨大ダムの建設によって湖底に沈んだとされています。

犬鳴村自体は過去に存在していて、それが合併やダムの建設により、地図などから消えたのは事実です。

それが色々な尾ひれがつき、都市伝説としての犬鳴村ができたのだと考えられます。

では、本当の犬鳴村がどこかというと

こちらの犬鳴ダムが現在ある場所に存在していたといわれています。

また、犬鳴ダムの近くには力丸ダムというもう一つのダムがあります。

ここでも殺人事件が発生しています。

OL強姦殺人事件
1979年7月、一台の車が力丸ダム近くで発見され、 付近の雑木林から福岡県在住のOLの全裸死体が発見された。

犯人の男は中間市を走行中だったOLに 「ナンバープレートが外れている」と声をかけて車を止めさせ、 強引にOLの車に乗り込んで気絶させ、そのまま車で力丸ダムの近くに向かい、 OLを強姦して絞殺した。

犯人の男は逮捕され、無期懲役の実刑判決が下された。

保険金殺人事件
1979年11月、自身の妻に約2億円の保険金をかけたうえで、車ごとダム湖に転落させ殺害する事件が起こった。

犯行当日、犯人の暴力団員の男たちは馴染みのホステスらの誕生会を湖畔で開いており、男は「母親にも料理を食べさせたいので迎えに行ってくれ」と妻を呼び出した。妻は男の知人であるAの運転する車に乗りダムに向かった。

Aは男に雇われていた。Aは車ごとダムに転落し男の妻を殺害した後自力で脱出する手はずだったが、落下の衝撃が強かったため妻と共に死亡した。

警察は当初、交通事故として処理していた。だが、男が莫大な借金を負い生活費にも事欠いていたにも関わらず多額の保険料を支払っていたなどの理由から、保険金殺人に捜査を切り替えた。

翌年、共犯の組幹部とともに逮捕され、この幹部が犯行を全面自供した。男は一貫して無実を訴えたものの、1、2審とも無期懲役判決が下った。1994年に自ら上告を取り下げ刑が確定した。

このような事件も、犬鳴村の伝説と混同されているのかもしれません。

また、「この先、日本国憲法は通用せず」に類似した看板を旧犬鳴トンネル付近で過去に目撃したという話もあります。

今から20年ほど前に、旧犬鳴きトンネルがまだ封鎖されて居なかった頃、友人と二人でトンネルの若宮側出口から右の方へ上って行く細い道があり、その道を200メートルほど車で登って行くと、左手に一軒の農家の様なものがあったのは覚えています。
そこから先へは行ってませんし、その辺りが犬鳴村と呼ばれていたかどうかは分かりませんが、人家があった事は確実です。
また、現在の犬鳴ダムが出来る前にその辺りに集落があって、ダムの底に沈んだとも聞いた事がありますが、本当か嘘かは分かりません。
看板に関しては、『この先何があっても責任は取れません。』という意味の看板は実際にありました。(白い看板に赤いペンキで・・・。)
それも同じく、若宮方面から旧道をトンネルへ登っていく右手の赤い鉄の門の左手に有ったのを覚えています。
日本国憲法がどうとかという事は書かれては無かったと思います。
ただ、その辺りでは、ヤクザ屋さんが死体を捨てに来るとか、警察の管轄外だとかと言う噂はよく聞いていました。

引用:chiebukuro.yahoo.co.jp

こちらの投稿は2010年の投稿になっていて、20年ほど前というと1990年頃ですね。

その頃付近に住まわれていた方が、防犯などでそのような看板を掲げていた事が不気味さを助長させていたのかもしれません。

Advertisement

犬鳴村はいつ有名になった?

以前、日本テレビで「特命リサーチ200X」という番組が放送されていました。

番組公式サイトには視聴者からの調査依頼を投稿できるようになっていて、1999年に犬鳴峠、犬鳴村についての調査依頼があったそうです。

依頼主  匿名希望
タイトル 『日本に在って日本でない村』

依頼内容

福岡県で犬鳴峠という地元ではとても有名な心霊スポットがあります。
私は心霊の類は一切信じないのですが、この地域はどうやら心霊だのなんだの
を抜きにして非常に奇妙な場所のようなのです。

犬鳴峠の、あるトンネルの横に普通では絶対見落としてしまうような畦道があ
ります。その畦道を登っていくとどんどん道は狭くなっていきます。それでも
上っていくと、なんと地図に載っていない村があるのです。畦道の途中には
「この先、日本国憲法つうじません」といった旨の立て札もあるそうです。

ある夜、この村に行こうとした知り合いは、村の入り口(?)にプレハブ小屋を
見つけました。ふと車を止めてそのプレハブを見ていると、いつのまにか4、5
人の男が集まっていて、所謂キレた(イった)目でこっちを見ていたそうです。
彼らはすごい速さで車に近付いてきて、「これはヤバい!!!」と思った知り合
いらは慌てて来た道(村の入り口は急に広くなるためUターンができる)を引き
返したそうですが、車の後ろ部分は、斧のようなものでボロボロにされたそうで
す。

また昼に村に行った別の知り合いは、昼には村には誰もいなくて、ボロボロの木
で戸を打ち付けられた家が何個かあって、広場(?)のような開けた場所に、島
根ナンバーの白い車がグチャグチャになって放置されていたといいます。そうい
えば、以前、この地域で島根のカップルが行方不明になったという話がありまし
た・・・。

また、奇妙なことにその周辺では、どこのメーカーの携帯電話も圏外になるとい
う奇妙な現象も起こります(私のもそうでした。)。また、未確認ですが、そこ
からもっとも近い某コンビニの公衆電話は110番が通じないとのことです。
ある人から聞いたのですがこの村は、警察や国家権力の介入ができない「特別な
んとか保護(?)地域」なんだそうです。たしかに、地元ではとても有名な場所
に関わらず、TV等の取材もなぜか峠止まりなのです。

一説には、この村は江戸時代以前とても酷い差別を受けていていつからか外界と
の接触を一切断ち、その村だけで自給自足し、また女性の絶対数が少ないため近
親相姦を繰り返し、遺伝的に危ない人になったのではという話もありますが、そ
れは単なる憶測に過ぎません。

一刻も早い調査をお願いします。
最近、興味半分でこの地域に行く若者が急増しているのです・・・。

進行状況 未調査

1999年には掲示板の中であまり知っている人はいませんでした。

しかし、一部の人は職場で聞いた、友達に聞いたなどの報告があり、これ以前から人伝いで噂されていたようです。

建設省国土地理院発行の、1/2.5万の地形図には確かに福岡側から旧犬鳴トンネルを抜けたすぐのところから、幅1.5~3.0mの小道が右に延びているそうです。

それを500m程行くと道は二股になっていてそれを左に行くと 更に500m程で行き止まりとなり、そこには畑と一軒の家があったといいます。

また、二股を右に行くとかなり先の方に柳原という地名があり、そこに地図上では家が6軒あったそうです。

これは現在もあるかは不明ですが、当時はこのように集落を確認する事ができたのだとか。

犬鳴村の都市伝説ができた経緯

ここまで出た話をまとめると

犬鳴峠の旧犬鳴トンネルの先には小道があり、それを進むと集落があった。

その集落、もしくは個人宅に「この先何があっても責任は取れません」という看板が存在した。

犬鳴峠自体は心霊スポットとしてかなり有名だった事から、肝試しなどに訪れて脇道を散策したところ看板を発見する人が続出。

近くにあったダムの底に沈んだといわれる犬鳴村と結び付け、”もう一つの犬鳴村”と噂されるように。

犬鳴峠リンチ焼殺事件、また、力丸ダムの事件など、付近で殺人事件が多かった背景もあり村人に襲われる、殺されるなどの噂も徐々に加えられていったのだと思います。

犬鳴村が映画に!?

inunakimura08

監督にマスター・オブ・ホラー“清水崇”!!
本当の恐怖が訪れる・・・
完成前にも関わらず世界中からオファーが殺到!!
映画『犬鳴村』2020年公開決定!!

あなたは、「犬鳴村」を知っていますか?

本日、「あそこはヤバすぎる!」と話題が絶えない日本最凶の心霊スポット「犬鳴村」を舞台に、ホラーの第一人者であり日本最恐の監督・清水崇が描く世界も大注目のホラー作品、映画『犬鳴村』(配給:東映)が、2020年に公開決定いたしました。

常に恐怖体験で名が上がるほどの最凶スポットでもある「犬鳴村」。福岡県の「旧犬鳴トンネル」の先に位置するとされ、「近くの小屋には骸が山積みにされている」「全ての携帯電話が圏外になる」など、日本地図から存在が抹消された村である。単なる都市伝説なのか、すべて真実なのか…!?

引用:toei.co.jp

犬鳴村が映画になるということですね。

日本最凶の心霊スポット「犬鳴村」とありますが、犬鳴村は都市伝説であって心霊スポットではありませんが、犬鳴トンネルの心霊話と犬鳴村の都市伝説を混ぜたような内容を想定しているのでしょうか。

清水崇監督といえば、呪怨で有名ですよね。

海外でも評価されている作品なので、すでに世界中の映画会社からオファーが殺到しているといいます。

プロデューサーは「清水監督の最も強いテーマで勝負したいと思った。作り物でなく、軽くなく、長く続く日本固有の「何か」を。そして「犬鳴村」にたどり着いた。」と話しています。

どのような内容になるのか今から気になりますね。

まとめ

事実は小説よりも奇なりという言葉がありますが、犬鳴峠で実際に凄惨な事件が起きています。

犯人たちの身勝手な行動でいたずらに命を奪われた人が存在するという事は覚えておいてほしいと思います。

現在、旧犬鳴トンネルは以前よりもしっかりとコンクリートの壁で覆われているそうです。

心霊現象よりも生きている人間の方がよっぽど怖いといいますし、心霊スポットで有名になると色々な人が足を運びますよね。

それを狙っての犯罪だってあり得ますし、塞いで正解なのかもしれません。

都市伝説としての犬鳴村はありませんでしたが、犬鳴峠での心霊現象は数多く体験談などが投稿されています。

そして、おぞましい殺人事件が発生したのも事実です。

そのような場所に好奇心から行くのであれば、それなりの出来事があってもおかしくないと覚悟するようにしてください。

心霊に限らず訪れる人を狙う何者かがいるのかもしれませんよ。

オカルトカテゴリの最新記事