【訃報】韓国の扇風機おばさんが死去…。ハン・ヘギョンさんの若いころの画像が美人過ぎる!

【訃報】韓国の扇風機おばさんが死去…。ハン・ヘギョンさんの若いころの画像が美人過ぎる!

扇風機おばさんという衝撃的な名前とその姿がネットで話題となってしばらく経ちますが2018年12月死去されたそうです。

整形を繰り返す前の姿はとても美しかったのも印象的でした。

Advertisement

扇風機おばさん「ハン・ヘギョン」整形依存症に苦しんだ人生

sennpuukiobasan03

誰もが驚く容姿を持つハン・ヘギョンさんは韓国で「扇風機おばさん」と呼ばれていました。

彼女は自身の顔にコンプレックスを抱いており、美容整形でシリコンを入れるようになったそうですが、それから整形する事がエスカレートし、最終的には自宅にある食用油などまで注入するようになったそうです。

このエピソードからかなりの整形依存症になっている事がわかると思います。

韓国のテレビに出演した時には寄付金が集められ2004年に手術が行われました。

手術は17回にも及びましたが、頭部などにまだ大量の遺物が残っていたため、目が開かないほど顔が肥大していました。

韓国の病院ではこれ以上の手術をする事ができないという事で、日本のバラエティ番組「ザ・ベストハウス123」の治療が行われることになりました。

手術を手掛けたのは韓国にも技術指導をし、日本の美容整形業界の第一人者でもある高須クリニック院長・高須克弥さん。

昭和大学のチームとのタッグで、治療が行われました。

sennpuukiobasan04

肥大していた顔がかなりスッキリしたのがわかりますよね!

もし、高須院長が手術していなければ頭の皮が腐ったり、失明、命を落とす可能性があったほど危険な状態だったといいます。

頭部に埋め込まれたシリコンを除去する手術は長時間に及び、240グラムを取り除きました。

扇風機おばさんの名前の由来

扇風機おばさんと聞くと、常に扇風機を付けているようなおばさんかな?なんて思いませんか。

sennpuukiobasan01

一応、ご存じだと思いますが扇風機の形をもう一度見直してみましょう。

細い筒の上に丸い回転する刃が付いていますよね。

扇風機おばさんはその扇風機の形が名前の由来です。

sennpuukiobasan02

身体は細いのに顔だけ大きくなってしまったその姿が扇風機に似ているという事から、扇風機おばさんと呼ばれていました。

美容整形を繰り返す内にお金がなくなってしまい、正規の医者でなく闇医者を紹介してもらってまで整形を続け、騙されて工業用のシリコンを入れられた事もあったそうです。

その手術のお金がなくなると、今度は自分で食用油を注射する整形を続けていたのだといいます。

整形前は美人だった!!

sennpuukiobasan06

元々、ハン・ヘギョンさんの容姿はとても美しく、歌手になる事が夢だったそうです。

20代前半から夜にステージ歌手として活動しており、歌手としての夢を叶える事はできたのですが、美しくなりたい、もっと愛される歌手になりたいという思いから整形を繰り返すように。

整形前の画像を見るとかなり美人である事がわかりますよね…。

整形を続けずなかったら、名が残る歌手になっていたかもしれません。

sennpuukiobasan05

ハン・ヘギョンさんの頭部に溜まっていたのはラジコンなどに使われる工業用のギアオイルだったそうです。

闇医者、自身での注入を続けるほど追い詰められていたそうですが、時には「もっと」という声が聞こえるほどだったといいます…。

副作用で顔は通常の3倍以上に膨らみ、統合失調症などの精神疾患も発症したそうです。

Advertisement

醜形恐怖症

おそらく、ハン・ヘギョンさんは醜形恐怖症だったのではないかと思います。

身体醜形障害とも呼ばれる心の病気で、自分が醜いと酷いコンプレックスを持ち、それを異常だと思ってしまう障害だといいます。

人によって度合いは様々ですが、醜いと感じる以外にもぞっとする、化け物みたいなど、重く捉える人も一定数いるようです。

それが些細な事であっても、本人にとっては重大な問題で、欠点と思われるポイントを治したとしても、あまり満足感は感じないそうです。

見た目や身体の形態が本人にとって「異常」だと思う事は強迫観念に相当します。

美容形成外科手術をしても満足しないのに、それを繰り返してしまうのも、整形をしなければならないという強迫観念ですよね。

行き過ぎた強迫観念が、ハン・ヘギョンさんをあり得ない整形を繰り返させる原因になったと思われます。

2018年12月15日に死去

sennpuukiobasan08

ハン・ヘギョンさんは手術後、ソウル市内にあるノクサン教会内の売店でボランティアとして働いていました。

美しくなるために美容整形を繰り返していたといわれますが、寝ている時間以外常に幻聴が聞こえてきて、注射を打つと幻聴が止まった事が注射を続けた原因だったといいます。

壮絶な人生を送り、扇風機おばさんと呼ばれたハン・ヘギョンさんは12月15日に亡くなりました。

享年は57歳

17日に出棺を終えましたが、その死因については明らかにされていません。

ネットでは、無茶な整形を繰り返した事が原因ではないかと噂されています。

ハン・ヘギョンさん以外にも整形を繰り返していると紹介されている人は多くいますが、ここまでその容姿で衝撃を与えた人は他にいないのではないでしょうか。

元は美しかったハン・ヘギョンさんですが、整形依存症の恐怖を多くの人に伝えたと思います。

ネットの声

元々華やかな顔立ちだったのに。
結果論だけど、やったらやったで後悔、やらなかったらそれはまた後悔だったでしょう。
どうか安らかに。
美容整形を殊更持ち上げて煽っている事にも問題はあるが
失敗して余計に醜くなる例や整形依存症で
自分では美しくなっているつもりでも
周囲はそう感じていない例が多いという事も伝えないと
扇風機おばさんの様な悲劇が繰り返されると思う。
いつかのテレビ番組では若い頃日本で歌手デビューを目指していたとの事で日本語を話していました。前向きに進もうと就職の活動をしていましたね。
大変だと思うけど明るい方だなぁと。
大変な人生でしたね。どうぞ安らかに。
誰もが整形をするといわれる韓国で、その副作用の結果をまるで嘲笑うかのようなあだ名。出演番組は見ていないしいわれは存じませんが、そう呼ばれた本人はどう感じていたのでしょう。
ご冥福をお祈りします。
なんで自分をお化けにしちゃったのかな。
あんな美しい容姿があっても精神的に満たされてなくて、満たされるために更なる美貌へ依存し欲が深まったのかな。
結局、容姿や体型よりも、親や周りの人に愛された自信や、自分の努力で結果や経験を得た自信が自尊心になるんだろうね。
彼女より普通の容姿でも幸せな人はたくさんいる。
一度整形してしまうと更にここも直した方がいいかな、という気分になるそうですね。
そうすると周りからどう思われるかどうかよりも、自分がどう思うか。お金があればちゃんとした整形を受けられたんだろうけど、この人は油とか使ってしまったからなぁ。
せめてお金を貯めてちゃんとした病院でやってたら…
ご冥福をお祈りいたします

まとめ

2016年、世界でもっとも美容処置(外科的、非外科的処置を含む)を行われたランキングが以下の通りです。

1.アメリカ(17.9%)

2.ブラジル(10.7%)

3.日本(4.8%)

4.イタリア(4.1%)

5.メキシコ(3.9%)

現在はどう変動しているかわかりませんが、実は日本って世界3位にランクインするそうです。

非外科手術を含めているので、それもかなりの件数にのぼっていると思います。

外科的処置

1.二重まぶた
2.隆鼻
3.豊胸

非外科的処置

1.ヒアルロン酸注入
2.ボトックス注射
3.脱毛

このような人気順だといいます。

あまりメスを入れる手術は行わず、いわゆる「プチ整形」が人気なのだとか。

国ごとに特徴はありますし、整形自体を否定する気は毛頭ないのですが、扇風機おばさんと呼ばれ苦しみ続けた方理由は整形によるものでした。

しっかりとリスクを把握したうえで、整形をしてほしいと願います。

ハン・ヘギョンさんは本当に壮絶な人生を過ごされたと思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。

海外カテゴリの最新記事