ジャニーズ事務所が山口達也との契約を解除。辞表が受理され解雇になった模様

ジャニーズ事務所が山口達也との契約を解除。辞表が受理され解雇になった模様

yamagutitatuyakaiko

5月2日の会見で、城島さんが山口さんの辞表を預かっていると発表されました。

その辞表が受理されたと速報が入りました。

Advertisement

5月6日、契約を解除するとFAXで発表

自宅で女子高生に無理矢理キスなどをしたとして、強制わいせつ容疑で起訴猶予処分、無期限の謹慎となっていたTOKIOの山口達也さんとの契約を解除するとFAXでジャニーズ事務所から直接発表されました。

内容は

「弊社は、山口達也と契約を解除することとなりますが、事件の社会的な影響や、現在、山口の置かれている状況などを鑑み、彼を育ててきた立場として、社会に責任を果たすために必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行って参る所存でございます」

このように発表されています。

会見の日に辞意の表明を事務所にしていた

ジャニーズ事務所によると、5月2日にTOKIOメンバーが記者会見をした日、山口達也さん本人から事務所に対して強い辞意表明があったそうです。

これを受け、ジャニー喜多川社長とリーダーの城島茂さんが協議をし、山口さんの申し出を受理されました。

今後、TOKIOに復帰する可能性は?

ジャニーズを解雇になって復帰したという例は見当たりませんでした。

例えば反町隆史さんは、元々ジャニーズでしたが素行が悪かったため契約解除となりました。

しかし、その後モデルに転身し、俳優として復帰した過去があります。

山口さんの年齢を考えると難しく感じるかもしれませんが、アイドルとは別路線でいつか芸能界に復帰というパターンは大いにあり得るのではないかと思われます。

今回、事務所のコメントによると、社会に責任を果たすために必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行って参る所存とのことですが、これはもちろん被害者、騒がせた世間に対するものです。

責任の重さを自覚しているとも取れるので、山口さんのTOKIO復帰に関しては今後可能性としては数パーセント程度なのではないでしょうか。

これを受けてメンバー4人がコメント

事務所からは、メンバー4人の連名コメントも同時に発表されました。

「誰のために何をすべきか、それだけを考え続けた日々でした。」

 「僕らメンバー、一人一人の今の気持ちを表現するには言葉だけでは足りませんし、何より、これ以上言葉で語るべきものではないと思います。」

 「自分たちに変えられるものがあるとすれば、それは明日であり、目の前にあることからです。」

 「今一度TOKIOとして原点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰のために、いったい何をするべきなのかをしっかりと考え、前を向いていきたいと思います。TOKIO 城島茂 国分太一 松岡昌宏 長瀬智也」

ネットの声

Advertisement

エンタメカテゴリの最新記事