劇場版名探偵コナンの主題歌を「登坂広臣」が担当と発表され賛否両論の声「ガッカリ」「世界観ぴったり」

劇場版名探偵コナンの主題歌を「登坂広臣」が担当と発表され賛否両論の声「ガッカリ」「世界観ぴったり」

名探偵コナン 紺青の拳の主題歌は「登坂広臣」が担当

konantousaka01

4月12日公開の劇場版「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」の主題歌アーティストが三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカル「登坂広臣」さんに決定された事が発表されました。

主題歌自体は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE名義ではなく「HIROOMI TOSAKA」名義のソロプロジェクトとして担当されるようです。

曲名は「BLUE SAPPHIRE」。

映画「名探偵コナン 紺青の拳」主題歌のオファーを頂き、長年にわたり日本のみならず、世界中にも多くのファンの方々がいる作品の主題歌を担当させていただけるという事で、大変光栄に思います。「コナン」という作品自体は子供の頃から良く見ており、僕に限らず、同世代や年上の人たちにとって、青春時代をともに過ごしたアニメです。今作の「紺青の拳」のストーリーの世界観、各登場人物の内に秘めた想いなどをテーマに楽曲を制作しましたので、観ている人達の心に疾走感を与えられたらと思っています。

登坂広臣さんはこのようにコメントを残しています。

主題歌は予告映像で聞くことができます。

劇場版名探偵コナンの公式Twitterで予告映像を解禁したところ、1日経たない内に約3万RTされるなど、かなり注目を集めています。

しかし、そのTwitterに対してファンから批判的な声もあがっており、主題歌については賛否両論となっているようです。

Advertisement

批判的な声

Advertisement

好意的な声

映画について

konantousaka02

名探偵コナン 紺青の拳は2019年4月12日公開予定で、シリーズ23作目の劇場版作品となります。

キャッチコピーは

「Never let you go… “もう決して、あなたを離しません──”」

「真実VS奇術VS蹴撃 雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」。

第19作以来、4作ぶりに怪盗キッドが登場し、キッドファン待望の映画となっており、劇場版初となる外国を舞台とした作品です。

主題歌について賛否はありますがコミックナタリーでは米倉功人プロデューサーのコメントも掲載されており

映画の舞台となる、高層ビル群の夜景が綺麗なシンガポール、マリーナ・ベイ。照射されるレーザーライトや水と光のショー。このような迫力ある舞台で、コナン・怪盗キッド・京極真たちの壮絶な謎解きとアクションに合う楽曲を…と考えていた時、日本を代表し世界に向けて活躍される、三代目J SOUL BROTHERSのボーカルである登坂広臣さんに!と思いました。シナリオを熟読頂き、本当にキャラクターに寄り添い、舞台設定にピッタリと合わせて頂けた疾走感溢れる楽曲です。…主題歌タイトルまでも劇中のキーアイテムとなる「BLUE SAPPHIRE」と。感激です!

映画の内容に沿って検討した結果、選出された事を明かしています。

注目されているからこそ批判の声も多く見受けられるとは思いますが、シナリオを目にした上で才能溢れるアーティストが制作しており、プロデューサーも太鼓判を押す楽曲となっています。

先入観を持たずに楽曲も含めて一つの作品として見てほしいですね。

漫画・アニメ・ゲームカテゴリの最新記事