深井広章の顔画像は?さいたま市母親殺人事件、背中を果物ナイフで刺した動機は?

深井広章の顔画像は?さいたま市母親殺人事件、背中を果物ナイフで刺した動機は?

75歳の母親が48歳の息子に果物ナイフで刺され死亡する事件が起きました。

この事件で息子の深井広章容疑者が殺人容疑で逮捕されました。

なぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか。

Advertisement

事件の概要

報道されている事件の概要は以下の通りです。

hukaihiroaki01

さいたま市で、75歳の母親の背中を刃物で刺して殺害しようとしたとして、息子が逮捕されました。母親はその後、死亡が確認されました。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、さいたま市北区の無職・深井広章容疑者(48)です。

深井容疑者は22日午後7時半ごろ、自宅アパートで母親の芳子さん(75)の背中を果物ナイフで複数回刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。

警察によりますと、深井容疑者から「母親を殺した」と110番通報があり、警察官が駆けつけたところ、芳子さんが血を流して倒れていたということです。芳子さんは病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

深井容疑者は芳子さんと二人暮らしで、調べに対し「刺したのは間違いない」と、容疑を認めているということです。警察は容疑を殺人に切り替え、動機などを調べる方針です。(23日10:27)

headlines.yahoo.co.jp

母親の芳子さんと深井広章容疑者は2人暮らしだったといいます。

母親を殺したと通報し、容疑も認めている事から本人の犯行である事は間違いなさそうです。

深井広章について

現在、顔画像などについては報道されていません。

名前:深井広章
読み方:ふかいひろあき
年齢:48歳
住所:埼玉県さいたま市北区植竹町
職業:無職

FacebookやTwitterなどのアカウントも調べてみましたが本人と断定できるものはなく、SNSをしていないのかもしれません。

犯行動機は?

現在、警察が犯行の動機について捜査を進めています。

そのため詳しい報道はされていませんが、ネットなどでは深井容疑者が無職という事で、それを注意した事がきっかけだったのではないかと予想する人が多いようです。

また、介護疲れや認知症の可能性を指摘する声もありました。

どちらにしても、収入源が乏しい中での生活から、何らかの理由があり犯行に至ってしまったものとみられています。

Advertisement

ネットの声

お母さん… 子どもの頃はきっと一生懸命に育てたことでしょう
48歳にもなった無職の息子に背後から刺し殺されるなんて無念でしょうね
何十年後の自分に重なる
なんとか子供を自律させないと

仕事も結婚もせず…
考えたらゾッとする

お母さんは沢山のご苦労があったと思います…
48歳の無職の息子に散々苦労を掛けられた人生だったんでしょうね。それでこの終わり方…ご冥福をお祈りします。どうか来世は幸せになって下さい。
(ため息)無職で、母親の年金で生活していたとしたら
…その母親を殺害して、この先どう暮らすつもりだったのでしょうか。このような事件はこの先も増えそうですよね。何か対策必要と思います。
この頃、高齢の親を、無職の中年子供が暴力したり、殺したりという事件を聞くことが増えたように感じます。働かず、親のお金にぶら下がって生活する中年子供。うちにも子供がいますので、どこかの段階で、親も切り離さないといけないのかな、と考えさせられます。
もう職業見てやっぱりとしか思わなかった。
この48歳の無職の犯人は、今後どのように生きていくんでしょうね
母親に仕事探せって注意されたからキレたんだと思う。どら息子だと思う。厳しい制裁が必要だと思う。
最近母親を殺す事件が多いですね、一番子供を可愛がって居た筈ですよね、幾ら不満が有っても子供は大人に成っても母は母ですからね。
母が居なくなり、今後刑を服しても母を殺してしまった後悔がきっとあると思います。有って欲しい
こんな事件がある度に思うけど、この息子は、成人になるまで、どんな育てられ方をしたのか、私はそれが知りたい。
もちろん親殺しは重罪で、弁解の余地はないけれど、息子だって子供の頃に、こんな悲惨な未来が待っているなんて、夢にも思っていなかったと思う。
それとも、子供時代虐待とか放置とかされていたのかな。
多分続報を待っても、働けと言われて、カッとなったとかしか出ないんだろうけど。
どんなに腹が立つ事があっても暴力を振るうことだけはグッとこらえなければならない。まだ物に当たった方がマシです。息子さんも若くない事だし仕事につけない焦りとかあったと思いますが、うまくいかない時は
解決策を考えて考え抜く事が大切だと思います。
きっと何かが見えてきますから..
現在の日本は世知辛くて何かと生きにくい弱肉強食の社会です。
わかります。
話し相手は母親だけで、煮詰まっていたのかな。
お互いにストレスがたまって、喧嘩になるのは必至。
独居老人だと、何かと行政が世話してくれるけど、
子供と同居だと、福祉等は介入しないから、
これからも、この手の事件は増えていくでしょうね。
幾つになっても息子が可愛いし、無職でも年金でギリギリでも側に居てくれて生活出来てたらそれで良かったのか、それとも年金をむしり取られて苦労してたのか。どちらにしても親子の縁はなかなか切れないし、その家庭にしか分からない事もある。今の時代他人事ではない気がする。

まとめ

うつや引きこもり、日雇い労働などを続けた事により40代の無職が急増しているといいます。

また、就職氷河期と呼ばれた時期を過ごした若者も現在は40代前後となり、就職活動が困難だった弊害もでてきているようです。

若年非正規労働者(25~34歳)の相対的貧困率が、23.3%と5人に1人であるのに対し、壮年男性(35歳~44歳)では3人に1人(31.5%)であるという調査結果もあります。

今後、介護などの問題が表面化する頃には自身の生活が立ち行かないという人も増加していくものと思われます。

今回の母親殺人事件も今の日本の問題を象徴するものなのではないでしょうか。

しかし、70代を過ぎても子供を養ってきた母親がある日、突然、息子に命を奪われるというのは本当に悲しいです。

亡くなられた深井芳子さんには心よりご冥福をお祈りいたします。

事件・事故カテゴリの最新記事