【炎上】ZOZO田端信太郎「おーい、ブスども聞いてるか?」←典型的な炎上商法だった事が発覚

【炎上】ZOZO田端信太郎「おーい、ブスども聞いてるか?」←典型的な炎上商法だった事が発覚

度々、Twitterで炎上する田端さんの発言ですが、それが炎上商法であった事が発覚し波紋を呼んでいます。

Advertisement

ZOZO田端氏のツイートが炎上

こちらが炎上したZOZOのコミュニケーションデザイン室長の田端信太郎さんのツイート。

NIKE、NORTH FACEなどがZOZOから撤退するというニュースが報じられる時期とツイートが被っており、それに加えて責任がある立場の方がこのようなツイートをしていた事に対して批判の声が集まりました。

zozot01

ZOZOの2019年3月期第3四半期決算説明会資料ではアクティブ会員属性の男女比が掲載されています。

女性の利用者が圧倒的に多く、実に半数以上が女性であるという事です。

ファッション、女性顧客を多く抱える企業のブランディング、広報などを担当する立場としては軽率な発言だったと言えるでしょう。

炎上商法だった事が発覚

株式会社GO」の三浦崇宏さんのツイートによると、外資系金融機関出身で同社の役員でもあるファイナンス担当の松浦由紀さんをインフルエンサーにする意向があるとの事でした。

これの指導者的な立ち位置として就任されたのが田端信太郎さんであり、今回の過激な発言のツイートも炎上商法の一環であった事が伺えます。

松浦由紀さんのアカウントを確認すると「2018年11月に登録」と記載があります。

ツイートを開始したのは先月末からのようで、僅か1ヵ月でフォロワーが1万人を超えるなど、かなり出足は好調な様子。

しかし、田端さんが引用ツイートした内容についてはかなり批判の声が集まっている状況です。

Advertisement

ネットの声

まとめ

駅ホームに以前、「R25」というフリーペーパーが置かれていたのを覚えていますか?

その人気は異常なほどで、専用のラックが設置されたり、R25目当てで混雑が起き、朝を過ぎると1冊も残っていない状況などが頻発した伝説的なフリーペーパーですね。

そのR25の創刊者だったのが田端さんです。

その後は旧ライブドアのメディア事業責任者、LINEのマネタイズを担当するなど、田端さんは言うまでもなく他に類をみない天才である事は間違いありません。

自信のマーケティング論を徹底的に貫徹するからこそ、炎上マーケティングを戦略の一つとして積極的に取り入れているのだと思いますが、20万人に迫るフォロワーを持つ田端さんの影響力はかなり大きいですよね。

本来であれば田端さんの発言と直接的にZOZOは関係しないにも拘わらず、所属会社に対しても影響を及ぼしてしまうほどに注目されているという事からもいかに発言力があるかがわかります。

1年も経てば忘れる人も多いので長期的に見ると炎上商法が有効だとしても、故意に炎上を誘う事について世論は批判的です。

今後、どのようなブランディングをしていくのかにも注目が集まります。

ネットカテゴリの最新記事