谷口正一の顔画像は?大阪熊取町の放火夫婦殺人の犯人。犯行動機が酷すぎる…

谷口正一の顔画像は?大阪熊取町の放火夫婦殺人の犯人。犯行動機が酷すぎる…

2018年12月に大阪府熊取町小垣内で住宅火災が起き、夫婦2人が死亡しました。

この事件は放火であり、犯人の谷口正一容疑者が逮捕されました。

Advertisement

事件の概要

tanigutisyouiti02

事件が起きたのは昨年の12月6日午前0時5分頃です。

大阪府熊取町小垣内3丁目にある民家から出火したと近隣住民から119番通報がありました。

この火事で木造平屋建てが半焼。

中から80歳の佐々木良雄さんと妻の勝子さんが心肺停止状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認されました。

佐々木さん夫妻は2人暮らしで、2人とも火事の時には寝室で寝ていた状態だったといいます。

現場検証の結果、外壁付近の燃え方が激しかったため、府警は放火の可能性があるとみて捜査を進めていました。

周辺の聞き込みなどを続けたところ、以前、現場の近くに住んでいたことがある谷口正一容疑者が浮上し、放火した事を認めたため、逮捕に至りました。

夫婦の死亡原因は二人とも一酸化炭素中毒でした。

谷口正一について

こちらが谷口正一容疑者の顔画像です。

tanigutisyouiti01

tanigutisyouiti03

名前:谷口正一
読み方:たにぐちしょういち
年齢:68歳
住所:不定
職業:無職

現住建造物等放火の疑いで逮捕されています。

事件当時は大阪府南部の商業施設などを転々として生活していたということです。

現場近くには谷口容疑者の実家があったが、7年前に火事で焼失しているそうです。

昨年6月ごろまでは大阪府泉佐野市で男性と同居していて、男性が経営する飲食業やリサイクル業を手伝っていたといいます。

現在は無職で、年金で暮らしていたとのこと。

生活を共にしていた男性は「放火事件で逮捕されるような男には見えなかった」と話しています。

事件の現場

事件現場は大阪府熊取町小垣内3丁目の民家です。

住宅に隣接するガレージ小屋が出火元であり、ここに谷口容疑者が何らかの方法で火をつけたとみられています。

Advertisement

放火の動機が酷すぎる…

谷口正一容疑者は警察の調べに対し

やったんやろなぁ。間違いない。むしゃくしゃしていたから

と答えています。

夫婦2人の命を奪う行為をした動機がむしゃくしゃしていたからというのは、あまりに酷すぎますよね。

動機がしっかりしていればいいという訳ではありませんが、あまりに軽はずみな行為であり、許される事ではありません。

体がやや不自由な良雄さんを勝子さんが介護し、生活していたといいます。

急にそのような生活が奪われる事になり、佐々木さんご夫妻も本当に無念だったと思います。

現住建造物等放火の科料

現住建造物等放火罪は人が現に住居に使用しているか、または現に人のいる建造物等を放火する犯罪です。

法定刑は重く、死刑、無期懲役、5年以上の有期懲役と規定されています

今回、夫婦2人を死亡させたため、法律的には放火、殺人という2つの犯罪に触れる行為です。

しかし、放火罪も殺人罪も「死刑又は無期若しくは5年以上の懲役」となるので、観念的競合の法定刑も同様になります。

現住建造物に放火して人が死亡したときは、殺意のある場合、殺意のない場合、いずれの場合においてもこれは変わりません

ネットの声

火災の一番の原因は放火・不審火と聞くが、人命を奪うことがあるので決してやってはならないことだと思う。それに今回の放火の理由があまりにもふざけているので憤りを感ずる。
それなりの厳しい処罰を科すべきと思う。
放火犯は、むしゃくしゃしたから火をつけたとよく言うが、何故なのか。

騒ぎにして楽しみたいのか、
誰かを困らせたいのか、
火を見ると落ち着くからなのか、
人を殺したいのか。

勝手な感情で他人を巻き込むってなんなの?70代、80代まで頑張って生きてきて、こんな最期をむかえるとは…。
放火による殺人はかなり罪が重い。
場合によっては死刑の可能性もある。
この犯人も高齢なのに余生は刑務所で終わとは。
ほんとに愚かだわ。
現住建造物放火と、放火殺人の二つは
量刑判断が最も重い犯罪の部類です
それを二つも犯して複数人を死なせた
動機も身勝手で悪質です
死刑になっても、おかしくは無いでしょう
結局犯罪を起こす人と言うのは、自分の身に起きた不幸は、すべて他人のせいにする傾向があるね。
自分が悪かったと思える人なら、そんなにむしゃくしゃもしないだろうけどね
むしゃくしゃして居たと言う理由で放火をするか!?
呆れた言い訳をしているがもっと違う理由が有るのでは無いだろうか?

まとめ

放火は癖になりやすい犯罪といわれています。

しかし、放火をする人は普段は気が弱く、ストレスと上手に付き合えない人が多いともいわれています。

よく放火犯が使うのが「むしゃくしゃしていた」という言葉です。

ストレス発散の方法で放火を選んでいる訳ですが、周囲からすれば本当にいい迷惑ですよね。

しかも、今回は2人の命まで奪っています。

7年前に実家が火事で焼失しているという事からも、本人が火をつけたのではないかと勘繰ってしまうような内容ですよね…。

かなり重い量刑が科されるかとは思いますが、しっかりと罪を償ってほしいと願います。

亡くなられた佐々木良雄さん、勝子さんには心よりご冥福をお祈り致します。

事件・事故カテゴリの最新記事