柴田広幸の顔画像、妻、子供は?山形県両親殺害事件、無職の長男が父親を殺害。犯行の動機は?

柴田広幸の顔画像、妻、子供は?山形県両親殺害事件、無職の長男が父親を殺害。犯行の動機は?

山形県朝日町の住宅で夫婦の遺体が見つかった事件で45歳の長男、柴田広幸容疑者が逮捕されました。

Advertisement

事件の概要

sibatahiroyuki01

事件が起きたのは2月27日~3月2日のことです。

山形県朝日町新宿でアルバイトの柴田節男さん、妻幸子さんが自宅で死亡しているのを2日午前10時すぎに娘が発見しました。

警察に通報した際に自宅にいたという事で、同居する長男で無職の柴田広幸容疑者が殺人の容疑で逮捕されました。

自宅1階の寝室で節男さんの首をひものようなもので絞めるなどして殺害したとみられています。

また、幸子さんの死亡にも関与しているとみて捜査が進められています。

調べに対し「今は話したくない」と供述を拒んでいます。

逮捕された長男は、子育てなどをめぐり両親との間にもめ事があったとみられています。

柴田広幸について

sibatahiroyuki02

こちらが報道で公開された柴田広幸容疑者の顔画像です。

卒業アルバムの写真でしょうか?

sibatahiroyuki05

また、新しい報道でこちらの画像が公開されていました。

名前:柴田広幸
読み方:しばたひろゆき
年齢:45歳
住所:山形県朝日町新宿

柴田広幸容疑者の家族構成は両親と妻、娘2人で山形県朝日町の自宅に住んでいたそうです。

柴田広幸容疑者は28日の午前3時頃に「父が病気で倒れた。母も付き添わなければならず、しばらく休ませてほしい」と夫婦がアルバイトをしている新聞販売所へ電話をしており、遺体の発見を遅らせるための偽装工作を行っていた事も判明しています。

犯行現場は?

sibatahiroyuki03

報道された写真から近隣をストリートビューで確認したところ

山形県西村山郡朝日町新宿972−43

こちら付近の住所が事件の現場であるようです。

柴田節男さん、幸子さんについて

sibatahiroyuki04

遺体を発見したのは娘、柴田広幸容疑者の妹でした。

柴田さん夫婦は息子夫婦とその子どもの6人暮らしだったといいます。

節男さんは72歳、幸子さんは68歳でした。

夫婦ともに新聞配達のアルバイトをしていたそうです。

また、節男さんは日中はタクシー運転手としても仕事をしていたそうです。

その理由は家計を支えるためだという事です。

柴田節男さんは1階北側の寝室、幸子さんは1階南西側の寝室でそれぞれ死亡していました。

いつ戸建てを購入されたかはわかりませんが、住宅ローンが残っているからタクシー運転手として仕事を続けさせてほしいと会社に頼んでいたようで、柴田広幸容疑者の生活についてもずっと悩んでいたようです。

Advertisement

犯行動機は?

調べに対し、広幸容疑者は、家族構成や生い立ちなどについては語り始めたものの、事件の核心については「話したくない」と供述を拒んでいます。

節男さんは定職につかない広幸容疑者の事を日々、嘆いていたといいます。

また、幸子さんは「息子は家に閉じこもって働く気が無い。死んだ方がいい」と周囲に不満を漏らしていたといいます。

両親は家計を支えるために定年を過ぎても仕事を続けていたので、我慢の限界を迎えてしまったのではないでしょうか。

そのような中で言い合いとなり、突発的に殺害してしまった可能性が高いとみられます。

おそらく、働けという言葉や、周囲へ漏らしていた「死んだ方がいい」などの言葉を向けてしまったのかもしれません。

現在、詳しい動機などについては明言を避けている状態ですが、家族構成や生い立ちなどについて語っているという事なので、幼いころから何か問題を抱えていた可能性もあります。

同居していた他の家族は?

事件当時、家には柴田さん夫婦以外の家族もいたと報じられています。

”家族”という事なので、妻や広幸容疑者の娘もいたのかもしれません。

28日に偽装工作をしている事から、広幸容疑者が犯行に及んだのはその前後であると思われます。

事件が発覚したのは3月2日という事ですので、少なくとも2~3日は発見までに猶予があったのではないでしょうか。

その間、同居していた家族が事件を知る事がなく過ごしていたというのは考えにくいので、何かしらの事情を広幸容疑者の家族も知っているのではないでしょうか。

犯行後、家族はどこで生活をしていたのでしょうか。

この点にも多くの疑問が持たれています。

ネットの声

どんな親だったのか、他人からは分からないけど、まともな親だとしたら、子供が生まれた時にどんなに喜んだか。夜泣き、おしめ、大変だったろうけど、かわいくてしょうがなかったろうに。

親がかわいそうだなと思うだけ。

両親が新聞配達と年金で一家の生活費を賄っていた
ようですね。無職のぐーたら息子に嫌味を言って
逆ギレされたんでしょうね
子供が2人居て無職、その妻も働いて居ないで両親の働いて居たお金で生活して居たのか・・信じられない
無職では困ると両親が追いつめたのかな?当たり前の注意と感じますね。逆上して親を殺すなど真面な人間では無いですね。経過を見守りましょう本当の理由を
70歳前後の両親が45歳無職息子夫婦と孫2人の生活を支えていたなら
老夫婦は相当きつかっただろう?亡くなった老夫婦もそうだが孫も
可哀想だ。全ての元凶は45歳の息子だが、嫁さんは何故すぐ通報しなかったのだろうか?
働き盛りの45歳息子が無職。高齢の両親が家計の足しに新聞配達していた。それだけでも許せない構図なのに、両親を殺害してアリバイ工作までするとは…。せめて息子の嫁がしっかりしていたらと残念でならない。
突き放しは親の愛だよね
成人した時点で援助なしの1人暮らしをさせるべきで、
収入も安定し責任ある人間になったら親の面倒を見るために
同居もありだが、無職でパラサイトした挙句に親を殺すとか救えない
これだったら、初めから存在してないほうがよかったな

親御さんの冥福を祈る

でもこの犠牲になった72歳の父親も、早朝に新聞配達して、昼間はタクシー運転手の仕事など大変だったね!
それを見ながら、結婚して嫁と子供もいる45歳の息子が仕事もしないで家にいるなんて!!
殺されたオヤジさんやおふくろさん、子供達が可哀想

2人の子供がありながらまともに働かないって最悪だな

新聞配達してまで家計を支えて殺されたじゃ浮かばれないわな

どこの家庭も多かれ少なかれ問題はある。ここの家庭は長男がなぜ働かず引きこもりがちになってしまったのかが問題だったかと。
でも亡くなった方に申し訳ないけれど、母親の息子に対して『死んだ方がいい』は言い過ぎじゃないかなあ。新聞配達で家計を支えるのが大変だっただろうが・・・
今後、孫たちが心配だ。
Advertisement

まとめ

家族間の殺人事件は年々増えているといわれています。

20歳から64歳が起こす殺人の理由で一番多いのが介護疲れであるといわれていますが、無職が親を殺すという事件もかなり増えています。

昔よりもも社会との関わりが薄くなったため、一般の殺人事件は減っているといわれています。

しかし、それと比例して身近な家族の間での殺人事件が増えているのかもしれません。

この事件の背景にはどのような思いがあったのでしょうか。

詳細な動機について捜査が進展する事を祈ります。

また、亡くなられた柴田節男さん、幸子さんには心よりご冥福をお祈りいたします。

事件・事故カテゴリの最新記事