新潟の高校生暴行事件の動画は?高校は「青陵高校」。リンチしていた加害者の名前や顔画像なども特定される

新潟の高校生暴行事件の動画は?高校は「青陵高校」。リンチしていた加害者の名前や顔画像なども特定される

seiryoukoukou01

新潟青陵高校で複数人が1人の生徒に対して殴る、蹴る、壁に叩きつけるなどの行為をしている動画が拡散されました。

その事件で暴行をくわえた4人が傷害の疑いで逮捕されました。

Advertisement

問題の動画は?

YoutubeやTwitterに現在も動画が掲載されています。

動画の内容は新潟市中央区の遊歩道で男子生徒が暴行を受けている様子を撮影したもの。

かなり強い勢いで壁に顔面を叩きつけられたりなどして、流血している様子も見受けられます。

動画には被害生徒を含めて11人が映っていましたが、警察は総合的に判断した結果4人を逮捕するに至りました。

ネットでは特定の動きも動画が話題になった後から加速しており、主犯格であった人物の名前や顔画像などの特定も進んでいます。

こちらでは掲載は控えますが、今後もそのような動きが加速する可能性は高いといえるでしょう。

動画が撮影されたのは2月15日で、インスタグラムで投稿、配信していた事から発覚しました。

暴行が起きたのは青陵高校

新潟市中央区の私立新潟青陵高校(全校生徒1010人)1年の男子生徒2人が同級生らから蹴られたり殴られたりする動画がインターネット上に拡散した問題で、新潟県警は6日、いずれも同市内に住む16歳の男子高校生2人と無職少年2人の計4人を傷害容疑で逮捕した。

引用:mainichi.jp

報道でも高校名の記載がありますが、事件が起きたのは新潟青陵高校です。

新潟日報の取材によると暴行に関わった生徒については、1人が退学の意思を示し学校側が受理したという事です。

また、保護者に向けた説明会の中で「関わった程度によって処分を決める」と発表があったとのことです。

4人は「けがをさせたことは間違いありません」と容疑を認めています。

Advertisement

ネットの声

関与した生徒全てを検挙しなければ駄目ですね
4人のみで終わらせば、又後から暴行含め再発します
全員を退学や施設に送り込む事が重要と考えます。
総合的に判断した結果、逮捕されたの4人なの?は?被害生徒2人をその他多数で暴行したのに?
怪我の程度とかが大したことないからとか、そういう理由?
いじめを通り越して犯罪に加担したんだし、ほとんど無職少年なら学校との云々とか関係ないでしょ。
もっと厳しく処罰して、今後さらに起こってしまうであろう似たような事件を防ぐ役割として全員逮捕されたほうがいい。
最近は逮捕からの損害賠償請求の流れになってきていますね。

最高だと数千万で認められているようです。

面白半分にいじめている子供達にとっての抑止力になることを期待したい。

この4人の逮捕は第一歩であって欲しいですね。
その場にいた加害者は全員何かしらの罪を与えるべきじゃないかな。
傍観者も罪でしょうが言えない立場というのもよく解ります。
なので罪の重さに強弱をつけていいと思いますね。

あとこういうガキんちょは治らない。結局は多額の賠償金を請求して残念ですが家族一体となって償ってもらうしかないですね・・・。

昔は、悪いことを隠れてやる人がいたが、
今は、悪いことを静止画や動画で公開する人が多い。
どこまで頭のネジが飛んでいるのやら。

傷害罪、集団暴行について

今回、逮捕された4人の容疑は傷害罪です。

こちらは15年以下の懲役または50万円以下の罰金と定められています。

また、集団で個人に暴行を加えた場合、現場にはいたが暴行には加わらなかった場合でも共謀があったなら共同正犯、もしくは刑法第206条の「現場において勢いを助けた者は、自ら人を傷害しなくても、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。」が適用される場合もあります。

その場にいて、手を出さなかったからといって責任がない訳ではありません。

その場にいて行為を楽しんでいたり、計画に加わっていた時点で同罪であるといえるでしょう。

まとめ

いじめられた男子生徒の心の傷、学校への風評被害、かなり大きな問題を起こした事を本人たちは認識しているのでしょうか。

いじめという言葉では片づけられない集団リンチであり、非常に悪質な行為です。

また、それを自己顕示のためにSNSに投稿する事にも疑問を感じますね。

青陵高校の校訓は「至誠」ということです。

誰に対しても誠実にまごころをもって接することを大切にしているという事でしたが、ぜひ校訓を学校側も、もう一度よく受け止めて頂きたいと切に願います。

また、逮捕された生徒はもちろん、その場にいた生徒もしっかりと反省してほしいですね。

事件・事故カテゴリの最新記事