【神奈川県横浜市】苺好きのための楽園!東京ストロベリーパークで1年中イチゴ狩りできるぞ

【神奈川県横浜市】苺好きのための楽園!東京ストロベリーパークで1年中イチゴ狩りできるぞ

tokyostrawberrypark1

2018年4月29日、苺好きの人には夢のようなテーマパークが開園しました。

その名も「東京ストロベリーパーク」。

一年中、イチゴ狩りができるとして話題になっていますがどのような場所なのでしょうか。

Advertisement

東京ストロベリーパークとは

4a67bfa8064c6decda92e02ff907bd5a

東京ストロベリーパークはイチゴの魅力が詰まった新しい形のテーマパークです。

イチゴに触れ、見て、味わえる体験ができ、立地は東京湾沿いの工業地帯にあるため、まだ知らない、行ったことがない人も多いのではないでしょうか。

しかし、都心にほど近い横浜で365日イチゴ狩りができる初めての施設なんです。

365日イチゴが狩れる?

31206422_386873561789891_7525194362322419712_o

なんといっても最大の魅力は一年中イチゴ狩りができるところ!

オール電化なので一年中温度管理ができ、床はコンクリートで歩きやすく靴が汚れる心配もありません。

空調も効いているし、通路が広いのでベビーカーや車いすの方でも安心してイチゴが狩れる快適な環境なんです。

広さは約3000平方メートルと広大で、園内では現在4品種2万株のイチゴが育てられているそうです。

しかし、現在はまだ生産量に限りがあるということで完全予約制でのイチゴ狩りになっています。

また、イチゴの状態をしっかり管理してその日に一番美味しく食べられる品種を提供するので、何が食べられるかは当日のお楽しみなのだとか。

イチゴスイーツが楽しめるICHIGO LAB.

イチゴ狩り以外にもスイーツを堪能することもでき、こだわりチョコとイチゴのできたてスイーツも提供されています。

31277554_387292405081340_1065175610512375808_n

31355913_387294235081157_6409587868590669824_n

イチゴのチョコや、ソーセージの代わりにイチゴを挟んだイチゴホットドックなど10種類のスイーツがあります。

スイーツだけでなくビュッフェも備えていて、イチゴのチョコレートファウンテンなど、こちらもイチゴ好きには見逃せない内容になっています。

31498309_388990931578154_3261884505757057024_o

31518697_388991101578137_775575646599380992_o

東京ストロベリーパークオリジナルグッズも

31530715_389613071515940_6668009947642462208_n

ショートケーキを見事に再現したオリジナルのパッケージが可愛い和三盆は紅茶やコーヒーに添える砂糖としても使えます。

31564269_389613238182590_6940104359296368640_n

オリジナルの2色のサコッシュは使いやすいサイズで利便性もバッチリです。

5月8日よりイベントが開催

7193d31ded49ed80addbc8f699b4b4da

5月13日の母の日に向けて、日ごろなかなか言えない感謝の気持ちを使えるプレゼントグッズが販売されます。

ICHIGO LAB.特製のチョコレートにプラス300円で、ラッピングセットがつき、ラッピングセットの中には、自分で文字を書けるクッキーもついているので、日ごろの感謝をこれで伝えてみてはいかがでしょうか。

東京ストロベリーパーク、アクセス・入館料など詳細

住所:神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1
電話番号:045-394-5555
受付時間:平日 11:00~16:00
     土日祝10:00~18:00
定休日 :毎週水曜日
アクセス:京急本線 京急鶴見駅より横浜市営バス「横浜火力発電所前」下車(約15分)

料金
入園料 :無料
イチゴ狩り:大人1~6 月2000円
        7~12月2980円
      小学生以下1~6 月1500円
           7~12月2480円
      3歳以下無料
      持ち帰りカップ1~6 月800円
             7~12月1400円

ビュッフェ:大人2100円
      小学生以下1100円
      3歳以下無料

公式サイト
東京ストロベリーパーク公式サイト

Advertisement

ライフカテゴリの最新記事