大阪ミナミで発砲事件。インターネットカジノ店で男性2人が拳銃で撃たれる、犯人は現在も逃走中

大阪ミナミで発砲事件。インターネットカジノ店で男性2人が拳銃で撃たれる、犯人は現在も逃走中

大阪ミナミで発砲事件がありました。

犯人は現在も逃走中ということです。

Advertisement

事件の概要

minamihappo02

11日の深夜1時頃、大阪ミナミの飲食店で客と従業員が拳銃で撃たれる事件が発生しました。

従業員は頭部を、客は腹部をそれぞれ撃たれており、病院へ搬送されました。

2人は意識不明の重体です。

発砲したのは男、被害者2名も男性ということです。

男は現在も逃走中で、拳銃を店内に残したまま外へ向かい徒歩のまま逃走しています。

警察は拳銃を使った殺人未遂事件として逃げた男の足取りを追っています。

逃走した犯人について

現場周辺の防犯カメラに残された映像から

・30代の男性
・身長160センチ前後
・短髪
・グレーのTシャツ
・グレーのズボン

このような特徴であるということです。

店内には回転式拳銃が残されていたので、現在も拳銃を所持しているかはわかりませんが、もしこのような特徴の男を見かけたら付近の方は注意するようにしてください。

※防犯カメラの映像が公開されました。

minamihappo03

headlines.yahoo.co.jp

動画を見るとかなり急いで逃げている様子がわかります。

インターネットカジノとは

インターネットカジノ、オンラインカジノなどと呼ばれるインターネットを通じてプレイするカジノを指します。

内容は実際のカジノと同様にお金をかけて、その配当を得るシステムとなっているようです。

日本ではギャンブルに関して国営のみ認められていて、カジノなどを店舗で開業する事は違法行為です。

オンラインカジノは海外の政府が発行するライセンスを取得する事により運営をしており、大体はサーバーも海外にあるので、賭博罪の適用をすり抜けるグレーゾーンのギャンブルともいえるでしょう。

これが一般的なオンラインカジノの認識なのですが、実は日本国内には違法なインターネットカジノ店があり、それを「インカジ」などと呼んだりします。

店内にあるPCでカジノのアプリなどで客にゲームをさせる業態となっていて、大阪ミナミなどでもマンションの一室や雑居ビルの中でひっそりと運営されているといいます。

今回事件の現場になったのは?

報道によると大阪市中央区宗右衛門町2「バーファイブ」で事件が起こったという事です。

報道で規制線が張られていたのは「南ビル」と書かれた建物の前でした。

また、ビル3階の店舗が事件現場という事です。

minamihappo01

おそらく、こちらが現場だったのではないでしょうか。

店名はいかにもなバーですが、店内にはカジノの機械が並べられていたといいます。

それってもうインターネットカジノじゃなくて闇カジノなのでは…と思いますが、運営の実態についてはまだ判明していません。

違法賭博店だった可能性もあり、警察が実態について調査を進めています。

Advertisement

ネットの声

とにかく早く犯人を捕まえてほしいです。最悪の場合、新たに発砲事件が発生するかもしれませんしね。
犯人が早く捕まりますように。
大阪難波は 人が多く行き交う 観光地にもなっている。
そんなところを 銃を男が逃げていたら恐ろしい。
すでに遠くに行っているかもしれないが 安心して歩ける街に戻って欲しい。
違法博打も拳銃も打ったらあかん!
普通の一般人は、
拳銃なんか持っていないから、
犯人はその筋の輩だろ。
銃って聞くとヤクザ絡みかと、、思ってしまう
昔この辺りで、頭の直ぐ後ろで発砲事件があった。何人ものホストの兄ちゃんらが野次馬として集まって来た。現場の角のたこ焼き屋の屋台のおっちゃん曰く『人は狙ってない、車に向けて発砲しただけやから大丈夫や』。大丈夫ってそういう問題…?翌日の新聞に発砲事件の記事は無かった。筋を通すのもいいけどお願いだから喧嘩は事務所内だけにして貰いたい。

まとめ

発砲事件は怖いですね…。

防犯カメラなどの映像でかなり犯人を絞り込む事はできそうですが、それでも確保までは時間がかかるとおもいます。

夜も賑わっている場所なので、付近に向かわれる方はくれぐれもご注意ください。

事件・事故カテゴリの最新記事