中茎竜二と石田礼門の顔画像は?カンボジアでタクシー運転手を殺害し日本人2人が逮捕。動機や刑は?

中茎竜二と石田礼門の顔画像は?カンボジアでタクシー運転手を殺害し日本人2人が逮捕。動機や刑は?

日本人2名がカンボジアで殺人事件を起こし逮捕されました。

現地では「とても残酷」と報道されています。

Advertisement

日本人2人がカンボジアのタクシー運転手を殺害

isidanakakuki01

カンボジア中部シエムレアプで3月17日にタクシー運転手の男性が首をナイフで切られ殺害されました。

当初は中国人であると疑われていたようですが、捜査の結果、日本人である事が判明。

合計三人の容疑者がおり、2人が逮捕されました。

逮捕されたのは中茎竜二容疑者と石田礼門容疑者です。

現在、日本で報じられているのは2人が逮捕という情報のみですが、もう1人容疑者がおり逃走したようで行方がわかっていないという事です。

中茎竜二と石田礼門について

中茎竜二

isidanakakuki02

名前:中茎竜二
読み方:なかくきりゅうじ
年齢:23歳
生年月日:1995年7月7日
住所:福島県

石田礼門

isidanakakuki03

名前:石田礼門
読み方:いしだれいもん
年齢23歳
生年月日:1995年11月22日
住所:千葉県

isidanakakuki04

以前は自衛官をしていたようです。

両容疑者のFacebookなども調査しましたが、同姓同名のものはありましたが本人と断定できるものはありませんでした。

事件の発生した場所は?

現地の報道によるとシェムリアップ州の国道6号であるという事です。

17日にタクシーに乗った容疑者たちは運転手の首を切った後、シェムリアップ州の国道6号で男性を路上に遺棄し、300メートル走行したところで逮捕されたという事です。

おそらく、目撃者がかなりいたために大きな騒ぎとなったのではないでしょうか。

犯行動機は?

中茎竜二容疑者と石田礼門容疑者はタクシーを盗もうとしていたと報じられています。

また、現地の警察に「金が欲しかった」と供述しているという事で、強盗目的の犯罪であったとみられています。

どうやら日本で借金があったらしく、金が必要だったために犯行に及んだということです。

現地の報道ではタクシー内の画像も掲載されていたのですが、中は血まみれでかなり凄惨なものでした。

そのため、こちらでは掲載を控えさせて頂きますが、手口が慣れている気がしますよね…。

他の国や場所でも同様の事件を起こしていないの良いのですが、こちらも気になるところです。

タイ国境にあるカンボジア西部ポイペトから入国したという事なので、カンボジアに入国する前はタイにいたのではないでしょうか。

Advertisement

罪はどうなる?

カンボジアでは殺人について人道に反する罪と定められています。

1. 殺人
2. 皆殺し
3. 奴隷化
4. 住民の強制追放又は強制移転
5. 投獄又は国際法の基礎的規定に違反する自由の重大な剥奪のその他の形式
6. 拷問
7. 強姦、性的奴隷、強制売春、強制妊娠、強制避妊手術、及びこれと同様の重大性を有す
る性的暴力のその他のすべての形態
8. 政治的、人種的、国家的、民族的、文化的、宗教的、又は性的な事由に基づいて集団又
は共同体を迫害すること
9. 強制失踪
10. アパルトヘイト制度としての人種差別政治の実施
11. 重大な苦痛又は身体の十全に対する侵害を伴うその他の非人道的な全ての行為

人道に反する罪は終身刑に処すると記載がありますので、今回の罪も終身刑に該当する可能性があります。

カンボジアでは死刑は廃止されているので、終身刑が最も重い刑です。

強盗についても刑法で罰則が定められていますが、殺害する意思がないのに被害者を死亡に至らしめる暴行をした場合に罪が加重されるものなので、今回は明確な殺意があったとして終身刑が妥当であると判断されるかもしれません。

国際私法上、人を特定せず、場所を基準にして適用される「属地法」という法がありますので、行為の発生地で原則として裁かれます。

しかし、一定の重大な犯罪については国外で行っても裁かれる法が日本には刑法3条で定められています。

殺人は重大な犯罪に当てはまるので、カンボジアで刑法によって裁かれた後に日本でも裁判にかけられる事になります。

もし引き渡しの要請がありカンボジアが応じて強制送還されたとしても強盗殺人罪は日本でも死刑又は無期懲役なので重い処罰が下されるでしょう。

ネットの声

Advertisement

1人が逃走中?

現地のニュースによると容疑者は3名いるという事です。

拘留されたのは中茎竜二容疑者と石田礼門容疑者の2名です。

逃走した1名はナイフやスタンガンを所持している可能性があるということです。

カンボジアに旅行に行っている知人がいる場合などは、注意喚起してあげてください。

まとめ

以前、石田礼門容疑者は自衛官をしていたという事ですが、もし現在も続けていたとしたらシャレにならないですよね…。

また、ネットではカンボジアでの犯罪は割にあわないという声も多かったのですがカンボジアは実はそこまで物価が安い訳ではありません

特に事件が起きたアンコールワットが近いシェムリアップでは観光地ですし、米ドルが主要通貨として使用されたりもしています。

あまり日本人が重罪を起こしたという中で相手国の事を嫌な風に言いたくはないのですが、アジア圏の観光地などではタクシーなどで料金のぼったくりは日常茶飯事です。

5ドルで行ける場所に45ドル請求されたり等ざらにあるといいます。

そのためカンボジア=驚くほど物価が安いという訳ではありません。

どちらにしても強盗殺人をしてまで得ようとする金額ではないとは思いますが…。

ただ、驚くほどに短絡的な犯行である事は間違いないので、しっかりと罪を償うようにしてほしいと思います。

また、1名が逃走中という事なので、これ以上の罪を犯さないように祈るばかりです。

事件・事故カテゴリの最新記事