セイコーが震災中だったソフィ・タカヤナギとの契約を打ち切り炎上。震災を考慮せず一方的に取引終了か

セイコーが震災中だったソフィ・タカヤナギとの契約を打ち切り炎上。震災を考慮せず一方的に取引終了か

takayanagi

熊本の地震で全壊した124年の歴史がある老舗時計店のソフィ・タカヤナギさんがセイコーから取引終了を言い渡されました。

Advertisement

熊本地震で店舗が全壊したところへ取引終了の通知

該当のツイートがこちら。

クレドールショップ認定とは、セイコーが取り扱うクレドールというブランドを販売できる認定店を指します。

クレドール(CRÊTE D’OR)はフランス語で黄金の頂きという意味を指す言葉で、金やプラチナなど厳選された素材で制作された最高級の時計ブランドです。

数十万~一千万と価格帯にも幅があります。

ソフィ・タカヤナギの取り扱い終了

公式ブログでソフィ・タカヤナギさんが発表したのがこちらのお知らせです。

【お知らせ】

日頃よりソフィ・タカヤナギをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

さて、突然ではございますが、このたびセイコーの高級時計ブランド『クレドール』のお取り扱いが終了することになりました。

現在クレドールにつきましては、店頭在庫以外は、文字盤違いも含めて受注を承る事が出来なくなっており、店頭在庫品の完売をもって販売を終了させて頂きます。

当社は元々時計修理店として創業。
セイコー社とは124年前の創業当時からお取引をさせて頂いておりました。
また、クレドールも40年近くの長きにわたりお取り扱いさせて頂いており、このような形でお取り扱い終了してしまうのは大変残念でございます。

ただし、修理につきましてはサービスセンターへの窓口として当社販売分・当社以外のご購入分関係なく引き続きお受けさせて頂くとともに、部品供給がある限りについては、当社での修理も従来通り対応させて頂きます。

どうか今後ともソフィ・タカヤナギをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

平成30年4月8日

株式会社ソフィ・タカヤナギ
代表取締役社長 高柳隆大

セイコーのクレドール取り扱い終了につきまして。

震災後は臨時休業をされていましたが、現在は店舗の仮復旧がされています。

しかし、先日まではトイレは使えずガスも通っていない状況で営業時間も通常より短い時間での営業となっていました。

地元で124年の歴史があり、市街の復旧、復興のために諦めず店舗を移らずに営業されていたそうです。

セイコー取引終了に対してのネットの声

現実的な意見も

現状だと一方からの話なのでわかりませんが、どんな契約がされていたか、取引終了までにどのようなやりとりがなされていたかが今後の争点になりそうです。

Advertisement

ネットカテゴリの最新記事