東京家庭裁判所で女性が刺され死亡。犯人はアメリカ籍の男で被害者女性は妻、離婚調停中だった

東京家庭裁判所で女性が刺され死亡。犯人はアメリカ籍の男で被害者女性は妻、離婚調停中だった

東京家庭裁判所の前で女性が刺される

kasaisa01

3月20日午後15時過ぎに東京家庭裁判所の玄関付近で女性が刃物で切り付けられる事件が発生しました。

女性が男に首あたりを刺された」と110番通報があり事件が発覚。

犯人と思われる男性は逃走しましたが、日比谷公園の中で取り押さえられたという事です。

被害にあった31歳の女性は病院へ搬送されましたが意識不明、心肺停止の重傷であるということです。

※追記

搬送先で女性の死亡が確認されたということです。

Advertisement

犯人確保の様子

Twitterでは現場近くにいた人が当時の状況の様子をアップしています。

犯人はアメリカ籍の男、動機は?

女性を刺したのはアメリカ人の32歳の男性であるということです。

被害女性の夫で、現在離婚協議中だったと報じられています。

離婚調停は霞が関の東京家庭裁判所で行われており、男は女性を待ち伏せしていたとみられています。

殺人未遂の疑いで逮捕となりましたが、女性は搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は殺人の容疑に切り替えて捜査を進めています。

男は身柄を拘束された際にバタフライナイフなど刃物を3本所持していたということです。

また、自分の腕を刺して怪我をしている状態であるということです。

離婚の理由が恐らく男性にあったのではないでしょうか。

自身が望んだ形で離婚調停をしているのであれば刺す必要はありません。

離婚調停中なら、会わさないようにするはずでしょう。また東京家裁では凶器は持ち込めないはずです。一体どうなっているのか。

このような声がありましたが、東京家庭裁判所には出入り口にX線を使った手荷物検査機とゲート式の金属探知機が設置されています。

そのため刃物などを持ち込む事はできません。

また、離婚調停中は接近禁止命令が出る場合があります。

DV防止法などで暴力をふるっていた配偶者は6ヶ月間、被害者に付きまとったり住居等の付近を徘徊する事を禁止する命令が下されます。

今回の事件はどのような経緯で待ち伏せをするに至ったかはわかりません。

もしかしたらDVをしていて接近禁止命令が出ていたかもしれませんし、妻からの離婚申し立てで連絡を取るのが嫌で弁護士を経由して連絡をとっていたのかもしれません。

どちらにしても、待ち伏せをするような事態で離婚調停中であるならば男性側が有責であった可能性が高いです。

もちろん、女性側が有責で男性が怒っている事がわかるため、会うのを差し控えていた可能性も十分考えられます。

女性を刺した後に自分の腕も刺しているという事から、もしかしたら女性を殺害した後に自殺をする計画だったのかもしれません。

詳しい動機などについて判明したらこちらに追記したいと思います。

Advertisement

ネットの声

外国人が日本人より優しいって思ってたら違うのね。。。調停中で会えなかったから待ち伏せしてたのかな??怖っ……
家裁の警備員さんは年配の人が多いから、外国人が刃物を振り回したら止められないと思う。若い人でもきついね。
離婚は結婚の何倍もエネルギー使う
と言うのは本当なんでしょうね。
不倫されてたならやっちゃう人もいるかもなぁってのわかるくらい心の傷は想像以上だけど普通は刺さない。
家裁から地裁へ移動ですね。普通に離婚していればよかったものを。
裁判所前ということなので、持ちもの検査以前だったわけだ。

離婚調停中とのことで、恐らく夫側は別れたくないということだったんだろう。いわゆる、夫婦間でのDVとかストーカー。

難しいとは思うけど、結婚前にそういう男とは付き合わないのが一番。女々しい、執着心が強い、束縛が強い、自分に対して、もしくは第三者に対して攻撃的言動が見受けられる等々、どんなに容姿や肩書きが良くても内面を見ないと。容姿なんて最初の数年。ジジババになれば容姿なんて変化する。内面はもって生まれてその後に培ったもので、そうそう変わらない。良ければ良いままだし、悪い場合は悪いまま。

何でこんな事件が起こるんだ。。なぜ、死ななければいけないんだ。。
犯人は厳罰に処して欲しい。
国籍はどこであれ、家裁で待ち伏せして刺すなんて酷いの一言。
何があったか知らないけど、夫婦のトラブルの延長で殺人が起きるなんて、あってはならないこと。
胸糞悪い事件だな
離婚調停で裁判まで行くほど泥沼化して勿論夫婦関係も破綻してたんだろうし、夫が逆恨みで刺したんだろう
裁判所までは双方1人で足運ぶのかな?だからそこを狙われたのか?
カッとなって刺すなんて普段から危険な人物だったんだろう
ご冥福をお祈りします。
考えてみれば裁判は、つけ狙っている人間がいつ、どこへ現れるか分かっているケース。アメリカでは法廷で人を射殺した例があるが、日本でもそろそろ、空港並みの危険物チェックが必要なんだろうか。しかし、敷地外で待ち伏せても刺せるしなあ…。

まとめ

かなり離婚に際し泥沼化していたのではないでしょうか。

このような形で命を奪われてしまうのは女性も無念だったと思います。

亡くなられた女性には心よりご冥福をお祈りいたします。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gururin/onmtp.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

事件・事故カテゴリの最新記事