【動画】中国の化学工場の爆発がヤバすぎる…。44人が死亡99人がケガ、原因、日本への影響は?

【動画】中国の化学工場の爆発がヤバすぎる…。44人が死亡99人がケガ、原因、日本への影響は?

中国の科学工場で爆発が起き、多くの死者やけが人が出ているようです。

先日は死者6人と報じられていましたが、現在は44人もの死者が確認されています。

中国の化学工場の爆発動画

こちらが当時の爆発した状況の動画です。

2つめの動画では赤い小さい点が灯った後に大きな爆発をしている様子がわかります。

爆発した事によって生まれた黒い雲が立ち上り、かなり規模の大きいものであった様子がわかります。

工場敷地内の建物が衝撃で倒壊し、近隣住宅の窓が割れるほどで、マグニチュード2.2の地震と同程度の揺れが一帯では確認されました。

現在、44人の死者と90人の重傷者が確認されています。

Advertisement

爆発の原因は?

火災が発生したのは有機化合物を製造する天嘉宜化工が所有する工場で、工場内のベンゼンが引火、爆発したとみられています。

ベンゼンは化学工業において基礎的な物質です。

常温では無色透明の甘い独特の臭いがする液体です。

tyuugokubakuhatu01

主に他の化学物質を製造するための材料として利用されます。

プラスチック原料、樹脂、接着剤、ゴム、潤滑剤、色素、洗剤、医薬品、爆薬、殺虫剤、様々な製造において使用されています。

以前は家庭用製品などにも広く使用されていましたが、毒性(発がん性)が明らかになるにつれて他の溶剤が使用される事になり、現在では日本で溶剤として利用する事は原則として禁止されています。

引火性が高く、取り扱いによっては火災や爆発の危険性があります。

第1石油類に分類されており、第1石油類は引火点が21℃未満の引火性の液体を指します。

特殊引火物に次いで危険度が高い分類で、その中に属しているベンゼンは-10℃と引火点が低い事も特徴です。

安全基準が守られていなかった?

爆発の原因は調査中としていますが、天嘉宜化工は過去に労働安全基準に違反して罰金を科されたことがあるそうです。

また、廃棄物処理を巡ってたびたび環境規制に違反し行政処罰を受けていた過去もあるといいます。

江蘇省当局は化学メーカーや関連施設が危険性のある化学薬品の取り扱い規則を順守しているかなどについて調査を進める方針です。

もし、順守していなかった場合は工場を閉鎖する方針であるということです。

工場は2007年に設立され200人程度の従業員が農薬の原料を生産していました。

ネットの声

昼間の工業団地の一角が廃墟。重体が30名以上。死傷者はさらに増えるはずだ。

近くの幼稚園や小学校まで被害を受けている。

工場の社長は環境汚染で有罪判決を受けた人物。ろくな管理をしていなかったのだろう。

行政処分を何度も受けている企業だったとは。
巻き込まれた方々にお見舞い申し上げます。
日本も世代交代でこういう事故を笑えない事態になっている。
安全あってこその仕事。
怪我をした人の回復と亡くなった方のご冥福を祈る。
この動画を見て得られる教訓としては、

爆発が起きたら衝撃波でガラスや物が飛散して

怪我の恐れがあるとゆう事。

工場の爆発や隕石の落下など日本でも起る可能性がある。

中国ってこれ何回目だ?
公害 環境保全 危険認識等の意識が浸透するまでは、まだ時間がかかるかも知れないが、防ぐ方法など学ぶ所をキチンとしないと、取り返しのつかない事態が起こるよ。
しかも爆発したのがベンゼンだなんて、、
恐ろしい。

Advertisement

子供の動画を中国当局が次々と削除

怪我をした子供の様子や、子供の避難している様子の動画をネットで映像投稿する人も多いのですが、その動画を中国当局は削除しているということです。

これは爆発事故による批判の高まりを抑えようとしている意向とみられています。

1km以内には幼稚園などもあったそうなので、子供たちの安否が気になりますね…。

日本への被害は?

引火した後のベンゼンの毒性については詳しくわからないのですが、ベンゼンは発がん性のある人体に有害な物質です。

当局ではベンゼンなどの成分は付近から検出されていないといいますが、それが事実かもわかりません

大気汚染の可能性もあり、偏西風に乗って日本付近へ来る可能性もあります。

2005年11月にも中国では大規模な石油化学工場爆発がありました。

その際は工場から流失したベンゼンがロシアへ達する恐れがあったといいます。

また、日本海へ達する可能性もありましたが、中国は隠蔽をはかろうとした過去があります。

どの程度の規模の被害が及ぶのか、今回の爆発では隠蔽せずに公表してほしいですね。

どちらにしても周辺では多くの死者とけが人が出ていると思われます。

亡くなられた方には心よりご冥福をお祈りいたします。

また、一刻も早い救助活動が行われる事を祈っております。

海外カテゴリの最新記事