クラス全員が担任の懲戒免職の嘆願書を出したのは山口県の「県立下松工業高校」。学校、教師の評判が酷かった…

クラス全員が担任の懲戒免職の嘆願書を出したのは山口県の「県立下松工業高校」。学校、教師の評判が酷かった…

山口県の県立高校で1年のクラス全員が教諭を懲戒免職にするよう求めて嘆願書を提出していたそうです。

クラス全員って凄いですね…。

また、生徒だけでなく保護者39人も嘆願書に名前を記載していたという事から、単純に学生の教師いじめなどではなく、実際に多くの問題があった事がわかります。

県立下松工業高校はどのような学校だったのでしょうか。

騒動の概要と学校の口コミなどを紹介したいと思います。

Advertisement

山口県の県立高校で担任にクラス全員から懲戒免職の嘆願書

simomatukougyou01

NHKで本日このようなニュースが報じられました。

山口県の県立高校で1年の男子生徒が、担任の教諭からバリカンで丸刈り頭にされたり、授業中に「ばか」などと何度もいわれたりしたと訴え、同調したクラスの全員が教諭を懲戒免職にするよう求めて嘆願書を提出していたことが分かりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190325/k10011859971000.html

報道によると1年の男子生徒が髪が長いという理由でバリカンで丸刈りにされ、授業中に何度も「ばか」「お前は病気だ」などと暴言を吐かれたといいます。

また、他の生徒に対しても日常的に侮辱するような発言が繰り返されていたといいます。

頭を刈られた生徒は12月に10日間、そのような事から学校を休んだそうです。

このような事があり、山口県の県立下松工業高校ではクラスの生徒40人全員と保護者39人が「安心して学校に通うことができない」として教諭を懲戒免職にするよう求める嘆願書を先月、県の教育長へと提出したということです。

下松工業の評判など

学校名:下松工業高等学校
読み方:くだまつこうぎょうこうとうがっこう
2018年偏差値:47
学科:システム機械科(47)/ 電子機械科(47)/ 情報電子科(47)/ 化学工業科(47)

山口県下松市美里町四丁目にある公立の工業高等学校です。

略称は「下工(くだこう)

大正10年に山口県で初めての県立工業学校として設立されたそうです。

このような声もあり、以前から問題があったとみられます。

学校の評判を検索してみたのですが

体育会系よろしく、2年、3年となるにつれある程度幅を利かせる地頭の良い生徒・ヤンキーが主権を握り、そこを体育教師が恐怖政治で支配する高校です。
生徒会をしていたが、教員はその担当になることをあからさまに嫌がり生徒会の集会に来ない。文化祭の準備で連日午後10時以降まで残り準備をして疲弊していたとき、ろくに来なかった教員がやってきて「お前たちのためにやってやってる」といった怠慢な態度が大変印象に残っている。工業高校の専門教科の教員はほとんど移動することがないので、余程のことがない限り下松工業で、のこのこと教鞭をとっていることだろう。
サッカー部はサッカーを経験している指導者がいない
顧問がマネージャーに優しすぎる。気に入ってる部員と気に入られてない部員への接し方が全く違う
体育がきついのもあるが、なにより校則が厳しい。
1ヶ月に1回ほど頭髪検査があるが基準が厳しく、
1ヶ月で1回もあると散髪代もかかるしとにかく個人的には最悪。正直入って後悔してる。

中には充実した高校生活を送れているという声もありましたが、教員の勤務態度や校則の厳しさについて、多くの指摘がありました

教師に問題があったと語る人は多いのですが、いじめについては多少はあったものの、他の学校に比べて少なかったと語る人が多く見受けられました。

三年になる頃には、ヤンキーにオタクがラノベを貸し、ヤンキーがオタクに喧嘩を教えるような、変なマイルドさがあります。
ただ、中には陰湿な手段で人を貶める人も居ましたので、いじめの少なさだけならば普通校より少ないでしょう。発覚したら漏れなく体罰上等の教師からの摂関や連帯責任という名での鉄槌が下りますので、いじめはしにくい環境です。
いじめはまじで無かった。
まずいじめをしようものなら、
先生から滅多打ち。

教師と生徒が対立する事が多かったため、いじめなどに繋がりにくかったのかもしれません。

Advertisement

学校の対応は?

下松工業高校の高橋等校長は嘆願書が提出されたあとの今月15日、校長と教育委員会の担当者、問題の男性教諭が出席し、クラスの生徒と保護者を対象に説明会を開催して丸刈りや暴言について謝罪したそうです。

また、新年度からは該当の男性教諭に担任を持たせないことを含めて対応を検討しているということです。

男性教諭は反省の態度を示していたという事ですが、現在は教諭や生徒らから事実確認を行っているところで、今後、対応が決まるかと思います。

ただ、学校で教師がバリカンで頭を刈れる環境であったのは事実だと思います。

男性教諭がバリカンを常備していたのか、職員室に常備してあったのかはわかりませんが、頭髪検査が厳しかったという声もあるように違反者に対してバリカンで刈るなどの脅しなどもあった可能性もあります。

男性教諭だけでなく、学校の体質ももう一度確認する必要があるのではないでしょうか。

ネットの声

まとめ

電車で女性の髪を切って逮捕される事件が以前あったのですが、その際は暴行罪が適用されました。

2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料と取り決められています。

親告罪ではありませんが、示談が多くなる事件ではありますが、今回の件は暴行罪、傷害罪が適用される可能性もある行動だったと思います。

また、背景に学校の風潮もあった可能性もあるので、県教委には学校自体に問題があったかについても調査を行ってほしいとおもいます。

事件・事故カテゴリの最新記事