萩原健一さんの死因になった病気は「GIST消化管間質腫瘍」10万人に1人の難病だった。どんな病気なの?

萩原健一さんの死因になった病気は「GIST消化管間質腫瘍」10万人に1人の難病だった。どんな病気なの?

ショーケン」の愛称で親しまれた俳優で歌手の萩原健一さんが亡くなられたと報じられました。

亡くなった原因はGISTと呼ばれる消化管間質腫瘍が原因だったという事です。

Advertisement

萩原健一さんは8年間も闘病生活をしていた

syoken01

萩原健一さんがGISTの闘病を始めたのは2011年からだったといいます。

8年間、本人の強い希望で病気を伏せて仕事に影響がないように努めていました。

今年に入ってからは入退院を繰り返すようになり3月25日に容態が急変し、都内の病院で亡くなられてたということです。

最期は妻の理加さんに看取られ、息を静かに引き取りました。

理加さんによるととても安らかに穏やかでゆっくりと眠るように息をひきとったという事です。

萩原健一さんについて

syoken02

名前:萩原健一
読み方:はぎわらけんいち
本名:萩原敬三(はぎわら けいぞう)
年齢:68歳没
生年月日:1950年7月26日
出身:埼玉県

鮮魚店で非嫡出子として生を受けた萩原健一さん。

高校時代にスカウトされ「ザ・テンプターズ」のボーカリストとして17歳にデビューを果たします。

その後、多くのヒット曲を生み、1970年に解散した後は俳優へ転身し、TVドラマ「太陽にほえろ!」ではマカロニ役で俳優としての人気を決定づけました。

1975年にモデルの小泉一十三さんと結婚し、女児をもうけますが3年で離婚します。

1980年にはアイドルのいしだあゆみさんと結婚するも1984年に離婚を発表。

この離婚した年には飲酒運転で人身事故を起こして業務上過失傷害罪で逮捕されています。

その1年前には大麻不法所持にて逮捕されており、この年から多くの不祥事が報じられる事となりました。

1985年には女優の倍賞美津子さんとの2ショット写真を週刊誌に撮られてカメラマンと編集者に暴行し、書類送検されています。

2004年には再び交通事故を起こし業務上過失致傷罪で現行犯逮捕。

2004年10月30日に公開された「透光の樹」という映画に主演で出演していましたが、監督やスタッフ、共演者に暴言、暴行を繰り返したため途中降板になったといいます。

また、その際の出演料の返還を求めると脅迫する言葉を留守電に残し、逆に満額の出演料を要求した事でに製作側から恐喝未遂容疑で告訴されました。

2011年に現在の妻であるモデルの冨田リカさんと結婚されました。

これまでに4度の逮捕と4度の結婚が報じられており、破天荒な人物としても有名な方でした。

GIST(消化管間質腫瘍)について

GIST(消化管間質腫瘍)はGastrointestinal Stromal Tumorの略で、胃や腸などの消化器官の粘膜の下にある筋肉層の前駆細胞が異常増幅し腫瘍化する病気です。

10万人に1~2人が発症するといわれ、萩原健一さんもそうでしたが50~60代に多いといわれています。

発生するのは胃が最も多く、小腸、大腸や食道などの部位に発生する場合もあります。

異常増幅は遺伝子の突然変異によって引き起こされるのですが、なぜ突然変異が起こるのかについては現在、判明していません。

消化器がんとの違いは?

胃がんや大腸がんなどは消化管の粘膜から発生し、GISTは粘膜の下にある筋肉層から発生します。

GISTは癌ではなく肉腫の一種とされています。

肉腫自体、あまり発生しやすいものではなく、若い人から高齢層、部位や組織まで発生は様々に生じます。

GISTは転移などが少ないものの、サイズが極小であっても再発する可能性がある事も癌と差がある特徴です。

しかし、GISTが悪性だった場合は予後の厳しさなどにおいて一般的な癌と変わりはなく外科手術がまず検討されますが、切除ができない場合や再発のリスクが高い場合は薬物療法(抗がん剤治療)が用いられます。

そのため、広義的に癌と捉え「希少がん」の一種に数えられています。

Advertisement

GISTの症状

吐き気や腹痛、飲み込みにくさ、下血や吐血、おなかの張りなどの症状があります。

他の消化器がんと比べると症状は出にくく、GIST特有の症状というものがなく、他の病気でもみられる症状となっています。

自覚症状も少なく、病気の発見が遅れがちになるのも特徴です。

また、転移自体は少ないですが、血管を介して肝臓に転移したり、腫瘍がお腹に落ちる事で腹膜に転移する場合もあります。

まとめ

萩原健一さんがかかっていたのは非常に稀な病気であるGIST(消化管間質腫瘍)と呼ばれるものでした。

最初は自覚症状がなかったと思いますが、晩年はかなり辛い思いもされたと思います。

永遠の不良と呼ばれ世間を賑わせ続けた人物でした。

萩原健一さんに心よりご冥福をお祈りいたします。

エンタメカテゴリの最新記事