森永乳業の通販サイトで最大12万人の顧客情報流出…?個人情報が流出するとなにに悪用されるの?

森永乳業の通販サイトで最大12万人の顧客情報流出…?個人情報が流出するとなにに悪用されるの?

morinaga

森永乳業の健康食品の通販サイトから顧客情報が流出した可能性があると報じられました。

よく顧客情報が流出したとニュースになっていますが、どのように悪用される危険があるのか調べてみました。

Advertisement

森永乳業、客のカード情報12万人流出

森永乳業の健康食品サイト
https://kenko.morinagamilk.co.jp/

こちらのサイトで使用されたことのある個人情報が流出したそうです。

流出したのは
・カード番号
・名義
・セキュリティーコード

などらしく、何に悪用されるの!?と聞くまでもなく危険だと判断できる内容になっています。

実に過去にサイトを利用した12万人もの膨大な数となっており、中でも特に去年1月以降に利用した顧客は流出した危険が特に高いという事です。

対象者には個別に書面やメールなどで連絡対応をしているとのこと。

個人情報が流出すると何に悪用されるの?

今回の森永乳業の流出もすでに何件か悪用されているといわれていますが、クレジットカードの情報が流出した際は現金が引き出せなくても換金率の高いパソコンや生活家電、今は使えないところも多いですが金券などを上限額いっぱいまで購入し、後でそれを現金に変えるという手口で被害を被る場合があります。

しかし、個人情報の流出が顧客に伝わる頃にはカード会社も警察も情報を把握しているので対策が講じられています。

流出した可能性があるか、まずは明細を確認して身に覚えのない請求があった場合はカード会社に電話すれば、大抵の場合は金額を問わず全額保証の対象になるので問題ありません

また、今回のように何十万件もの情報が流出しても実際に悪用されるのは1%未満といわれています。

しかし、いつ悪用されるかわからないので、継続して明細を確認するようにしばらくしておくことをお勧めします。

他にも、顧客情報が流出した会社などありますが、カード情報でなくても被害を被る場合があります。

多くの場合そこの会社の顧客がリスト化されて名簿業者などに売られます。

情報が細かければ細かいほど1件あたりの単価が上がり、名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの記載があると、ある日突然「お前だれ?なんで番号知ってるの?住所知ってるの?」という人や会社から営業がかけられることがあります。

中でも特に重宝されているのは借金をしたことのあるリストで、貸金業者、闇金業者から目を付けられる場合もあります。

顧客情報はその人の属性を表すものです。

子供がいるなら子供向けの習い事や通信教育の勧誘。

高価な買い物をよくしたり、会員の中でもランクが高ければ不動産や貴金属などの営業。

また、それだけでなくある程度の情報と書類があれば本人に成りすましてお金を借りたり、保険証や免許証の偽造も作ることができます

知らぬ間に誰かが自分に成りすまして犯罪を犯していると考えるとゾッとしてしまいますよね。

そのような危険があるので、個人情報保護法が制定され、個人情報を取り扱う民間業者はこれを遵守しなければなりません。

個人情報が流出した際の対策

クレジットカードに関しては上で書いた通りなのですが、その他のことは具体的にできる対策は少ないです。

DMや勧誘などがもし頻繁にくるようになったのであれば、名簿業者に自分の情報が回っている可能性があります。

出回ってしまったリストを回収するのは不可能に近いので、営業や勧誘を無視するしかできなくなります。

オレオレ詐欺なども可能性があるので一応、家族に一報いれておくようにしましょう。

Advertisement

事件・事故カテゴリの最新記事