日大・宮川泰介選手22日に記者会見、試合後に泣いていた姿も目撃される。被害者側は被害届を提出

日大・宮川泰介選手22日に記者会見、試合後に泣いていた姿も目撃される。被害者側は被害届を提出

日大のアメフト部「フェニックス」の危険行為について、悪質なタックルで問題になった当人、宮川泰介選手が本日22日に記者会見を開く事が確定しました。

一連の問題の責任は自分にあるとし、内田正人監督は辞任する運びになりましたが、指示があったかどうかに関しては曖昧なままなので、この会見で真実が語られる事が期待されています。

Advertisement

ピンクのネクタイで謝罪、相手大学名を間違え火に油を注いだ内田監督

utidamasato

5月19日、日大の宮川泰介選手が悪質なタックルをし関学大の奥野耕世選手を負傷させた件についての責任を負い、監督を辞任する意向を示しました。

しかし、この時の服装や言葉使いがネット上で炎上。

ピンクのネクタイ選ぶ?

かんさいがくいんだいがくって呼んでるけどかんせいがくいんだいがくなんだけど

相手の大学名間違えるとか失礼な謝罪

更に批判を集める結果となりました。

この会見では選手に指示があったかについては明らかにせず、文書で回答すると保留される形で終了となっています。

被害者側が被害届を提出

被害者側の父親で、大阪市議会議員の奥野康俊さんが21日の夕方会見を開き、被害届を提出した事を明らかにしました。

このような会見を開きたくなかった。

辛かった。

息子は泣きながら”アメフトをやるんじゃなかった”と言っていた

議員としてではなく、ひとりの父親の思いに溢れた会見で、被害者側がどれだけ辛い思いをしたかが伝わってきますよね。

内田監督の会見で真実を聞くことができなかったため被害届を提出したらしく、日大側が真摯に対応していればこのような事にはならなかったと思われます。。

誰もが真実が知りたいのにそれをひた隠しにしてしまうのは、誠心誠意の謝罪ではなかったのではないでしょうか。

Advertisement

焦点はレイトヒットをした理由・宮川選手は泣いていた?

hqdefault

アメフトに詳しくない人から見ても異常で、アメフト関係者も口を揃えてあり得ないと語るレイトヒット。

焦点は”なぜ行われたか”です。

試合後に監督はあれぐらいやらないと勝てない、私の責任などと発言し容認する姿勢でしたが、日大の選手たちは「QBを壊してこい」、「反則するなら試合に出す」と監督が指示していたことを証言しています。

しかし、日大が関学大に提出した回答文では、指導者による指導と選手の受け取り方に乖離があったとして、内田監督の指示ではなかったと否定しました。

また、当日試合会場にいた方によると、立て続けに反則をする選手を下げないのもおかしいし、ようやく退場となり負傷者用のテントに入った。

そこで宮川選手は声をあげて泣いていて、同じポジションの選手が肩に手を負いて言葉をかけていたそうです。

受け取り方に乖離があったとしても、ここまでの認識の差が出る事には疑問を感じますよね。

部員の中には監督に逆らえば退部になるし、大学にいられなくなると語る学生もいて、選手に少なからず影響を与えていたのではないかと考えられます。

被害届が受理されたため、今後は警視庁が捜査

試合が行われたのは東京都調布市のため、今後、警視庁調布署が捜査する見通しです。

被害届を提出した被害者の父、奥野康俊さんによると数日前から奥野耕世選手も練習に加われるほどに回復しており、今後も競技を続ける意向とのことです。

しかし、誠意のない謝罪などにより本当に辛い思いをされたので、今回の宮川選手の会見で真実が語られるのを期待していることと思います。

今後の日大の対応により、刑事告訴も視野に入れているとのことで、真摯的な対応が望まれます。

悪質なタックルをしてしまった事実は事実ですが、周りや親の期待の中で、従わなければ部も学校も辞めされるという状況がもしあったのであれば、情状酌量の余地は十分にあると思います。

本日の会見で宮川選手は何を語るのか、多くの注目が集まっています。

事件・事故カテゴリの最新記事