日大、内田正人監督と井上奨コーチ、会見でまさかの内容否定。食い違い「指示ではなかった」

日大、内田正人監督と井上奨コーチ、会見でまさかの内容否定。食い違い「指示ではなかった」

先日、日大の宮川選手が会見した事で、更に事実が浮き彫りになった日大の悪質タックル事件。

Advertisement

本日は、日大の内田正人監督と井上奨コーチが公の場に現れ会見を行いましたが、先日の宮川選手の話を否定するような内容の会見となっていて、ネットなどでは批判の声があがっています。

5月23日、内田正人監督と井上奨コーチの会見

86ee8102df44f73bc6a49d865b878f93

本日、内田監督はピンクのネクタイではなくグレーのネクタイを着用。

また、「かんせいがくいんだいがく」と大学名を呼ばれていました。

関連記事
日大・宮川泰介選手22日に記者会見、試合後に泣いていた姿も目撃される。被害者側は被害届を提出

冒頭では関学大の選手、両親への謝罪、また一人で記者会見を行った宮川選手に謝罪しました。

謝罪はしたものの、指示に関しては一貫として否定。

質疑応答の際に井上コーチは「相手のQBをつぶせ」という発言に関しては認めたものの、本当につぶせという意味ではなく、闘争心を持ってほしかった、いつもと違うプレーをしてほしかったと発言。

最初からタックルをしてこいという意味ではなかったと繰り返しました。

当の監督はというと、ボールを見ていてプレーを見ていなかったと発言しました。

宮川選手に対して両名の想いは?

現在は内田監督も井上コーチも宮川選手と連絡をとっていないそうです。

しかし、両名とも宮川選手にはフットボールを続けてほしいとのこと。

現役続行を望んでいますが、宮川選手はフットボールを辞める意向を示しています。

それは、今回の件についての責任をとると共に、監督、コーチに対しての不信感も大いにあったかと思われます。

このように意見が対立するような状況の中で戻ってきてほしいという言葉にも疑問が残りますよね。

日大関係者の言葉が荒れる中、会見は終了

質疑応答の際に厳しい質問が繰り返されますが、発言については何度も否定。

司会の日大関係者が「同じ質問が繰り返されているので会見を打ち切ります」と説明。

出席者からは「納得できない」「刑事事件にもなっている」との発言も出ました。

イライラした態度が見え隠れした司会者。

「あなたの発言で日大のブランドが落ちるかもしれないんですよ」と、報道陣からの言葉がありましたが「いいえ、落ちません」と返答する場面もあり、実際に刑事事件の可能性も示唆されている中で、対応については特に配慮すべきだったのではないでしょうか。

日大そのものについての疑問が残りつつの会見終了となりました。

Advertisement

会見についてのネットの声

日大が火に油を注ぎ続けているのは実は策略?

今回の会見を見ての意見でもチラホラありますが、今までの否定する姿勢や隠蔽しようとする姿がわかりやすすぎて、これわざとやってるのでは?という声が今までも多くあがりました。

今までの否定する姿勢、今回の会見でも日大のイメージは地に落ちるばかりです。

これは、自ら火に油を注ぎ、逆に監督やコーチを守るのではなく、更に炎上させるために今までの発言があったのでは?と深読みされている状況です。

そこまで酷い対応だったという事なのですが、確かにここまでくると燃料を投下するためにしか思えませんよね。

宮川選手は責任を認めた

先日の会見で宮川選手は非を認め「指示があったとはいえ、許されない行為であった」と語っています。

今回の会見では内田監督は知らぬ存ぜぬ。

井上コーチは怪我をさせろという意味ではなかったと一貫して主張。

見ている人にはどちらが真実に映ったのでしょう。

事件・事故カテゴリの最新記事