5月26日関西学院大学の記者会見まとめ。宮川選手については寛大な措置を

5月26日関西学院大学の記者会見まとめ。宮川選手については寛大な措置を

271e0ecdd5bd15b68e1066970cbbbb13

本日、5月26日15時より関西学院大学アメリカンフットボール部小野宏ディレクター、鳥内秀晃監督、奥野康俊さんの合同説明会が開かれました。

会見の内容

339ffb8d5db53c3d4bb4e7089d7c6ed3

現時点での見解は、内田前監督、井上コーチ、宮川選手の会見を見る限り、多くの矛盾が存在するため真実とは認識できない。

指導者と学生の受け取り方に乖離があったとしていますが、1回目の回答書、次の再回答書には宮川選手からのヒアリングがなく、乖離があったかどうかを判定できるものでは到底なく、また、試合当日以降に複数回あった宮川選手と井上コーチ、内田前監督の面会では反則行為の事実確認や、それが生じた理由、背景については一切の質問がなく、乖離があったと認定しているのにも関わらず、面接の際に異例の反則行為に至った理由に触れないのは極めて不自然とのこと。

また、内田前監督は反則を繰り返す選手をベンチに下げず、ルールの範囲内でプレーすることを原則としていると発言しておりますが、その素振りさえ見せなかった、また試合中に慌てる素振りすら見せなかったことに違和感を感じているとのこと。

その他にも、「QBを1プレー目で潰せ」など、具体的な指示内容、再回答書では宮川選手が精神的に追い詰められていため、誤って解釈したとしていますが、十分なヒアリングが行われていなかったとなど、多数の不自然、不可解な点があるため、強い疑念を抱いているため、選手の安心、安全を担保することができないため、日大との定期戦を信頼関係を取り戻すまで中止するとのこと。

真相究明については全面的に協力する、被害選手、及びその家族についての支援を継続する、宮川選手、及びその家族についても支援の可能性を模索する姿勢を関西学院大学側は示しています。

小野ディレクターの闘志の話が絶賛

日大の回答書の中で闘志がなかったとあるが、闘志とはどのようなものと考えているかという記者の質問に対し、鳥内監督は強制されるものではないと語り、それに付け加える形で小野ディレクターが発言。

闘志は勝つ事への意欲だと思います。心の中から内発的に出てくるものが一番大事だし、それが選手の成長を育てる。そのためにはフットボールが楽しいというのが根本にあることが必要。選手の中に芽生えた楽しいという気持ちはロウソクの火のようなもので、吹きすぎると消えてしまう。大事に少しずつ大きくしていかなければならない。内発的にでてくるものを育てるのは、コーチとして一番難しい仕事だと思います

この言葉にネットでは賛同の声が多数。

こんな指導者の下にいたい、こんなお父さんがほしいなど絶賛されています。

小野ディレクターへの反応

小野ディレクターは、このような悪質な事件を起こした加害者、及び、その真相を隠蔽しようとした相手にですら礼儀を持って接しており、記者の見当違いの質問、悪意を感じる質問に関しても、理路整然と、丁寧に対応されていました。

その姿勢にはネットでも非の打ちどころがないと絶賛の嵐。

日大とは真逆の印象を与える会見となりました。

日大への罵倒はなく一貫として真相の究明を求めており、日大へは強い疑念が残るとしていて、強い怒りを示さず淡々と、しかし、しっかりととした意志を持って会見に臨まれていたように思われます。

奥野康俊氏の会見の内容

b0235390ca34c56e3edb562477643fe2

まずは被害者の状態について説明。

明日の試合にも出られる可能性があるかもしれないそうで、無事回復に向かっているとのこと。

被害届は取り下げる準備をしていたそうです。

しかし、それに至らず、現在は周囲と相談しており、今後告訴をするか決めるとのことです。

被疑者を宮川選手ではなく内田前監督にしたいと警察に言ったところ、加害者は宮川選手でなければ被害届を受理できないといえず、否応なしに宮川選手を被疑者にしたそうです。

宮川選手に刑事責任を負ってほしくはなく、内田前監督や井上コーチが責任を負うべきであると考えており、宮川選手はすでに社会的な処罰を現時点で受けている。そのため、寛大なる措置をとれるように宮川選手については現在、嘆願書を募っている状態とのこと。

実際に奥野さんのFaceBookで

このように証拠や嘆願書を募っています。

フォームについては後日アップするとのことです。

奥野さんは今までの日大の対応を受け「何かを隠そうとしているのがあからさまだった」と語っており、真実が究明されているとは到底いえないとしており、今後も真相の究明に全力を果たす姿勢です。

質疑応答では

「18日に謝罪に来た時の様子は」

「小野ディレクターのいない状態で。お母さんもうちの妻も泣いていた。録音を了解した段階で真実を語ってくれると確信した。終わった後黙っておくねと、ご家族に身の危険が及ぶ可能性があった」

と回答していて、宮川選手の周囲の状況も把握しており、それについての対応もなされていました。

「宮川くんとご家族に今伝えたいことは?」

「一緒にがんばりましょうね」

と答えています。

実際に被害を受けた奥野選手側でされ、ネット上で危害を加えると複数書き込まれていたらしく、「6月1日までに」という具体的な期限を示す内容もあり、犯罪予告を受けている状態です。

今後、通信記録などが調べられますが、宮川選手も同様の被害があってもおかしくない状況です。

奥野さんの会見に対するネットの反応

公人のため、売名行為の一環なのではないかという少なくない数の声も未だにあります。

奥野さんはこの件の真相究明に全力を尽くすとしており、次回は出馬しない意向を示しています。

それを維新側が容認しているかはわかりませんが、実際に自分の子供が試合中に何があってもおかしくなかった事件の中で誠意のない対応を繰り返されているため、親として子供を守る自然な姿に個人的には見えました。

最終的な収束について

宮川選手が直接謝罪に訪れた際、やった事実は消えないのでそれとこれとは別だよと宮川選手に告げたそうです。

しかし、被害者である奥野選手と加害者である宮川選手が握手ができるようになるのがベストで、それが収束なのかと思っていると語りました。

日大の内田前監督、井上コーチについての現在の心境を聞かれると

「2人に対しての感情はここでは話したくない。真相をしっかり究明することを考えて、日大にはなるべき姿になっていただきたい」

と話しています。

会見の動画

事件・事故カテゴリの最新記事