pixiv永田寛哲が虹コン元メンバーを名誉棄損訴訟、その後セクハラ訴訟され法廷闘争へ。メンバーは重松佑佳?pixivは炎上

pixiv永田寛哲が虹コン元メンバーを名誉棄損訴訟、その後セクハラ訴訟され法廷闘争へ。メンバーは重松佑佳?pixivは炎上

1195f1d59f674b3a182a8d7dadb68967

イラストコミュニケーションサイト「pixiv」を運営するピクシブ株式会社の代表取締役社長「永田寛哲」氏が、自身のプロデュースする「虹のコンキスタドール」の元メンバー(以後Aさん)に名誉棄損の訴訟を起こした件で、Aさんもセクハラ訴訟を起こし、法廷闘争になっています。

法廷闘争になるまでの経緯

裁判で争われているのは永田氏側は名誉棄損。

Aさん側はセクハラ被害です。

まず、どのようなセクハラ被害を訴えているかというと

・京都旅行に永田氏が強引に同行。宿、部屋を一緒にする事を強要された。

・アルバイトと称し、全身のマッサージをさせた

・永田氏の自宅の脱衣所で盗撮をされた

このような内容になっているのですが、まず訴訟沙汰になるきっかけになったのが最後の盗撮行為です。

これは、虹コンを脱退していたAさんに対して、2018年1月の虹コンライブに永田さんがゲスト出演をしてほしいと依頼。

脱退していたため地元に戻っていたAさんですが、この出演依頼に対し上京します。

しかし、宿泊場所はホテルなどではなく、青山一丁目にある永田氏の自宅を宿泊場所として打診されます。

自宅には永田氏の奥さんもいるため、問題ないと判断したAさんが永田氏の自宅に宿泊を了承。

永田氏の自宅にはゲスト用とメインのバスルームがあるが、永田氏はマスターバスルームを使うようにAさんに指示します。

入ってみるとAさんはフック型の隠しカメラが設置されている事に気付きます。

壁に粘着テープで設置されていたため、カメラが落下した事がきっかけで気づいたそうです。

その日はカメラに映らないように着替えたそうですが、翌日は全身が必ず映る位置へカメラの配置が変わっていて、夫婦間の関係が悪くなる事などを危惧して、仕方なしに入浴をしたとの事です。

カメラが設置していた事に対してAさんは地元の弁護士に依頼し、pixiv社、ディアステージ社、アニメイト社に対して損害賠償請求の内容証明を送付します。

その後、永田氏、ディアステージ社に関しては示談を行う話でまとまる予定でした。

しかし、その後永田氏は一転してAさん、Aさんが依頼した弁護士に対し名誉棄損の裁判を起こします

何言ってんだ?と思われるかもしれませんが、これが事実で、本来被害者である側のAさんを永田氏が訴えました。

理由は、Aさんが内容証明を送ったのが、pixiv社の親会社であるアニメイト社、またpixiv社の監査役宛になっており、周囲に与えた影響を考慮し名誉棄損であると訴えたようです。

知られたらまずい相手に知られて怒られたという事なんですかね?

裁判で争われている内容

asan
buzzfeed / Via buzzfeed.com

先ほどは盗撮の件を説明しましたが、残る2点。

・京都旅行に永田氏が強引に同行。宿、部屋を一緒にする事を強要された。

・アルバイトと称し、全身のマッサージをさせた

BuzzFeed Newsのインタビューによると、これはAさんがまだ虹コンを脱退するか悩んでいる時期、2015年12月頃の話で、総合プロデューサーである永田氏に息抜きで京都旅行へ行きたいと申し出たところ、一人はダメだけど自分が付きそうなら了承すると言われ、今まで永田氏の怖い部分も見て来た立場としては了承せざるをええない状況であったとの事。

永田氏が新幹線、旅館の手配を行い、旅館に到着後、相部屋であることが発覚。

これが1点目の「京都旅行に永田氏が強引に同行。宿、部屋を一緒にする事を強要された」の件です。

2点目ですが、虹コンの活動をしている中で給料はほぼ無いに等しかったと語るAさんですが、アルバイトも会社から禁止されていて、永田氏もその申し出には叱責するなどの状況で、生活自体がかなり厳しかったといいます。

そこで永田氏から持ち掛けられたのがマッサージをしてくれたらバイト代を払うというもので、酷く叱責された後で断ることもできなかったそうです。

全身のマッサージを週1~2回、永田氏の自宅か作業部屋で強要され、2人きりで約1時間のマッサージをする事で5000円支払われたとのこと。

2015年、当時未成年だったAさんは半年間、10回以上のマッサージを永田氏に続けたそうです。

この2点の内容に関しては永田氏側代理人が事実関係を認めています。

しかし、盗撮行為に関しては一部事実と異なるとして反論している状態です。

永田寛哲プロフィール・結婚関係など

本名:永田寛哲(ながた ひろあき)
生年月日:1979年1月25日(39歳)
出身地:香川県観音寺市
出身校:開成高等学校卒業
    東京医科歯科大学中退
職業:ピクシブ株式会社代表取締役社長
   株式会社ユービック代表取締役
   ディアステージ取締役

2017年、急成長を続け年間売上30億円以上といわれていたpixivの代表取締役の伊藤浩樹氏を自主的な退任に追い込み代表取締役社長へ就いたといわれています。

山本一郎さんのコラムで詳細が記載されていて

news.yahoo.co.jp/

ピクシブ社の代表取締役である永田氏は、運転中事故ったポルシェカイエンの修理代を会社に回す、永田氏の父親が乗るBMWを会社の経費で落とす、永田氏自身が住むタワーマンションが社宅として支払われる、それでいて役員報酬が1億5,000万円を超えているというなかなか豪快な経営を継続されていらっしゃるようです。

様々な問題点が指摘されています

虹のコンキスタドール詳細

nijino

活動期間:2014年7月~
レーベル:キングレコード
事務所:ピクシブプロダクション(2014年~2017年)
    ディアステージ
共同作業者:永田寛哲
      福嶋麻衣子

虹のコンキスタドールはピクシブ株式会社が開催している次世代クリエイターアイドルを育成する「つくドル!プロジェクト」から2014年に誕生。

作曲に前山田健一さん、プロデュースに「でんぱ組.inc」も手がける福嶋麻衣子さん、衣装デザインに人気イラストレーターの岸田メルさん、総合プロデューサーには永田氏が就いていました。

現在までに12枚のシングルと3枚のアルバムを発表しています。

元メンバーAさんは重松佑佳?

Ddkc1LvUwAAjVTV

プロフィール

名前:重松佑佳(しげまつゆか)
元所属:虹のコンキスタドール 副委員長
出身:福岡県
生年月日:1996年5月20日
身長:152cm
血液型:B型
ニックネーム:しげちー
将来の夢:医者

このセクハラ事件の被害者は重松佑佳さんではないかといわれています。

・京都旅行の時は未成年
・実家が九州
・被害者は医学部

このような情報から、重松佑佳さんがセクハラ被害者の可能性が高いとみられており、虹コンのWikipediaを見ると脱退しているメンバーが多く、このような積み重ねが他のメンバーにもあったのではないか?とネットでは考察されています。

ネットの声

この騒動を受けpixiv退会祭りに

pixivの社長がセクハラ行為をしたとして、現在pixiv利用者が続々と退会する騒ぎとなっています。

しかし、これは人に強制するものではないと個人的には思っています。

以前も、pixivでは色々な理由で退会騒動が起こっており、そのたびに出戻りする形で事態は収束。

その間に他のイラストコミュニケーションSNSなども登場しましたが、結局はpixivを選ぶ人が多いのが現状です。

作品を人に目にしてもらう機会って、ある程度の努力が必要になりますよね。

その工程をある程度省けることにpixivは大きなメリットがあり、コスパなどに関しても個人サイトよりも優れている面が多々あります。

中にはpixiv退会しない人はセクハラ容認派と発言する人もおり、それはpixivに代わる投稿サイトが現状選択肢もありませんし、作品、投稿者に今回の事件の責任がない中で、そのように強制するのは少し論点がずれている印象。

イラストやその文化が好きだからこそ、pixivは今までに大きな発展を遂げました。

その舞台を用意したのがpixivで、そこで演じてきたのが投稿者、閲覧者という立場上、支持はしたくないけどこれからも絵を多くの人に見てほしい、好きな絵をこれからも見たいというのは当たり前の感情かと思われます。

利用者によって支えられているため、このような図式が成り立ってしまう事実もあります。

現在はpixivは多くの人の受け皿として機能しているため、各個人の判断で利用することが好ましいように思えました。

そもそもこんな騒動が起きるような事をしていた事に問題があるのが第一ですけどね。

今後も、別の虹コンメンバーからも永田氏に性的嫌がらせを受けたと訴える動きがあるらしいので、その動向にも注目が集まります。

事件・事故カテゴリの最新記事