小田急線で女性にわざとぶつかる男に暴力を受けた女性が警察に理不尽な対応をされる。警察「両成敗」

小田急線で女性にわざとぶつかる男に暴力を受けた女性が警察に理不尽な対応をされる。警察「両成敗」

wazato

小田急線でわざとぶつかる男に殴られた女性

最近話題になっていたツイートです。

下北沢~新百合ヶ丘の間で女性がわざとぶつかられ、口論になったところ新百合ヶ丘で引き摺り下ろされて殴られる事態に。

その後、警察の介入があったものの、相手の胸倉を掴んだので喧嘩両成敗と処理されたという内容です。

Twitterでの反応

中には、嘘ではないか?妄想じゃないの?という声もあります。

というのも新百合ヶ丘が藤沢警察管轄じゃないこと、帰国したばかりで空港帰りなのに下北沢から乗車したことなどに矛盾を感じているようです。

2015年の事らしいので、管轄を覚えていなくても特に不自然ではないし、羽田の国際ターミナルからであれば京急線で品川まで、山手線で品川から渋谷まで、井の頭線で渋谷から下北沢まで、乗り換えで小田急線というルートも一般的なので整合性はあります。

常習犯の可能性

ガールズチャンネル
「新宿駅で女性狙い「タックル」する男の動画拡散 「私も同じことされた」と証言も」トピック

http://girlschannel.net/topics/1660272/5/

2016. 匿名 2018/05/27(日) 04:15:50 [通報]

どなたか他にこの人にぶつかられた方いらっしゃいませんか?
朝の池袋、身長190センチくらいのガタイのいい男性にわざと激しくぶつかられてぶっ飛んだ事があります。(三十代、短髪、スーツではなくカジュアルな黒っぽい服装。顔は薄い方。ビジネスバッグを持っておらず、斜めがけのボディーバッグ。会社員では無さそう。)
向こうからぶつかって来たのに怒鳴って来て最悪でした…。

2025. 匿名 2018/05/27(日) 04:24:54 [通報]

>>2016
どっかの書き込みで似たような体型の男視点のあったよ

流れと逆行してるのに少しも避けないから、そのままぶつかってやった云々って

このような書き込みがあり、同一人物では?との声もあがっています。

新宿駅で女性だけにタックルする男の動画が話題に

また、先日は新宿でわざとぶつかる男を撮影した動画が話題となっていて、ツイッター上でも以前から「#わざとぶつかってくる人」というハッシュタグができるほど多くの人が体験しているようです。

はわざとぶつかっていた人の体験談も

この件が話題になっていたこともあり、ぶつかっている人側の心理を書き綴った日記も注目されました。

わざとぶつかってくる人をやっていた

はてな匿名ダイアリーに投稿されたものですが、心身共に疲れ切っていた状況でたまたま女性にぶつかって倒れたところを見て征服感を覚え、次々と女性にぶつかるようになったという内容です。

気付いたら日々の鬱憤を晴らすかのように、わざと女性にぶつかるようになっていた。老人はやらなかった、大怪我して最悪死亡とかになったら怖かったので。ベビーカー持ちはよくやった、邪魔だからいいじゃんという考えもあったと思う。

この登校が事実かはわかりませんが「わざとぶつかってくる人」は想像よりも多くいて、日々のストレスをそれで晴らしている可能性も十分に考えられます。

わざとぶつかるのは暴行罪の可能性

他人にわざとぶつかる行為は暴行罪に該当する可能性があります。

暴行罪は2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料と定められていて、これがもし怪我を負った場合は傷害罪に発展する可能性も。

暴行罪よりも重い罪で15年以下の懲役又は50万円以下の罰金となります。

しかし、今回の女性や多くのぶつかられた人の場合、ぶつかった事の立証、加害者が故意であったのかを判断するのは非常に難しいので、新宿のわざとぶつかる男の動画、もしくは監視カメラ、防犯カメラの映像などの証拠がなければ追求するのは非常に困難なため、泣き寝入りになってしまうケースがほとんどです。

警察の言う喧嘩両成敗

暴行罪は法定刑が比較的軽く、どうしても軽い罪だと認識されてしまいます。

今回は胸倉を掴むという行為でしたが、このような小競り合いでも、暴行罪に該当してしまう場合があります。

そのため、喧嘩の当事者である双方に非があると判断されてしまいます。

また、正当防衛に関しても非常に曖昧であるため、警察側は面倒だから喧嘩両成敗と言うケースが非常に多いと聞きます。

しかし、今回のように被害が一方的に大きい場合などは、ある程度の考慮は警察側もしてほしい、勇気を出して声をあげた女性が泣き寝入りすることがなくなるようにはしてほしいですよね。

現状、これだけ「わざとぶつかる人」が話題になっているので、そのような人にどのように対応すべきか、どのように対応すればこちらに非がなく制裁を負わせられるかというガイドラインが用意されるといいですね。

事件・事故カテゴリの最新記事