山口達也の示談金額は?その金額に別の可能性も浮上

山口達也の示談金額は?その金額に別の可能性も浮上

世間で今一番大きいニュースになっているTOKIOの山口達也さん。

その示談金額が判明しネットでは騒然。
その金額でキスだけ!?と多くの人が疑問を感じているようです。

2018050201

強制わいせつ罪の示談金相場は?

今回、山口さんが書類送検されたのは「強制わいせつ罪」によるものですね。

強制わいせつ罪は、13歳以上が対象の場合、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をすることを指します。

一般的に強制わいせつ罪の場合、被害がそこまで深刻ではないのであれば10万~50万円程度が相場になります。

しかしこれが悪質な場合、示談金は数十万~100万円を超えると金額も比例して高くなります。

山口さんの場合は悪質、悪質でないという判断は芸能人という肩書もあるため判断しにくい部分がありますが、ジャニーズの中でも古株である以上、示談金はこれ以上高くなると推測されていました。

事件発生当日、被害者の年齢は?

報じられたのは2018年の4月ですが、実際に事件が起こったのは2018年の2月になります。

被害者女性は16歳と報じられていることもあり、事件当時、まだ中学生だったという可能性も後に浮上しました。

中学生にわいせつ行為をする事と、高校生にわいせつ行為をすることでは印象にも大きな差があるとの見解で、4月を過ぎて報道をすることで高校生として取り扱われるため、この時期まで待っていたのではないかとの声も挙がっています。

山口達也が被害者女子高生に支払った示談金額は?

実際に、山口さんが女子高生に支払った示談金は2000万だったと報じられています。

キスで2000万というのは前述の相場を遥かに超える金額で、これに対して様々な憶測が飛び交っています。

キス以上をしていた可能性?

もっと破廉恥な行為で逮捕、示談に至った芸能人も多々いましたが、キスのみの強制わいせつで2000万は常識外れです。

しかし、報じられた内容を見てみると

山口は今年2月、東京都港区の自宅マンションで女子高生に無理やりキスをするなどわいせつな行為をした疑い。

このように報じられており、キスをする以外の行為がなにかしらあったのでは?とみられています。

しかし、例えキス以上の行為が行われていたとしても2000万円は異常に高額だといいます。

そのため、それ以外を隠蔽する代わりの口止め料もそこには含まれているのではないかと考えられています。

しかし、例え高額であれどその時の被害者女性の恐怖は凄まじいものだったろうし、お金を受け取っても心の傷までは癒えないため、それを長年ジャニーズを続けてきた立場である山口さんが行ったため金額は妥当だという話もあります。

強制わいせつ罪は親告罪ではなく非親告罪

強制わいせつ容疑は親告罪ではなく非親告罪なので被害者が警察署に被害届を出さなかったとしても、警察側が起訴することが可能な罪です。

2000万という示談金は非常に大きく前例がないものですが、これには検察庁へ良い印象を与えることも考慮しての価格だったのではないかと考えられています。

示談金を払い被害者が上告書を警察へ書く場合は起訴の可能性は低くなりますが、現在でも警察の捜査が進んでいるため、未だ起訴される可能性は残っている状態です。

47歳という年齢でありながら未成年、しかも女子高生をマンションに呼び出しわいせつな行為をしたため、芸能人としての復帰は難しいだろうとの見解が多く、緊急逮捕になってもおかしくない状況は未だなお続いているのです。

エンタメカテゴリの最新記事