元欅坂46の長沢菜々香がグループ活動休止、改名発表の時に拍手ツイートをし炎上→ツイ消し謝罪

エンタメ
スポンサーリンク

ngadsadik

本日、欅坂46が活動休止し、改名して再出発するという発表がされました。

ファンもメンバーもグループに対して強い思い入れがあったため、かなりの話題となりましたが、その中で元メンバーである長沢菜々香さんのツイートが炎上する事態となりました。

炎上したツイート

EdC9qNDUMAIWOG5

現在は削除されているのですが、こちらが該当ツイートになります。

内容は拍手の絵文字を3つ繋げたもので、ツイートが投稿されたのは欅坂46が配信ライブで活動休止、改名を発表したタイミングでした。

そのため、欅坂46ファンからは活動休止など欅坂46のネガティブな件についての拍手だったのではないかと憶測を呼び、炎上する事態となりました。

また、欅坂46のキャプテンである菅井友香さんは配信中の挨拶の中で

たくさん楽しい思い出があった一方で、正直悔しい思いもたくさんしてきました。なかなかこの2年は特に出口の見えないトンネルをさまよっていたような状態だったと思います。予測できないことがたくさん起きて、思うように活動できない日もありました。応援してくださってる皆さまの期待に応えられないんじゃないかなって思う日もありました。そしてメンバーの卒業、脱退も続きました。グループの名前が一人歩きして、耳をふさぎたくなるようなことに悩まされた日もありました

このように語っており、以前、長沢菜々香さんはIT社長との恋愛を文春砲された上に、在籍中に恋愛していた証拠のLINEなどが流出し炎上していました。

そのような過去があり、菅井友香さんが長沢菜々香さんの件だけではないにしろ、悩んでいた過去があったと発言する中、このようなツイートをした事もファンの神経を逆なでする結果となったようです。

約1時間後に長沢菜々香さんは該当ツイートを削除。

拍手については素直にライブに対してのものであると謝罪しました。

長沢菜々香に対して現在は賛否のリプが集まっています。

肯定的な意見

否定的な意見

現在は大体3割くらいが肯定的で、7割程度が批判的な意見となっているように感じました。