五味丈士の顔画像Facebookは?留置管理1課主事の警視庁職員が死亡ひき逃げ事故…言い訳がひどい

事件・事故
スポンサーリンク

19日の午前4時頃に路上に倒れていた人をひき逃げなどしたとの疑いで警視庁職員である五味丈士容疑者が逮捕されました。

留置管理1課主事の警視庁職員が死亡ひき逃げ事故

警視庁は19日、留置管理1課主事の五味丈士(たけし)容疑者(54)=東京都足立区=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。「事故は起こしたが、人とは思わずその場を離れた」と供述しているという。

朝日新聞デジタル

事件が起きた場所は北区上十条の環状7号線で、路上に倒れていた東京都板橋区の会社員、小栗佑亮さん21歳を車でひいた後、逃走したとして五味丈士容疑者が逮捕されました。

五味丈士は警視庁職員で、事故を起こした後現場から数百メートル離れた駐車場に車を一度停め現場に戻り自ら119番通報

駆けつけた警察官に詳しい事情を説明せずに立ち去ったということです。

五味丈士について

名前:五味丈士
読み方:ごみたけし
年齢:54歳
職業:警視庁職員(留置管理1課主事)
住所:東京都足立区千住大川町

現在、本人の顔画像などは報道されていません。

また、Facebookも同名のアカウントなどはありますが、本人と断定できるものは見つかっていません。

今後、報道などがあれば追記していきたいと思います。

五味丈士は本当にひいた事に気づいていなかった?

五味丈士容疑者は倒れていた被害男性をひいた17分後、「道路に血を流して倒れている人がいる」などと自ら119番通報し、そのまま職場へ出勤しています。

この時点で「人とは思わなかった」という供述とは矛盾が発生します。

駆け付けた警察官に「仕事がある」と言って事故の説明をせずに出勤したと報道されています。

警視庁職員がマイカーで通勤するには所属長の許可が必要であり、五味丈士容疑者はその届け出を出していなかったということです。

警視庁職員という立場、マイカー通勤の届け出なしなどの理由から、事故を隠蔽しようと企んだ可能性が非常に高いとみられます。

道路に倒れている人をひいた場合も罪になる?

前提として車と歩行者の事故では弱者保護の観点から歩行者が保護されることになります。

しかし、歩行者が道に倒れていた場合はケースによって変わりますが、事故を発生させる可能性を高めたとして歩行者にも過失が発生します。

見通しの良い昼間の場合は自動車70:歩行者:30の過失割合。

夜間は自動車50:歩行者:50の過失割合になります。

また、道路の状況によって歩行者の過失割合が上がる可能性もあります。

過失運転致死傷罪が適用されるかどうかについては、事故当時に予見の可能性があるかどうかで判断されることになります。

今回、前述の通り五味丈士容疑者は自ら119番通報をしており、倒れていた人をひいた自覚があったものとみられます。

そのため、救護義務を怠っている事からひき逃げも適用されます。

事故当時に予見可能性がなかったとしても、ひき逃げによって死亡事故を起こしてしまった場合は、懲役の実刑が下される可能性が高いとみられます。

ネットの声

未明の環七の側道か?倒れていたのか、眠っていたのか
どちらにしてもひき逃げは許されない事案、事故時に
直ぐに119番通報していれば助かったかも、警視庁職員
ならば猶更分かるような事だが、ただ道路に人が寝てる
とかは、かもしれない運転には想定してないましてや
夜などは、いい加減行こう言う事故は人保護にムリが
ある、倒れている人も過失を問う方向で法律改正を望む
まず警察に届けないのは論外なんだけどさ、
なぜ?人が道路に倒れている???
運転する側からするとゾッとする。
体調が悪いとかはしょうがないが、
時間帯的に酔っ払いとかマジで勘弁してほしい。
この自粛ムードの中、そこまで酔っ払うこともあり得ないと思うけど。
「人とは思わなかった」
警察官・警察職員全員がそうだとは思ってないが、あまりにも不祥事が多いので市民を人とは思っていない時もあるのでは無いかと思う。
人を引いた事を隠蔽して、『道路に血を流して倒れている人がいる』と119通報し、そのまま職場へ出勤

その後、被害者の顔と腕にタイヤ痕がみつかり、任意で事情聴取され関与を認めたとの事

この事故から見えてくるもの…

それは、道路で倒れていた人に気づくのが遅れた不運が重なって起きた事故かもしれない

しかし、この人が駄目なのは、事故の事実を隠蔽し、救護義務を放棄した事であり、マイカー通勤の許可を得ずにマイカーで通勤していた事実が発覚した事です

倫理観が必要とされる警察官としてはもちろん、人として駄目ですね

警察官のあり方や警察組織のあり方を、外部から改革し組織と人の腐敗を改善していかない事には、国民の信頼は永久に得られません

「人とは思わなかった」
じゃなくて、
「人かもしれない」
そう思って減速してたら、避けることができたかもしれない。運転は、自分に都合悪く解釈しないと、最悪の結果を招く。相手はもちろん、自分の人生、生活、全てが破滅。

明日は我が身。
飛ばしたり車間詰めたり割り込んだり、信号変わりそうになると加速したり。
そんな運転してると、ある日、この容疑者みたいになるかもですよ。

路上で寝ていた人をひいたのなら過失は低い。
119番までしてるのになぜ逃げた?
こっそり車出勤がバレたくないから?
何が最も罪が重いのか考えれば、こんな事にはならなかったのに。。馬鹿だね。。
免許ない私でも 夜アスファルトの木の根っこに乗り上げて 旦那に
戻ってと戻らせて 怒られる位なのに。
逃げ切れるとでも思ったのかね。
揉み消せるとか思ってたら最低。

まとめ

幹線道路などで夜道に人が倒れていた場合、ひいてしまった時に車側の過失などが多くなる事については疑問がもたれている状況です。

しかし、どちらにしてもそれに気づきながらも逃げてしまうという事は罪であり、今回の事件も迅速に救護活動をしていれば被害者が助かった可能性もあります。

警視庁という機関に所属していながら、それを怠ってしまったのは非常に問題だと思います。