西孝之の顔画像は?板橋区51歳女性刺殺事件の犯人は元夫。犯行動機は?

事件・事故
スポンサーリンク

今月15日、板橋区のマンションで51歳の女性が背中を刺され死亡した事件で、警察は殺人の疑いで同居していた元夫の西孝之容疑者(36)を逮捕しました。

事件の概要

事件が起きたのは7月15日の午前7時頃。

東京都板橋区徳丸6丁目のマンションの2階で、住人の無職、西智子さんが血を流して倒れているのが発見されました。

西さんは自ら早く来て110番通報しており、駆け付けた警察官が西さんを発見。

搬送先の病院で死亡が確認されました。

犯行現場は?

今回の事件が起きたのは東京都板橋区徳丸6丁目のマンションです。

20200715-00000070-asahi-000-2-view

こちらが報道されたマンションの画像です。

ストリートビューで確認したところ

東京都板橋区徳丸6丁目47−10 ニューハイム徳丸が犯行現場であったと思われます。

同居していた元夫「西孝之」を逮捕

警察は西智子さんを殺害した容疑で元夫である西孝之容疑者を逮捕しました。

西孝之容疑者は調べに対し、「包丁で刺したが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しています。

2人は平成28年7月に離婚していたそうですが、それからも同居は続けていたということです。

西孝之容疑者は犯行後、フルフェイスヘルメットをかぶってベランダから逃走。

その後タクシーで千葉県八千代市内の実家に移動していましたが、15日夜に捜査員が身柄を確保しました。

西孝之の顔画像や詳細

sdafafsa

こちらが報道された西孝之容疑者の顔画像になります。

名前:西孝之
年齢:36歳
出身:千葉県八千代市
住所:東京都板橋区徳丸6丁目47−10
職業:無職

犯行動機は?

西孝之容疑者は殺すつもりはなかったと容疑を否認しています。

また、口論のあとにもみあいとなり向こうが包丁を持ち出してきたため、押さえこんで刺してしまったと供述しているということです。

被害者である西智子さんは警察へ複数回通報しており、4度目の通報の際に西容疑者は「喧嘩なので大丈夫です」と話し電話を切り、その後、智子さんを刺したとみられています。

また、昨年の8月に西容疑者は逆に智子さんと口論になって頭を殴られたと警察へ通報しています。

そのため、日常的に激しい諍いが両者の間にあったものとみられています。

ネットの声

離婚しても同居とか、今回の被害者が加害者にDVで警察沙汰とか、15歳年上の姉さん女房とか情報が多すぎる。
今となっては分からないですけど女性が先に包丁を出したとして取り上げて刺す?
揉み合いになって刺してしまったなら刺し傷は1箇所で複数刺されてますよね‥しかも背中を‥逃げたところを
背後から刺して殺すつもりは無かったって通用しない。
無職と無職で、年の差婚で、離婚しても同居で、トラブル続きで、最終的には刺して、逃げるったって実家で。。
普通じゃないのは間違いない。
簡単に突っ込んではいけない人達なんだろうな。
何度も刺すのは、怖いからと聞いたことがある
元夫で同居、元嫁からのDV
想像し難いが、支配下にあって、逃れるための殺人だったのかもしれない
一突きなら言い逃れは出来たかもしれないが複数刺し続けている時点で『殺すつもりはなかった』は通用しないと思うが

過去の被害者からの受けたDVで警察に相談していることを理由に精神的に正常な判断しかねる状態だったとか使いそうだね

実際にDVを受けていたとしたらヒモ状態だったのかな?
主夫って可能性もあるけど被害者容疑者ともに無職って闇が深そう

まとめ

離婚後も同居していた2人の関係がどのようなものだったのかはわかりませんが、もし西容疑者が日常的にDVを受けており、供述通りに包丁を出されたため、つい刺してしまったという状況であれば、情状酌量の余地はあるのかと思われます。

また、複数回刺しているという事から、殺意はあったのではないかと想像できます。

今後の取り調べて色々と明らかになると思われますので続報を待ちたいと思います。