【デマ】テラハ放送作家、堀田延の三浦春馬の訃報に対するツイートが炎上するも釣りアカウントである事が判明→開示請求へ

ネット
スポンサーリンク

放送作家の堀田延さんのツイートが大炎上していますが、そのツイートがなりすましによる第三者のものであると堀田延さん本人がブログで説明されました。

放送作家、堀田延のツイートが炎上

堀田延さんのアカウントでツイートされていた内容がこちらです。

内容は、先日死去した三浦春馬さんについて触れたものとなっています。

こちらのツイートには

・人の尊厳を知らん人は滅べ
・言っていい事と悪い事がある
・人として最低
・この発言は許せない

当然ながら多くの批判のツイートが集まり炎上する結果となりました。

しかし、こちらのツイートは堀田延さん本人ではなく、堀田延さんになりすました第三者がツイートしたものと明らかになりました。

堀田延がブログを更新「nobubu1」はなりすましアカウントであると説明

まず、私は、約二ヶ月前の5月に、Twitterアカウントnobubu1を削除しております。

ここ最近、芸能人を相手に暴言を繰り返し、今回三浦春馬さん関連のひどいツイートをしたTwitterアカウントのnobubu1は、私ではありません。
この点をまず、明確な事実として説明しておきます。
まとめサイト等で「nobubu1は別人の可能性が高い」と指摘していたサイトもいくつかあるようですが、そちらが正解です。
nobubu1は私と無関係です。

報じられている炎上について

堀田延さんは自身のブログで今回炎上しているnobubu01のアカウントがなりすましである事を説明

2か月前にTwitterアカウントを削除した後に、別の誰かが該当アカウントを獲得しあたかも堀田延さんがツイートしているようになりすましを行ったといいます。

現在、堀田延さんはTwitterにこの件を相談しているとともに、警視庁のサイバー課、弁護士などに相談し対処を検討しているということです。

現在も炎上は続いている

nobubu01のアカウントが堀田延さん本人のものだと思い込み、堀田延さんを批判するツイートが続いています。

Twitterの内部IDを調べてみたところ

2018年6月19日から使われていた内部IDは1266044653951827968

2020年5月19日に新しく110864777というIDでアカウント登録されています。

そのため、別人である可能性が高いとみられています。

ただ、Twitterには削除から30日経たなければ同じユーザー名を別のユーザーが使用する事ができなくなっています。

該当する自分の情報が、削除したアカウントに登録されている場合
アカウントを削除すると、アカウントを削除した日から30日が経過しないと、同じユーザー名やメールアドレスを別のアカウントで使用することはできません。

ヘルプセンター

削除後に同一ユーザーが同じIDでアカウントを作成した場合に内部IDが変わるのかは不明なことと、4月末に削除した記憶違いだったのかもしれませんが5月に削除したというブログの発言から30日経過しない内に同じスクリーンネームでアカウントが作成されている事だけ疑問が残ります。

しかし、わざわざ一度Twitterを削除してから過去のTwitterが知られている中で更なる炎上発言をするかという点にも疑問が持たれます。

おそらく、堀田延さんを貶めようとする第三者によるなりすましであったのではないでしょうか。

まとめ

以前、別の過激な発言で堀田延さんのTwitterは炎上していました。

確かにそれらの件は批判の声もがあがるような内容であるとは思いますが、今回の発言自体が堀田延さんの言葉であったかはわかりません。

堀田延さんの過去のツイートを見て更に炎上させてやろうとした人がいた可能性が現状だとかなり高いとみられます。

今後、堀田延さんは厳正に対処していくという事でブログを締めくくっていますがその言が事実だとすると、今後、何かしらの関連した報道がされるかと思いますので、動向を確認していきたいと思います。